今年デビュー35周年を迎えた坂本冬美。メモリアルイヤーに35周年記念リリース第2弾としてミュージック・クリップ集「坂本冬美35th Music Video Collection」の発売が決定!! 

1987年3月4日に「あばれ太鼓」でデビューして、今年がデビュー35周年のメモリアルイヤーとなる坂本冬美。

4月21日に発売する35曲が収録されたオールタイムベストアルバム『坂本冬美 35th』に続いて、5月26日に35曲のMVを収録したミュージック・クリップ集「坂本冬美35th Music Video Collection」を発売する事が決定した。

ミュージッククリップ集のリリースは、2010年12月に発売した「Clips ずっとあなたが好きでした」以来の約11年ぶりのリリースとなる。

昨年11月11日に発売され昨年の紅白歌合戦でも歌唱披露して話題となった。

桑田佳祐氏が、坂本冬美を主人公に見立てて書き下ろした最新シングル曲「ブッダのように私は死んだ」。

この悲しくも美しい愛に生き、愛に死にゆく一度きりの大人の恋を描いた“歌謡サスペンス劇場"とも呼べる話題の衝撃的なMVを筆頭に、坂本冬美が小料理屋の女将で主演し、その女将に思いを寄せる男性役としてクレイジーケンバンドの横山剣氏との共演が話題となった「俺でいいのか」、当時、演歌業界初の全編にわたってiPhoneで撮影されて話題になった「雨の別れ道(ソロバージョン)」、同学年で共に関西圏出身のトータス松本(ウルフルズ)氏とのデュエットで、名曲ナット・キング・コールの「L-O-V-E」をカバーした映像は、YouTubeではショートバージョンのみの公開であったので、待望のフルサイズが今作品で視聴可能となる。

さらに、大ヒット曲「また君に恋してる」、「夜桜お七」、デビュー曲「あばれ太鼓」まで話題のミュージックビデオが全35曲収録されている。

まさに映像版のオールタイムベストである。

Blu-rayとDVD(2枚組)が5月26日に同時発売決定!!

今後も35周年を祝福するリリースが続々と計画されている模様である。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました