鈴木愛理 × Blue Vintage のコラボレーションシングル「Apple Pie」が4月12日配信Release&MV公開!

鈴木愛理 × Blue Vintage

℃-ute(キュート)のメンバーとしてメジャーデビューし、女性ファッション紙「RAY」の専属モデルとして活躍、ソロヴォーカリストとしてデビュー後も武道館公演を果たしている“鈴木愛理”と、独自のサウンド“サーフ・ポップス” を開拓し、昨年リリースしたアルバム「GOLD」が未だ話題となっている“Blue Vintage” がコラボを実現し、心地よい軽快なギターサウンドに乗せて、互いを想う優しさと温かさが溢れる物語を “アップルパイ” に喩えた珠玉のラブソング「Apple Pie」を完成させた。

今作は、日本テレビ「ドラマ 夢みたいな恋したい女たち」のエンディング・テーマ曲に起用され、同ドラマには鈴木愛理が主人公として出演していた。

今回鈴木愛理のバースデーでもある4月12日に、「Apple Pie」のリリースが決定し、同時にミュージックビデオも公開される。

またリリース日の12日(月)21:00からは、LINE LIVEにて「鈴木愛理×Blue Vintage コラボスペシャルライブ」の開催も決定。

さらには、アップルパイ専門店の「グラニースミス」とのコラボキャンペーンも決定し、メンバー3人が考案した期間限定商品として、「マカダミアナッツとホワイトチョコのアップルパイ ~Nuts Lover Vintage~」が4月17日(土)よりグラニースミスの全国各店舗にて販売される。

それぞれの違うフィールドを持つ2組のアーティストによるコラボレーションが生んだ楽曲とプロモーションビデオ、様々な関連企画と共に是非チェックしてみてほしい。

MVは4月12日22:00より視聴可能に。
ミュージックビデオYouTubeチャンネル
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

■鈴木愛理 × Blue Vintage「Apple Pie」配信Linkfire
https://lnk.to/MWXabOWR

~鈴木愛理~

まず、この曲に出会ってくださりありがとうございます。おうち時間も増えた今、ほっと一息着くのに最高な楽曲になったのではないかと思います。アップルパイでも食べながら、大切な人を想いながら聴いて頂けたらと思います!

~Blue Vintage~

去年は色んな活動が出来なかったぶん、今年のBlue Vintageはエンジン全開で動いていきたいと思ってます。まずはこのApple Pieを聴いてもらって、ライブで皆さんと合唱出来る日を楽しみにしてます!(J.Speaks)

MVも、最高のロケーションと最高のクラシックカーと共に非の打ち所のない
自信作のMVとなりました!今回のコラボはライブ以外でも配信番組やグラニースミスさんの企画も含めて色々と楽しいことを企画してますので、ぜひ僕らのSNSなどもチェックして頂けたらと思います!(Taiga)

プロフィール

◆鈴木 愛理(スズキ アイリ)
2002年、8歳の時に、約3万名の応募からハロー!プロジェクト・キッズに選ばれる。
2003年、ハロー!プロジェクト内のユニット、「あぁ!」のメンバーとしてCDデビュー。
後2005年、アイドルグループ「℃-ute(キュート)」結成し、メジャーデビューシングル「桜チラリ」をリリース。その後も、リリースするシングルはすべてオリコンウィークリーチャート10位以内を記録。圧倒的なパフォーマンス力で、海外公演も精力的に行い、国内外問わず人気を博す。

℃-uteと平行してPopRockユニット「Buono!」としても活動開始し、女性ファッション雑誌『Ray』の専属モデルとして活動開始。
2017年、横浜アリーナでの「Buono! ライブ 2017 ~Pienezza!~」をもってBuono!の活動を終了。
同年、さいたまスーパーアリーナ公演での℃-ute解散公演をもってハロー!プロジェクトを卒業。

2018年、AL「Do me a favor」にてソロヴォーカリストデビュー!同年7月9日、ソロとして初の武道館公演を行う。
以降、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL2018」等様々なフェスへの出演や、「関西コレクション」「東京ガールズコレクション」出演など多岐にわたって活動の幅を広げている。
https://www.airisuzuki-officialweb.com

◆Blue Vintage(ブルーヴィンテージ)
フィリピンで生まれ、サイパンで育ち、そしてハワイで学生時代を過ごしたことで自然と身に付いた多国籍な感性と日本人離れした歌唱力が魅力のヴォーカルJ.Speaks(ジェイスピークス)。
一方で、故 ジョー山中さんの生涯を支えたマネージャーを父に持ち、伝説のロックレジェンド達に可愛がられて幼少期を過ごし、時にその若さからは想像も出来ない老獪なプレーでオーディエンスを魅了する生粋のギタリストTaiga(タイガ)というふたつの強烈な個性が交わり、豊潤なサウンドを生み出すBlue Vintage。
2013年に出会い、互いのポテンシャルに共振したふたりはすぐさま意気投合し、バンドとしての活動を開始。両者の音楽的基盤となるブルース、ヒップホップを軸に、ロックやポップ、サーフミュージックなどあらゆる音楽が融合し、Blue Vintageのフィルターを通し届けられる新たなサウンド、サーフ・ポップスを開拓。さらに、そのハイブリッドな音楽性の中には、ふたりが愛してやまない“海”のエッセンスが自然とにじみだし、彼らにしかなし得ない唯一無二な音楽を形成。大海の如く無限に広がるその音楽には喜怒哀楽、様々な感情が盛り込まれ、聴くものをときに心地よく包み込み、ときに心弾ませ踊らせる、大きな魅力を備えている。
2019年には、「Snow Light Festivalʼ19」「OCEAN PEOPLES’19」「夏びらき MUSIC FESTIVAL 2019」」「The 2019 ISA World Surfing Games Festival」といったサーフカルチャー系の大型フェスを中心に多数のイベントに出演。

2020年は、山田裕貴主演のドラマ「SEDAI WARS」(MBS/TBS系全国ネット)の主題歌に抜擢され、5月にはNEWアルバム「GOLD」をリリースした。
リリースとLIVEを常に精力的に行う彼らの進化はとどまることを知らない。
http://bluevintage.jp

タイトルとURLをコピーしました