坂本龍一のコンプリートアートボックス『2020S』発売。坂本龍一が振り返る2020年とは。

坂本龍一

坂本龍一の2020年に発表した楽曲をアナログレコードにまとめたコンプリートアートボックス『2020S』が発売日を迎え、同時に坂本龍一と今作のアートディレクター緒方慎一郎氏との対談記事が特設サイトで公開された。

対談の中では、約一年の制作期間を振り返ると共に、忘れられない一年になった2020年という年について語られている。

新型コロナウイルスのパンデミックにより人々の活動が制限されたことに関して、坂本は「ぼくたちはそんな小さいやつらに、こんなにも影響されてしまう。でもそれが自然なのです。そのことを忘れて、近代以降は制御的なやり方を取っては自然と敵対してきてしまった。コロナは“そのままではいられない”という疑問をつきつけてくれているのだと思います」と話した。

『2020S』には、2020年に発表した楽曲と限定曲「fragments, time」が収録されたアナログレコード、「fragments, time」の制作のため陶芸家の岡晋吾氏が製作した陶器の皿に坂本龍一が絵付けをして割った破片である「陶片のオブジェ」、生物学者 福岡伸一氏との対話や、坂本龍一の2020年の日記と行動記録を元に構成された日誌がまとめられたブックレットが、坂本龍一が代表を務めるmore treesの森がある宮崎県諸塚村産の木材を使った木箱に収まっている。

本作品を手に取る購入者に向けて、二人は「ただ楽しんでほしい」とコメントする。「音楽も同じで、誰かに聞いてもらわないと完成しないと思っています。一人ひとり受け取り方が違うにきまっていて、聴いた人の数だけ違うものが生まれる。どう受け取るかは手に取ってくれた人にお任せします。ぼくたちも楽しんで作ったので、そういうエネルギーが伝われば嬉しいですね」と話を結んだ。

Photo by zakkubalan ©2020 Kab Inc.

Photo by zakkubalan ©2020 Kab Inc.

対談の全文は下記特設サイトにて掲載中。
BEHIND THE SCENE VOL.7 坂本龍一×緒方慎一郎 対談
https://shop.mu-mo.net/st/special/rsartboxproject2020/bts_interview/

特設サイトでは、限定300点の『2020S』が販売中。
Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020 『2020S』
発売日:2021年3月30日(火)
特設サイト:https://shop.mu-mo.net/st/special/rsartboxproject2020/

■オフィシャル情報:commmons -New Music Community for Real Artists and Music Lovers-

「commmons(コモンズ)」とは、坂本龍一をはじめとするアーティストたちが音楽の新たな可能性を模索すべく、エイベックスグループとともに設立した新プロジェクトです。

「think global, act local」を合い言葉に、エコロジカルな視点を持ち、社会・文化貢献を目指す新しい音楽コミュニティーとして、アーティスト/クリエイター、音楽産業、ユーザー/リスナーのよりよい関係を作るための「共有地(commons)」となることを目的としています。

共有地(commons)の中心に音楽(music)が存在し続けることを願って、3つの「m」の「commmons」と名付けました。

commmons HP:https://commmons.com/index.html
commmons Twitter:https://twitter.com/commmons
commmons Instagram:https://www.instagram.com/commmons_official/
commmons Facebook:https://www.facebook.com/commmons.official/
commmons Pinterest:https://www.pinterest.jp/commmons/

タイトルとURLをコピーしました