Z世代のハイブリッドシンガー Mizki 憧れのAI によるボーカルディレクションによって生まれたミディアムバラード「Stay」切なく、優しい ピアノバージョン音源配信開始&ミュージックビデオ公開

Mizki

Z世代の新たな女性ソロシンガーMizkiのデビューアルバム「Bet on me」のリードトラック「Stay」のピアノアレンジ音源が配信リリース、ミュージックビデオも公開された。

この「Stay」という楽曲には、幼い頃からシンガーを目指してきた憧れの存在であるAIが深く関わっています。

2019年、ユニバーサルミュージックが開催した女性アーティストオーディションで選出され、その年の年末に公開された『アナと雪の女王2』の日本版エンドソング「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」の歌唱に大抜擢されたMizki(※当時、本名の中元みずき名義)が、AIと同じテレビ番組に出演したことから、2人の交流がはじまりました。

そこから1年以上を経て、Mizkiという名前でオリジナルを歌うシンガーとしてデビューするにあたり、集められた楽曲候補は数百曲にのぼり、その中でAIが「Mizkiはこの曲を歌うべき!」と強く推す曲がありました。それは「Stay」というミディアムバラード。

なんと、このレコーディングではAIが自らMizkiにボーカルディレクションを施しました。AIが他のアーティストのボーカルディレクションをするのは初。「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」では小さい体から放たれる力強い歌声に注目が集まりましたが、「Stay」はAIのボーカルディレクションにより、優しさや、切なさも感じられるボーカルスキルを身につけ、進化したMizkiの歌唱を感じられる楽曲です。

今回配信される「Stay –Piano ver.-」は、一人で強く生きていく決心と、愛しい人への恋心の間で揺れ動く、繊細な感情がより表現された音源となっています。

Mizki「Stay –Piano ver.-」配信はこちら

Digital release
Listen to content by Mizki.

Mizki「Stay –Piano ver.-」ミュージックビデオはこちら

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました