GLAY、キネマ倶楽部から届けたHISASHIプロデュースによる配信ライブ第二弾のオフィシャルレポートが到着!

GLAY

Photo by 田辺佳子

THE ENTERTAINMENT STRIKES BACK(エンターテイメントの逆襲)と打ち出して、3月より4ヶ月連続配信ライブをスタートさせたGLAY。

このライブは各回、ライブをプロデュースしているメンバー自身が作曲したナンバーだけで構成されている。その第二弾として、4月29日(木)に東京キネマ倶楽部より、HISASHIプロデュースの「THE ENTERTAINMENT STRIKES BACK RESONANCE vol.3」の配信を行った。

THE ENTERTAINMENT STRIKES BACK(エンターテイメントの逆襲)というタイトルを考えた張本人であるHISASHI。このライブでは首謀者らしい演出を魅せてくれた。

今回のライブにはDJ Mass (ViViD Neon*/LEONAIR), Key.REO (ViViD Neon*/LEONAIR)をゲストに迎え、全曲Remix ver.で披露した。

オープニングはHISASHIとDJ Massによる『HSMSのテーマ』。珍しく髪を編み込んだHISASHIが登場すると、オルタナティヴロックなギターサウンドが掻き鳴らされる。カメラが引いていくとTERU、TAKURO、JIRO、REOが会場に設置された椅子に腰を掛けて登場。

そこから『Synchronicity』を披露。モノクロの世界観が楽曲をよりエッジーに仕上げてくれる。続く『GIANT STRONG FAUST SUPER STAR』では、配信ならではの自由なカメラワークが、ステージ上のGLAYを身近に感じさせてくれた。特にドローンを使ったカメラワークは、普段ではありえないようなアングルからのショットで曲の世界観をさらに彩った。

4曲目ではHISASHIが2015年に藍井エイルに提供した『シューゲイザー』をGLAYとして初めてカバー。TAKUROがよく言う「TERUが歌うとなんでもGLAYになる」の言葉を、改めて身に沁みて感じるパフォーマンスである。まるで昔からあった自分達のナンバーの如く披露できるのは、GLAYならではのことであろう。

楽曲が終わるとまさかのHISASHIによるライブ解説映像がスタート。自身でもストーリーテナー的なコーナーと称しており、これも配信ならではの楽しみ方なのかもしれない。その中でHISASHIは、『シューゲイザー』は自身でも非常に気に入っており、楽曲も自分の最も得意とするジャンルである事を語った。それとともに、自分は極力短い楽曲を作りたく、これまではその中に様々な物を詰め込んで制作してきたが、今度はミドルテンポなナンバーにもトライしたいと、今後の楽曲制作に対する意欲も聞かせてくれた。

ストーリーテナーコーナーが終わると続いては『電気イルカ奇妙ナ嗜好』、『妄想コレクター』を披露し、そしてサーフロックなリフが特徴的な『Surf Rider』、GLAYのライブでも多く演奏されている『微熱(A)girlサマー』と、GLAYの夏ナンバーとも言える曲を2曲連続で演奏し、画面越しから少し早い夏気分を感じさせてくれた。

ライブのラストを飾るのは最新シングル「G4・2020」より『ROCK ACADEMIA』。

HISASHIはギターからマイクに持ち替え、TERUと共にステージ最前線で熱唱。このツインボーカルは、昨年2020年末に行われた「GLAY DEMOCRACY 25TH “HOTEL GLAY GRAND FINALE” in SAITAMA SUPER ARENA」のオープニングを彷彿させてくれる。

随所に込められた自由なカメラアングルや、エッジの効いた映像エフェクトなど、首謀者HISASHIらしい演出が随所に込められた「THE ENTERTAINMENT STRIKES BACK RESONANCE vol.3」。

最後にTERUは「今日はありがとう!GLAYはこんな感じでエンターテイメントを続けて行きます。」とこの後の配信ライブに期待を持たせてくれるセリフを述べ、それと共に配信ライブ第二弾は幕を閉じた。

次に行う配信ライブは、第三弾JIROプロデュースとなる「GLAY THE ENTERTAINMENT STRIKES BACK LIFETIME MUSIC」。同公演は、東京・LINE CUBE SHIBUYAにて有観客でも開催予定とのこと。これまでとはまた違ったライブを魅せてくれる事だろう。

引き続きGLAYのエンターテイメントの逆襲を楽しみに待ちたい!

タイトルとURLをコピーしました