千葉ロッテマリーンズ「謎の魚」プロデュース「謎の音楽祭」大盛況!初リリースイベント「謎の特典会」も実施!

謎の魚

4月24日(土)に「ナゾノサカナ」でCDデビューを果たした千葉ロッテマリーンズ公式マスコット謎の魚。

翌25(日)に本拠地ZOZOマリンスタジアムにて自身がプロデュースするイベント「謎の音楽祭」が開催された。

このイベントはCDデビューを記念した謎の魚が、自身と親交のあるアーティストに声がけ。DJ KOO(TRF)、岩岡徹(Da-iCE)、Beverly、SOLIDEMOら4組のアーティストが出演した。

トップバッターとして、DJ KOOが謎の魚とJeepに乗って登場。DJプレイでスタジアムを盛り上げると、TRF「EZ DO DANCE」に載せて、マリーンズのスターティングメンバーを発表。これまでにないスタイリッシュなスタメン発表にスタジアムに集まったファンは大盛り上がり。

地元千葉県出身の岩岡徹(Da-iCE)は、ヒット曲「CITRUS」をBGMにリリーフカーに乗って登場。スタジアムの四方に頭を下げ始球式のマウンドに登ると、この日1軍昇格したマリーンズの井上晴哉選手に向けて左腕から放たれた白球は美しい弧を描き、ノーバウンドでの見事な投球を披露した。

Beverlyは、かつてマリーンズの角中選手が登場曲に起用していた「Be The One」を熱唱し、ファンのハートを掴むと、続いて球団オフィシャルソング「We Love Marines」を披露。圧巻のパフォーマンスを届け、スタジアムはマリーンズ愛で1つになった。

SOLIDEMOは自身の曲「Taking off!!」に加え、両軍選手が並ぶ中、国歌斉唱を行った。その美しいハーモニーが、晴れ晴れとしたZOZOマリンスタジアムの空に響き渡り、試合前イベントの最後を締めた。

同日、球場外にあるステージでは、リリースイベント「謎の特典会」を実施。

除菌剤の用意や来場者との間にアクリル板を設置するなどの感染症対策を徹底しながら、特典のポストカードに自らが謎の魚スタンプを押し、購入者に手渡しするという初の試み。

グラウンド外で謎の魚に会えるというイベントに多くの人が集まり、参加したファンと会話するシーンも多く見受けられた。

いよいよ最終形態まで進化を遂げた謎の魚。

ますます活躍の場を広げ、グラウンド内外でも話題を振りまいていくその動向に今後も注目だ。

【謎の音楽祭 詳細】

日時:2021年4月25日(日)

出演者:謎の魚(千葉ロッテマリーンズ公式マスコット)、DJ KOO(TRF)、岩岡徹(Da-iCE)、Beverly、SOLIDEMO

〈イベント情報URL〉

4/25(日)謎の音楽祭イベント情報!!|千葉ロッテマリーンズ
4月25日(日)福岡ソフトバンク戦では謎の音楽祭を開催!!マスコットキャラクター?!謎の魚が、自身のCDデビューを記念して音楽イベントをプロデュース!!謎の魚と親交のある個性豊かなアーティストが音楽でZOZOマリンを盛り上げます!!※イベン

リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました