TVアニメ「呪術廻戦」のオープニングテーマで話題のクリエイターズユニット Who-ya Extendedが「VIVID VICE」をアコースティックアレンジで初披露。アーティストの一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の第110回にWho-ya Extendedが登場。

Who-ya Extended

YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の第110回公開の詳細が発表になった。

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネルだ。本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。一昨年にローンチしチャンネル登録者が421万人(※4/16時点)を突破、さらに動画総再生数が10億回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。

グローバルチャンネルとしての注目度も高く、また最近では、さらに配信専門レーベル「THE FIRST TAKE MUSIC」の設立や次なる才能を探す一発撮りオーディション「THE FIRST TAKE STAGE」を発表するなど、今もっとも注目を浴びているYouTubeチャンネルである。

第110回は、ボーカリストWho-ya(フーヤ)を中心としたクリエイターズユニット、Who-ya Extendedが登場。

TVアニメ 「呪術廻戦」第2クールのオープニングテーマとなりスマッシュヒットを記録している「VIVID VICE」をアコースティックバージョンにて一発撮りで披露する。

本日22:00よりYouTube上にてプレミア公開されるので、気になった人はぜひ視聴予約をしてみてほしい。

■Who-ya コメント
いざこの場に立つと、自分の音楽や声と正面から向き合う怖さを感じましたが、新鮮で楽しめたと思います。
普段向き合う相手はお客さんやカメラですが、THE FIRST TAKEは何より己と向き合っている気がしました。
是非、空気感や温度まで楽しんでいただけると嬉しいです。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました