2021年、驚きの発見となり得るニューカマー"鋭児"、新作E.P.「Fire」と1st E.P.「銀河」を配信開始

鋭児

鋭児(読み:えいじ)の1st E.P.「銀河」と新作2nd E.P.「Fire」が、4月21日(水)より配信開始された。

おおげさではなく、2021年驚きの発見となるであろうニューバンド、鋭児。King Gnu、Suchmos、Nulbarichなど日本を変えた天性の実力、グルーヴを持った名だたるカリスマたちに音も個性も全く引けを取らない、いや、彼らの人間力が世界を席巻する日も近い、そう思わせるバンドである。

そんな鋭児の1st E.P.「銀河」と、新作2nd E.P.「Fire」が本日4月21日(水)に同時に配信開始となった。

鋭児は、AGEとして2020年より東京で活動を開始。人間から溢れ出るすべての感情を音楽で創造する。日本をもっとアツくしたい。それだけ。

2021年1月に初の音源となる1st EP「銀河」を国内インディーズ音源通販ショップThe Domestic(ザ・ドメスティック)と、大阪府の堀江に店舗を構えるFLAKE RECORDSで販売。販売開始後、初回入荷分は即完売し、再入荷分も完売を繰り返している。音楽関係者の間で話題になると、タワーレコード渋谷店では異例の店舗展開でパワープッシュをされ、こちらも初回入荷分が売り切れとなるほどの人気ぶりである。2021年3月19日(金)に初の自主企画”WAKE”を新代田FEVERで開催、同日より2nd EP「Fire」を発売開始すると、こちらも前作と同様に、各店舗で軒並み完売となった。

メンバーの様々なバックグラウンドが融合した、エレクトロ感とバンドサウンドが特徴的な楽曲たちのクオリティーもさることながら、鋭児の最大の持ち味はライブバンドであるところだ。ボーカルの御厨 響一の圧倒的な歌声と表現力のレパートリーに驚かされる。「Fire」や「突然変異」では超攻撃的な歌声の力強さを発揮すると思いきや、「銀河」「Fall in Love」ではあたたかく心を包み込むような優しい歌声で、リスナーの感情を縦横無尽に暴れまわり揺さぶってくる。さらには楽器陣のグルーヴも歌声に強力に絡み合うことによって、会場全体を巻き込むライブパフォーマンスは圧巻である。

・事前のアーティスト情報一切なし
・アーティスト写真に写っている人数の多さ(どれがメンバー!? )
・ライブをした回数も片手で数えられる程度
・ホームページなし、Twitterアカウントのフォロワー40人(2021年1月1日の時点)
・”銀河”MVのクオリティーと予算どうなってんだ(メジャーアーティスト級)

という突っ込みどころしかない完全ノーマークのアーティスト集団、鋭児。このバンド、ヤバいので大至急チェックしよう。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました