加山雄三、半世紀の時を超えて発見された1960年代の奇跡の新曲をリリース。

加山雄三

加山雄三

コロナ禍での自粛生活と2020年9月に誤嚥による咳き込みから発症した小脳内出血により、日々の活動が余儀なくされた加山雄三であるが、リハビリとトレーニングの中、自宅の倉庫を整理したところ1960年代に収録した数十本に及ぶオープンリールが状態も良く見つかった。

加山本人も記憶にないぐらい昔であるが、デジタル化して再生したところまさに‘60年代の加山の声の未発表曲の数々が確認された。

その音源の中からアコギ1本で歌っている「紅いバラの花」の音源に昨年の退院後、まだまだリハビリ中の加山本人がディレクションをし、当時のボーカルを生かしながら、バンドアレンジと現在の加山がボーカルをレコーディングした。

Aメロには当時(‘60年代)の加山が、Bメロは今(2021年)の加山が、戻ったAメロは当時の加山に今の加山がハモをつけ新旧二人の加山雄三によるコラボレーションが実現し、新曲として生まれ変わった。

歌詞もストレートな湘南サウンドの象徴といえる「夜空の星」や「蒼い星くず」を彷彿とさせるもっとも加山作品の印象が色濃い内容となっている。

同作品は加山雄三84歳の誕生日の4月11日に半世紀の時を超え自身初のデジタルシングルとしてリリースされ活動再開となる。

【商品情報】

「紅いバラの花」

配信開始日:2021年4月11日
価格:225円(ダウンロード)

<プロフィール>

1937年4月11日神奈川県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、'60年東宝入社。「男対男」で映画デビュー。'61年、映画『大学の若大将』に主演し、大人気となった「若大将シリーズ」がスタート。黒澤明監督の『椿三十郎』『赤ひげ』にも出演。歌手としては'65年に「君といつまでも」が大ヒット。以後も『お嫁においで』など数々のヒット曲を世に送り出す。幼少より作曲を始め、弾厚作のペンネームで、ロック・ポップスからクラシックまで幅広いジャンルの楽曲を創作し続けている。芸能生活45周年においてはニューヨーク・カーネギーホールでのコンサート、50周年には東名阪アリーナコンサートツアーを実施。2014年には若大将EXPOと題して、77歳にして日本武道館単独公演 最年長記録を樹立し、47都道府県全県でのツアーを成功裡におさめた。また、同年秋の叙勲にて旭日小綬章を受賞した。2016年は芸能生活55周年を記念し、「音楽は時代や世代を超える」をコンセプトにした若大将FESを二日間に渡って開催。様々な年代のアーティストを招き、幅広い世代の観客を大いに沸かせた。THE King ALL STARSとしての活動も注目され、全国のロックフェスにも参戦。2019年脳梗塞、2020年誤嚥からの小脳内出血など発症したが2021年カムバックを果たす。

タイトルとURLをコピーしました