Loading...

HAN-KUN(湘南乃風)「#がんばれ中華街」公式応援Song『春節』提供“お祭りのような楽しい空気感を”

HAN-KUN(湘南乃風)

HAN-KUN(湘南乃風)

3月26日、「横浜中華街 映画祭」記者発表会がロイヤルホール横浜で行われた。

横浜中華街の為に「#がんばれ中華街」公式応援Song『春節』を書き下ろしたHAN-KUN(湘南乃風)と作品の演出を担当したSota Kawashima(GANMI)に加え、作品を制作した加藤秀仁監督、尾昇陽監督、横田光亮監督らが登壇。今回映画祭の為に、「対話」「伝統」「温度」「信頼」「記憶」の5つのテーマに沿ってそれぞれの監督が横浜中華街を舞台に制作し、作品の見所や映画祭の取り組みについて想いを語りました。

さらに、横浜に縁の深い女優・釈由美子がアシスタントMCとして登場。イベントを華やかに盛り上げました。

本映画祭は、横浜中華街の「いつの時代も人をワクワクさせる場であり、人々に愛される街でありつづけたい」という想いに賛同した5名のクリエイターが、街を育む横浜中華街に集う人々とともに、後世に残り・紡ぎ・繋がる手段として映像作品を残す映画祭です。

咄嗟についた1つの嘘が多くの嘘を呼び大騒動を巻き起こす、スマートフォンのみで撮影された新感覚ストーリーを作り上げた加藤監督は作品の見所について「スマホを3画面並べて展開していく物語になっており、普通の映画とは違う新鮮な感じになっています」とコメント。カンフーを題材にした作品を制作した宮尾監督は「HIFANAのジューシーさんが作ってくれた音楽が見所です。その他にも様々なバックボーンを抱えた人たちで作り上げているのも注目してください。 」と、人と人とのかかわりあってこその作品になったことを語りました。

楽曲「春節」を書き下ろしたことについて、HAN-KUNは「コロナ禍であるべき姿が見えない年ではありました」と振り返りながら「ただイメージを思い浮かべることは出来るので、イメージを共有できる楽曲になればいいなと思いで、お祭りというか楽しい空気を感じて頂ければという想いで作りました。」と語りました。また、Sota Kawashimaは、HAN-KUNの今春リリース予定の楽曲『春節』をもとにしたダンス作品を制作。「ダンサーだからこそダンスの魅力を追求した結果“過程”こそに価値があると感じました。今回は街の方々と一緒に踊りたいと思っているので、“街のパワー”を感じてください。」と見所についてアピールしました。

今回横浜中華街では、街の魅力や文化を後世に残し・伝える手段として映画祭を開催。この取り組みについて横田監督は「人と人レベルで考えることが大事だと思いますし、終わった後街にどう活きていくかを見守っていきたいです。 」とコメント。最後に、HAN-KUNは「僕自身レゲエから音楽を始めたのですが、ルーツはジャマイカにあるので勉強も兼ねていくこともありました。本国で文化に触れることで背景が見えて好きになるように、この中華街の取り組みはそれと通ずるように感じます。素晴らしい企画を実現できて光栄です。」と語り、本イベントは終了しました。

横浜中華街映画祭は、本日より横浜中華街発展会協同組合公式YouTube及び横浜中華街映画祭特設サイトにて配信スタート。

是非、ご注目下さい。

◆横浜中華街映画祭特設サイト:
https://yokohama-chinatown-filmfes.jp/

<横浜中華街映画祭 開催概要とスケジュール>
上演開始日:2021年3月26日(金) 15:00
上演形式:横浜中華街公式YouTubeチャンネルでのオンライン配信
提供価格:無料
上演作品:全5作品(短編映画)
第一弾(3月26日公開)
● 噂のLieLie×(テーマ;信頼、監督:加藤秀仁)
● 滑板拳〜KUNG-FU SKATEBOARDER~(テーマ:記憶、監督:宮尾昇陽)
● 雨水(テーマ:温度、監督:横田 光亮)
第二弾(2021年春~初夏公開予定)
● Odore.(テーマ:対話、監督:京極 ヒロキ)
● いったん(テーマ:伝統、監督:ホンマカズキ)
主な出演者:HAN-KUN(湘南乃風)、GANMI、ひかりんちょ、横浜中華街発展会協同組合と横浜中華街を愛する皆さま
PRアンバサダー:ぶんけい(Bunkei)
後援:神奈川県、横浜市
応援企業(敬称略):ソフトバンク株式会社、株式会社コロワイド、アサヒビール株式会社、三井不動産株式会社、三菱地所株式会社、株式会社 潮、サントリー酒類株式会社、清水建設株式会社、コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社、京浜急行株式会社、神奈川県オールトヨタ販売店、株式会社キタムラ、株式会社メモワール、リスト株式会社、株式会社日本ワイドコミュニケーションズ、株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社横浜DeNAベイスターズ、株式会社横浜スタジアム
特設サイト:https://yokohama-chinatown-filmfes.jp
映画祭の見どころ、NEWSとSNSで映画祭の様々な情報をいち早くお知らせします!

プロフィール

HAN-KUN

出演作品: 対話「Odore. 」 / オリジナル楽曲提供

4人組男性グループ『湘南乃風』のメンバーの一人。ソロとしても、湘南乃風のボーカリストとしても唯一無二のその歌声で多くの音楽ファンを魅了。湘南乃風として『睡蓮花』『純恋歌』などの数々のヒットソングをリリース。

2006年より、ソロ活動を活発に始め、数多のコンピ・アルバムや、他アーティストの作品に継続的に参加し、2010年には”KEEP IT BLAZING”がMTV最優秀レゲエビデオ賞を受賞。2019年リリースしたカバーアルバム「Musical Ambassador」が話題を呼び数々のチャートで1位を獲得。

GANMI

出演作品: 対話「Odore.}
横浜生まれのSota Kawashima率いる2015年に日本から全世界に”エンターテインメント”を発信すべく、男だけで結成されたダンスクルー 。2016年にアメリカ・ロサンゼルスで開催されたダンスの世界大会『VIBE DANCE COMPETITION XXI』での日本チーム初の優勝を皮切りに、TV出演やCM、アーティストの振付・LIVE演出、バックダンスに加え、国内外問わずワークショップやパフォーマンスを行なっている。
また『日常をエンターテイメントに』というスローガンの元、 社会活動の一環として小学校などでもダンスのレッスンを行っている。
また、 GANMIは、 『CHOREOMUSIC』と呼ばれる、 ダンサーが主体となってアーティストとコラボし、楽曲を作り上げていく新たなスタイルを確立させている。『TOKYO GANMI SITE』と呼ばれるワンマンダンスライブを定期開催する他、 2019年には『JG計画』と題し、 クラウドファンディングを用いた全国47都道府県での無料ワンマンライブツアーも成功させている。
今後も勢いが衰えないダンスクルーである。

タイトルとURLをコピーしました