岡野昭仁(ポルノグラフィティ)“歌を抱えて、歩いていく” プロジェクト第2弾楽曲『Shaft of Light』MUSIC VIDEOが解禁!! 今作は若手クリエイターによるリリックモーションビデオ

岡野昭仁(ポルノグラフィティ)が、ソロの歌い手として取り組む ”歌を抱えて、歩いていく“ プロジェクトの第2弾楽曲として、4/12(月)に配信リリースされた『Shaft of Light』のMUSIC VIDEOが公開となった。

この楽曲は4/11(日)に開催した、岡野昭仁 配信LIVE 2021「DISPATCHERS」にて初披露されたもので、作詞・作曲は岡野と繋がりの深いサウンドクリエーターの辻村有記が手掛けたものとなり、MUSIC VIDEOはリリックデザインをZUMA、ディレクション・グラフィックデザイン・モーションデザインをUDONという今最注目の若手クリエイターが担当した。

現在岡野が取り組むプロジェクトでは、自身の歌にとことん向き合い、そこで見出した内なる光を、この暗雲立ち込めるコロナ禍の世に自分なりの形で投影できたらという想いのもと、さらにその光を一条に繋げるべく、今なお貪欲に新しい才能との出会いを求め、そのモチベーションを楽曲という形に昇華させてきた。

前作「光あれ」でも、ヨルシカのn-buna、澤野弘之とタッグを組むなど、積極的に新しい才能と組んでいるのは、自身の限界を超え、変革期にある現代の音楽業界の中で、変わらず ”歌を抱えて、歩いていく” という覚悟の表れだろう。

そんなプロジェクトのもと、今回は楽曲だけでなく、MUSIC VIDEOでも新進気鋭のクリエイター達とのコラボが実現することとなった。

このMUSIC VIDEOは楽曲の持つ、 ”静と動” “光と影” といった相対することでお互いを浮き上がらせる、絶対的な二つの存在にインスピレーションを受けて制作され、様々なタイポグラフィがその形や動きで観る人の視覚と聴覚を捉える作品となっている。そして音に合わせて色々な表情を見せるオブジェクトは、まさに楽曲によってその表現を変幻する岡野自身の歌声に重なる。このタイポグラフィとオブジェクトがリンクし生み出される世界には、影とともに、常にそこにある強く穏やかな”一条の光=shaft of light“ が見事に表現されている。

リリックデザイン

■ZUMA

Z U M A
文字とアイドル、日本のエンタメが大好きなオタクデザイナー。MVのリリック&タイトル、グッズ、ロゴなど文字に関わるデザインならなんでも。 twitter→@Z_typmoe...

<プロフィール>
多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。文字デザイナー。アニメ呪術廻戦のOP、Eveの「廻廻奇譚」MV中の文字デザインや、sumikaの「エンドロール」MVの題字のデザインなどを担当する。楽曲や歌詞からインスピレーションを受け、独自の世界観のある文字をデザインする。

ディレクション/グラフィックデザイン/モーションデザイン

■UDON

UDON Portfolio
UDON - Motion Graphic Designer

<プロフィール>
福岡県出身。映像制作会社を経て、2019年よりフリーランスとして活動。CM・Live・MVなどの分野でモーショングラフィックスを制作する。うどんが好き。紅白歌合戦のグランドオープニングやヨルシカのLiveなど、多くのアーティストのライブのモーショングラフィックも担当している。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました