マジカル・パンチライン、デジタルシングル発売決定! 横浜ベイホールワンマンで新体制初パフォーマンス ~半年ぶりのパフォーマンスで新曲、新衣装初お披露目~

マジカル・パンチライン

撮影:名和洋助

昨年11月から新メンバー公開オーディションを開催、2月に新メンバー3名の加入を発表したマジカル・パンチラインが、横浜ベイホールで開催された「LiVE PARK 2021 ここから始まる私たちの物語~キラハピ~」で新曲、新衣装を初お披露目、披露した新曲「キラハピ」をデジタルシングルとして5月26日にリリースする事を発表した。

開演時間になり今までとは異なるテーマパークで流れているような壮大なオーバーチュアが流れると、新体制での初パフォーマンスに会場からステージに期待の視線が注がれる。

新衣装に身を包んだメンバーが登場すると、1曲目にいきなり新曲を初パフォーマンス、MCを挟み、続いて披露されたペンライト曲「Alright」では、会場中がピンクのペンライトで染まる。

「今日がまだ蒼くても」~「名もなきヒーロー」とアップテンポな曲で会場のボルテージも上がっていく。

途中のMCでは、新衣装がメンバーの吉澤悠華がデザインした事が告げられる。

タオル曲「ぱーりないと!!」でメンバーがマフラータオルを振ると、呼応するように会場のお客さんもタオルを回していく。

続くMCでは、1曲目に披露した楽曲が「キラハピ」という楽曲名である事に加えて驚きのサプライズが。

「新曲もう一曲準備して来ました!」とリーダーでプロデューサーの沖口優奈が告げると、「聴いてください、「Shiny Shoes」!」と吉澤悠華が曲振り、2曲目の新曲をパフォーマンス。

「Shiny Shoes」は、恋をする女の子の気持ちを歌った疾走感溢れる新曲。

新体制のマジカル・パンチラインの人気曲として成長に期待。「Melty Kiss」「これから、私!」を披露し本編は幕を閉じた。

鳴りやまないアンコールに、Tシャツに着替えたメンバーがステージに再登場、マジカル・パンチラインのアンセム曲「ONE」をパフォーマンス。

最後のMCで新曲「キラハピ」が5月26日にデジタルシングルとしてリリースされる事が発表され、ライブは幕を閉じた。

オリジナルメンバー3名が昨年11月に卒業、新メンバーとして、17歳の益田珠希、15歳の山本花奈、13歳の宇佐美空来の3名が加わり、マジカル・パンチラインとして半年ぶりのライブパフォーマンスは、新たなスタートに相応しく初々しくも伸びしろを感じるパフォーマンス。今後のマジカル・パンチラインへの期待が膨らむ。

続きの画像はこちら
タイトルとURLをコピーしました