三浦隆一(空想委員会)1年越し念願のソロ・アルバムリリース、ソロ・ワンマンライブを敢行! ライブのアンコールでシークレットゲストの空想委員会メンバーと共に空想委員会の活動再開も発表!!

三浦隆一(空想委員会)

photo by 寒川大輔

三浦隆一(空想委員会)の初のソロ・アルバム「空集合」が4/15に発売となり、同日渋谷 CLUB QUATTROにてレコーディングメンバーと共にソロ・ワンマンライブ「三浦隆一独演会〜生誕祭〜」を行った。

今作アルバムは、本来2020年4月リリースの予定だったソロデビューアルバムで、三浦の体調不良や新型コロナウイルス流行の影響により、同時に予定されていたソロ・ワンマンライブと共に延期となっていた。一年経ってのリリースが決定、発売当日に念願のライブが感染予防の上、有観客で行われた。

ライブでは、アルバムのレコーディングメンバーでもあるGt:Kenji Smith(ex:ウソツキ)、Ba:出口博之(モノブライト)、Dr:渡辺拓郎(藍坊主)が参加。さらにサポートキーボードとして下山明恵も入り熱い演奏と歌で集まったファンを魅了した。 自身のアルバムの曲を中心に、サポートで参加しているメンバーのバンド、“モノブライト”と“藍坊主”のカバー曲も入れた15曲2時間弱のライブは、三浦の実直で優しい人柄も垣間見えるライブだった。

ライブ終盤、アンコールでサプライズのバースデーケーキを持って現れたのは、シークレットゲストの空想委員会のメンバー、佐々木直也(Gt)、岡田典之(Ba)。騒然となった会場で、サポートにゲストドラマー有田清幸(CIVILIAN)を迎えた3人は、空想委員会のナンバー「完全犯罪彼女」「純愛、故に性悪説」「マフラー少女」とファンの中でも支持の高い楽曲3曲を披露。短いながらも久しぶりの3人の演奏をハイテンションで楽しんでいるメンバーの笑顔が、印象的であった。

終演後、改めて会場で上映された三浦隆一アルバムリード曲「えん」のMV特別編では、佐々木、岡田がMVにもシークレットで出演しているネタばらしがあった後、空想委員会の活動再開、ツアー告知の文字が現れるとその場で泣き崩れるファンも多数いた。

多くのミュージシャンやスタッフ、そして何より熱いファンに支えられている、また愛されている三浦隆一を確認できるライブであった。

その日の夜には、活動再開を待っていたファン同士の拡散により、瞬く間に“空想委員会”のワードはTwitterのトレンド入りを果たし、その活動への期待度が膨らんでいるのが分かる。

また、この日ライブ会場へ来れないファンのことも考え、ライブの開場時間に合わせて、17:30に三浦隆一アルバムリード曲「えん」のMVが公開された。人とのつながりを歌うこの曲は、コロナ禍における人々に、またライブ会場に来れなかったファンへ、熱いメーセージと共に心に響く楽曲となっている。是非Checkして欲しい。


 

三浦隆一(空想委員会)

「ソロのシンガーソングライターとしての音源を世に出すことができて本当に嬉しいです。

振り返ると空想委員会の活動がストップしてからは周りの方がいろんな面で力を貸してくださって、その縁で今回の作品をリリースできるところまで来ました。

本当に感謝しています。

そしてそのリリース日には自分の生誕祭として久しぶりにお客さんの前で歌うことができ、さらに、2年間活動をストップしていた空想委員会の活動再開も発表することができました。

マスクをしていても見えるお客さんの表情や協力してくださったスタッフさん、一緒に演奏してくれたミュージシャンたちの姿を見ていて、これからも音楽とともに生きていこうという覚悟が決まりました。

ソロでの音楽活動も続けていきますし、空想委員会の一員としての活動も頑張ろうと思います。

是非皆さんの日常の中に私の音楽を置いていただけたら嬉しいです。」(三浦隆一)


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました