15周年を迎えるJiLL-Decoy association、ピアノをメインに歌うグローバルな名曲「真夜中のドア〜stay with me」のカバーを配信スタート!

JiLL-Decoy association

昨今の世界的なシティポップ・リバイバルの流れに端を発して、いま世界中のチャートを席巻している松原みきのグローバルな名曲「真夜中のドア〜stay with me」をJiLL-Decoy associationがカバーし、本日3月31日(水)から配信がスタートした。

ピアノに竹田麻里絵、ベースに岩川峰人を迎え、ピアノとのデュオをメインにウッドベースを添えたシンプルで上質なジルデコらしい大人な楽曲が完成。世界中のポップスファンから愛されるメロディをchihiRoがしっとりと艶やかに歌い上げていて、様々なシチュエーションで聴きたい新しいアプローチのカバーとなった。

リリースと同時にミュージックビデオも公開された。ドライブ・イン・シアターのスクリーンにジルデコの演奏が映し出され、配信ジャケットの世界が動き出しそのままミュージックビデオになるという仕掛けになっている。なお今回の音源は映像とともに一発録りだ。ジャズライブバンドのジルデコらしい生演奏のリアルな空気を、映画を観るかのように堪能してほしい。イラストはRicco.、アニメーションは佐々木基有が手がけている。

4月14日(水)には英語カバーver.の「真夜中のドア〜stay with me(English ver.)」が配信される。
さらに2006年6月7日にメジャーデビューしたJiLL-Decoy associationは、今年15周年を迎える。デビュー記念日前夜の6月6日(日)にはデビュー15周年スペシャルライブ【ジルデコ10 “double” at SHIBUYA STREAM Hall】の開催も決定している。

まずは13年ぶりにポニーキャニオンからのリリースとなる、チルでスロウなひと時に聴きたい新しい「真夜中のドア〜stay with me」のカバーにじっくり耳を傾けてほしい。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました