RAB(リアルアキバボーイズ) O-WEST生バンドワンマンライブ 【速報レポート】 次回は 7月24日(土) 東京キネマ倶楽部ワンマンライブ開催を発表。 #RABバンドライブ

RAB(リアルアキバボーイズ)

撮影:AYATO.

4/17(土)TSUTAYA O-WEST にて開催された 「THE REAL AKIBA BOYZ ONEMAN LIVE -ULTRA FRESH BAND LIVE-」 の速報をレポート

レペゼン秋葉原のアニソンダンスパフォーマー「RAB(リアルアキバボーイズ) 「※以下RABと略」のワンマンライブ『THE REAL AKIBA BOYZ ONEMAN LIVE -ULTRA FRESH BAND LIVE-』が4月17日(土)に「Shibuya TSUTAYA O-WEST」にて、有観客ライブ&オンライン生配信で開催された。

アニソンでブレイクダンスを踊るエンターテインメント集団として、 YouTubeのチャンネル登録者数は36万以上、他Instagramやニコニコ動画などの動画投稿メディアに投稿された「踊ってみた」動画は数百万再生を連発。 RABはTVやCMなどにも出演し、数々の表現方法でダンスの限界へ挑戦し続けている。

今年の彼らは、昨年に続き2度目の生バンドワンマンライブ『THE REAL AKIBA BOYZ ONEMAN LIVE -ULTRA FRESH BAND LIVE-』を開催。

ソウルやファンク、ジャズなどを取り混ぜた“J-POPエンターテインメントバンド”「二人目のジャイアン」そして、ゲストボーカルの「田口華有」を生バンドに迎え、渋谷TSUTAYA O-WESTの会場内、そしてオンラインにて視聴している「保護者」(※RABのファンの総称)が見守る中、どのようなダンスエンターテイメントを伝えてくれるのか。

「二人目のジャイアン」の演奏から「シュガーソングとビターステップ」のイントロが聞こえ、 RABによるパフォーマンスが始まりそのステージは幕を開けた。

涼宮あつきが、会場内の保護者、そして配信の向こうで観覧しているファンへ言葉を届ける。

「2016年から5年ぶりにO-WESTへ最強の布陣を連れて帰ってきたぞー!」その言葉には、様々な思いが込められている。

RABのライブでは定番の「Get Wild」「おジャ魔女カーニバル!!」「残酷な天使のテーゼ」といった、アニメソングも「二人目のジャイアン」と「田口華有」が生演奏でカバーを届ける。昨年9月に開催された、ツーマンライブからさらに進化した活動表現をステージ上で体現していく。

ステージ上には、秋葉原観光推進協会公認キャラクターであり、ユーチューバーとしても活動中の「ちぃたん☆」、 RABがYouTubeチャンネルでもコラボした「テツandトモ」、そして日本一ラップの上手いニート「らっぷびと」と歌い手「アリレム」が登場。様々なゲストがスペシャルな笑いと歌声を保護者達へ届けた。

そしてライブの最後では、今後の活動として、 7月24日(土)にバンドワンマンライブTHE REAL AKIBA BOYZ ONEMAN LIVE 『ENCOUNTER WITH “THE G”』の開催決定、「リアルアキバボーイズ ダンススタジオのOPEN」、「RAB COLOSSEUM 2nd Season」など、今後のRABのスケジュールが発表され、 SNSや配信のコメント欄は大きな喜びの声で湧き上がった。

そしてステージの最後で、 RABメンバーが一人一人保護者達へメッセージを伝え、最後に涼宮あつきが「僕らはもっと上まで行くので、最後まで付いて来てください。」と語り、最後の楽曲「宇多田ヒカル・One Last Kiss」で舞台の幕を閉じた。

文章:ワタナベイチロー(AZbit株式会社/アニイベX)
撮影:AYATO.

タイトルとURLをコピーしました