驚異の歌声 朝倉さや、初のアナログ盤でレコードストアデイに初参加!

朝倉さや

その絶対的な歌唱力と唯一無二のクリエイティブで、新しい音楽ジャンルの開拓、能楽堂や田んぼ公演など様々な伝説を作ってきた新世代歌姫、朝倉さや。

昨年4月1日に発売されたメジャーデビューアルバム「古今唄集〜Future Trax BEST〜」が「古今唄集Future Trax BEST〜黒盤〜」としてアナログ盤となり、今年7月17日のRECORD STORE DAY JAPAN 2021の参加作品として発売されることになった。

朝倉はシンガーソングライターとして楽曲を発表する傍ら、民謡日本一に二度輝いた自らのルーツでもある民謡に新しい命を吹き込んだ曲を「フューチャー・トラックス」と称して歌ってきた。

昨年発売した「古今唄集~Future Trax BEST~」はその集大成である。

この作品が今年になり、第13回CDショップ大賞の歌謡曲賞を受賞し、その作品クオリティを高く評価された。

今回のアナログ化はそんな盛り上がりを受けて、より高音質で多くの人に聞いて欲しいという願いから実現した。

RECORD STORE DAYは、その名の通りレコードストアの文化を祝い、宣伝し、独立した小売店舗を活性化し、フィジカルメディアを手にするよろこびや音楽の楽しさを共有する、年に一度の祭典。

2008年4月19日にキックオフして以降毎年開催されており、現在ではアメリカをはじめ世界23カ国で数千を数えるレコードショップが参加している。

数多くのアーティストが一体となり、貴重なRSD限定盤のアナログレコードやグッズなどのリリースを行っているほか、世界各地で様々なイベントが開催されている。

14年目となる2021年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、6月12日(土)・7月17日(土)に「RSD Drops」として開催され、RSD限定盤は2回に分けてリリースされる。

朝倉さやはその7月17日発売の参加作品として発売され、自身でも初めてのアナログ作品となる。

収録曲は、彼女の出身地である山形の民謡をモチーフにした「Mr.Mamurogawa(真室川音頭Future Trax)」「新庄節 Future Trax 2020」などとテレビ番組のレギュラーを持ち第二の故郷ともいえる静岡の民謡をモチーフにした「茶摘み唄 Healing Music Trax」、そして香川の民謡に新しく解釈を加え、地元の子供たちとレコーディングした「たんす唄 Future Trax」。

彼女の民謡にたいするリスペクトと革新的な解釈が溢れるフューチャートラックスの随所ににハッとする感動が詰まっている。

それは単なる民謡の新解釈だけではなく、生きていること自体が発見の旅であり、身の回りに息づく不思議を愛することで誰でも心の旅に出れるということ。

更に、日本の各地域に根付いていた民謡、それはローカルであればあるほどグローバルにつながっていることを思わせてくれる。

本人コメント:

初のアナログ盤リリース!

民謡と新しい音楽の融合、Future Traxの集大成でもある大切なアルバム「古今唄集〜Future Trax BEST〜」をこうしてスペシャルな形で皆さんにお届けできて、とても嬉しいです。

是非楽しみにしててけろな♪「古今唄集Future Trax BEST〜黒盤〜」の旅さ、あべ!

ホームページ http://asakurasaya.com/
ユニバーサルミュージック ホームページ https://www.universal-music.co.jp/asakura-saya/


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました