上白石萌音、6/23に2枚同時リリースのカバーAL『あの歌』の収録楽曲、全曲解禁! 7月開催の全国ツアー『yattokosa』Tour2021の抽選予約もスタート!

上白石萌音

上白石萌音の6月23日に2枚同時リリースされるカバーアルバム『あの歌-1-』と『あの歌-2-』に収録される21曲の収録曲が全曲解禁となった。

収録曲は、自身のルーツとなった楽曲や、大きく影響を与えてくれた楽曲、ファンから募集したリクエスト楽曲などの中から、悩みに悩みぬいて選曲された。

『あの歌-1-』は70年代の楽曲、『あの歌-2-』は80-90年代の楽曲が収録される。

幼稚園のお遊戯会で踊った思い出の曲「年下の男の子」や、両親のリクエスト曲だという「キャンディ」「みずいろの雨」、とある役を演じていた時にすごく救われたという曲「いかれたBABY」、歌手としての挑戦だと語る「勝手にしやがれ」など、今までの上白石萌音とは違うテイストの曲も多く選曲されている。

大好きなアーティストの曲をどれにするかとても悩んだというエピソードなど、選曲理由を語った本人の動画コメントも、カバーアルバム『あの歌』特設サイト(https://sp.universal-music.co.jp/kamishiraishi-mone/anouta/)で見る事ができるので是非チェックして欲しい。

アレンジは、70年代楽曲のカバー『あの歌-1-』を全曲鳥山雄司が手掛け、『あの歌-2-』に収録される「PRIDE」と「ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス」は大橋トリオが、「Diamonds<ダイヤモンド>」はn-buna(ヨルシカ)が、「世界中の誰よりきっと」は内澤崇仁(androp)が、「青空」と「いかれたBABY」をGLIM SPANKYが、「AXIA〜かなしいことり〜」を清塚信也が、「制服」と「ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ」を河野伸が手掛ける。

歌声だけでなく、豪華なアレンジャー陣によるバラエティに富んだアレンジも必聴だ。

また上白石は7月に全国ツアー『上白石萌音『yattokosa』Tour 2021』を予定している。

発売中のライヴ映像商品『MONE KAMISHIRAISHI ONLINE LIVE 2020 「i note」』に封入されているシリアルナンバーにて応募できるツアー予約抽選もスタート。

ツアーとカバーアルバム。

両方でぜひ歌手・上白石萌音の魅力にどっぶり浸かって欲しい。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました