グローバルにリスナーを抱える覆面ユニットAmPm、初の本格的ダンストラック“Tokyo”のMusic Videoを公開!

AmPm

デビュー曲「Best Part Of Us feat. Michael Kaneko」を2017年3月にリリース以降、世界各国のリスナーを獲得してきた覆面ユニットAmPm(アムパム)。

先日発売された新曲“Tokyo”のMusic Videoが本日公開された。

―“Tokyo”Music Video―

これまで世界中から、多彩なゲストボーカルを迎えてリリースを重ねてきたAmPmだが、今作は「TOKYO」をイメージし、彼らのルーツでもあるダンスミュージックをベースに、広義でのHouse Musicとして分類される楽曲。

Tech House、Deep Houseと、AmPmらしいオリエンタルな要素が豊富に取り入れられた本格的ダンストラックに仕上がっており、新たなAmPmの一面を感じさせる楽曲となっている。

またMusic Videoは、トラックに合わせ「TOKYO」を代表する数々の街の姿をスタイリッシュに表現。「TOKYO」に活動の拠点を置くAmPmならではの過去と未来が交錯する「良き東京のイメージ」を楽しんでほしい。

-Message from AmPm-

今回使った映像については、実は僕たちがずっと撮りためていたものです。

何に使うか予定してなかったけど、このような形で楽曲と共に公開できたのは嬉しく思います。こうして映像を見ると、マスクをせず、たくさんの人たちがTOKYOの街にいるのが、遠い昔のような、不思議な光景です。東京と言っても、様々な風景と共に、たくさんの人々が交錯するように、街のイメージも一人一人違うことでしょう。

MVに映るTOKYOを観て、この時に戻りたいのか。

あるいは、これからの未来の変化に期待をするのか。

楽曲と共に「自分が想像するTOKYOとは、どんな街か?」想像を楽しんでもらえればと思います。

またAmPmは現在、未公開楽曲「Intro」を1枚限定のNFTとして発行・販売中。(販売期間:3月30日まで)

これは特設サイトにて楽曲をオークション形式で販売、最も入札額の高い1名が購入、所有ユーザーのみが楽曲の視聴を行うことが可能になるというもの。

なお、この限定楽曲NFT販売は、日本の音楽アーティストとしては初の事例となるとのことで、現実世界での「Tokyo」、そして仮想世界での「Intro」のリリース、どちらにも注目してほしい。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました