広島出身女優・國森桜、舞台「夕凪の街 桜の国」主演に抜擢!「戦争後に生き残った人たちの物語にも注目してほしい」

國森桜

秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」の女優・國森桜(くにもり さくら)が、2021年8月4日~15日に上演される舞台「夕凪の街 桜の国」にて、元AKB48の北原里英とともにW主演を務めることが決定した。

本作は、大ヒット映画『この世界の片隅に』の原作などで知られる"こうの史代"氏による名作コミック『夕凪の街 桜の国』を題材にした舞台で、昭和30年と現代を生きる二人の女性を通じて、戦争が人にもたらした悲しみとそこからの再生を描いた群像劇。

2007年には田中麗奈・麻生久美子主演で映画化、2018年には常盤貴子・川栄李奈主演でテレビドラマ化されるなど、今もなお様々な派生作品が製作されるほど評価を受けている作品である。

広島県出身の國森は「戦争は学校で学んだこと以外にも知らないことがたくさんあって、戦争中の出来事はもちろん、戦争後に生き残った人たちの物語にも注目してほしいです。」と語っており、

「私の知っていることや作品を通じて学んだこと、この物語を、若い世代を中心に少しでも多くの方に知ってもらえるよう、責任をもって全力で届けます。そして、この先もずっと語り継がれることを願います。」と意気込んでいる。

本作は、8月4日(水)~8日(日)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて、8月14日(土)~15日(日)まで大阪・近鉄アート館にて上演される。

國森桜コメント

私は広島県出身ということもあり、小さい頃から戦争についてたくさん学んできたので、戦争について語った作品に出ることで世の中にもっと広めたいと思っていました。

そんな中、お客さんとして観ていた「夕凪の街 桜の国」の舞台に、まさか自分が出演できるなんて思ってもみなかったので、出演が決まったときはとても嬉しかったです。

今回、北原里英さんとW主演で、自分に主演が務まるのかすごく不安でいっぱいですが、選んで頂いたからには自信を持って皆実役を全うしたいと思います。

北原里英さんはお会いした時とても優しく接してくださり、私の中で「お姉ちゃんみたいだなぁ」と勝手に思っています!

戦争は学校で学んだこと以外にも知らないことがたくさんあって、戦争中の出来事はもちろん、戦争後に生き残った人たちの物語にも注目してほしいです。

私の知っていることや作品を通じて学んだこと、この物語を、若い世代を中心に少しでも多くの方に知ってもらえるよう、責任をもって全力で届けます。

そして、この先もずっと語り継がれることを願います。

國森桜プロフィール

1999年4月2日生まれ、22歳、広島県出身。
2017年に応募総数約5,000人の中から選ばれ、秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」の劇団員として活動を開始。
主な出演作にTBS「チア☆ダン」、日本テレビ「PRINCE OF LEGEND」、ライフカード「未来は、その手の中にある」篇TVCMなど。

公演概要

STRAYDOG Produce
「夕凪の街 桜の国」

原作:こうの史代『夕凪の街 桜の国』(双葉社刊)
脚本・演出:森岡利行

【公演日時】

▼東京公演
期間:2021年8月4日(水)~8日(日)
劇場:東京・CBGKシブゲキ!!

▼大阪公演
期間:2021年8月14日(土)~15日(日)
劇場:大阪・近鉄アート館

【キャスト】

北原里英
國森桜(劇団4ドル50セント)

八木将康(劇団EXILE)

橋本愛奈(A)
鈴木あゆみ(B)
水川華奈(A)
青山泰菜(B)
岡川響(A)
山本章博(B)

中原和宏
大地洋輔(ダイノジ)

ほか

◇ストーリー

石川七波(北原里英)は、近頃の父の不審な行動をアヤシんでいた。
ある日、「散歩に出る」と家を出た父を尾行してたどり着いたのは、東京から何百キロも離れた土地、広島だった!

父は、広島で様々な人を訪ねてまわる。
それは広島で被爆し、亡くなった姉・皆実(國森桜)を追悼する旅だった――

昭和30年、人々は日常を取り戻しつつあるが、街にも人にもまだ傷跡が残っていた。
家族の多くを原爆で失った皆実は、淡々と日々を過ごす。
ささやかな暮らし、淡い恋、一歩を踏み出そうとする彼女を苦しめる“原爆の記憶”……。

現代と昭和を生きる二人の女性がヒロシマを舞台に、魂を大きく震わせる。
戦争とは、原爆とは、そして平和とは何だったのか……。

タイトルとURLをコピーしました