柴咲コウ“職種を超えて活躍してらっしゃる方にまたスポットを”、大島優子“女性に勇気や自信を与えられるような存在に居続けて”

「BVLGARI AVRORA AWARDS 2021」国際女性デー 発表記者会見

3月8日、「BVLGARI AVRORA AWARDS 2021」国際女性デー 発表記者会見がブルガリ銀座タワーにて行われ、女優の柴咲コウさん、大島優子さん、ジャーナリスト伊藤詩織さんが登壇しトークディスカッションが行われた。

「BVLGARI AVRORA AWARDS」の2016年度の受賞者が柴咲コウさん、2020年度の受賞者が大島優子さん、そして20年度受賞者であり21年度の推薦者が伊藤詩織さんとなっており、「BVLGARI AVRORA AWARDS 2021」の受賞者の発表に先駆けて国際女性デーに歴代の受賞者が駆けつけた。

大島優子さんは「この賞をいただいた時に、これまでの自分の人生や選んできた選択というものを、それで良かったんだという風に、〇をいただいたような気持ちになって、いただいたことによって自身も与えていただけましたし、勇気ももらえました。私の人生の中で大半を占めていたアイドルグループAKB48を活動していた時期ていうものが度胸をつけさせてくれたなとすごく思います。大人数の女の子の中にいて、大きく見ればすごく小さい世界なんですけど、やっぱり同じ同士でいる仲間から何か自分に長けているものを見つけ出さなきゃいけないし、それを磨かなきゃいけないし、やっぱりうじうじしてもいられないし、度胸が自然と身に付いたというのも有りましたし、あとは仲間と一緒に全然売れてない時代から一緒にやっていたので、手を取り合って度胸を付けて、みんな1つの船で進んで行かなきゃいけないという思いでやってました。」とコメント。

柴咲コウさんは「この1年で大きく様変わりしましたし、どういう風に生き方を変えて行かなきゃいけない、考え方を変えていかなきゃいけないかという課題をまともに突きつけられている現状だと思います。やっぱりピンチはチャンスじゃないですけど、そう言ったところにヒントが有ったりとか、そういう時だからこそ周りの人と手をとりあって協力し合って、生きていこうと言う生きがいにつながるんじゃないかなと思います。」と話していた。

「BVLGARI AVRORA AWARDS」に期待することについて、大島優子さんは「私はこのアワードをいただいて、自分自身のことを信じる強さをもらいました。今後もAVRORA AWARDSはたくさんの女性に勇気や自信を与えられるような、そんな存在に居続けていただきたいなと思います。」とコメント。

柴咲コウさんは「女性は心の深い所で当事者の思いをくみ取って発信していく強さが有ると思いますので、職種を超えて活躍してらっしゃる方にまたスポットを当ててくださればいいなと思います。」と話していた。

「BVLGARI AVRORA AWARDS」は現代社会で女性が果たす役割を讃えたいという願いから創設されている。

タイトルとURLをコピーしました