GARNiDELiAのVo.MARiAソロアルバムを5月26日に発売決定!ポニーキャニオンへの移籍を合わせて発表!!

GARNiDELiA ワンマンライブ「stellacage 2021」より

3月20〜21日の二日間に渡ってBillboard Live TOKYOで開催されたGARNiDELiA(読み:ガルニデリア)のワンマンライブ「stellacage 2021」の最終公演にて、ボーカル・MARiAのデビュー後初となるソロアルバム「うたものがたり」が5月26日(水)に発売、更にこのソロアルバムの発売とともにMARiA/toku/GARNiDELiAがポニーキャニオンに移籍することが発表となった。

GARNiDELiAは女性ボーカリスト・MARiA(読み:メイリア)とコンポーザーtoku(読み:トク)の二人によるユニット。2014年にメジャーデビューを果たし、アニメのテーマソングを数多く手掛け、iTunes Music Storeをはじめとする各音楽配信サイトの総合ランキングで軒並み首位を獲得。デビュー以来10枚のシングル、2作の配信シングル、5枚のアルバムをリリースしている。

加えてMARiAはGARNiDELiAのアートワークや歌詞を担当する他、様々なファッションブランドのモデルも務め、国内の同世代の女性から支持を集めるだけでなく、中国版Twitterの微博(Weibo)では日本人女性アーティストでは第3位となる約285万人のフォロワーを抱えているなど海外での人気も高い。

今回、二日間に渡って開催されたライブの一日目は”steps”と題され国内外の動画投稿サイトで反響の高い”踊っちゃってみた”シリーズの楽曲を集めた、ダンスナンバーを中心としたライブ。二日目は”claps”と題されGARNiDELiAのシングルナンバーを集めたコンセプトで、1日2公演・合計4公演というハードなライブとなった。

そんな最終公演で発表となったMARiAのソロアルバムでは山下穂尊 (いきものがかり)、橋口洋平 (wacci)、じん、草野華余子、TAKUYA (JUDY AND MARY)、山崎まさよし、本間昭光ほかトップアーティストを作家陣に迎え、GARNiDELiAとは違った魅力を詰め込んだバラエティに富んだラブソング全10曲が収録されるとのこと。

さらに、このアルバムを携えて6月5日(土)にチームスマイル豊洲PITにて1日限りのスペシャルリリースライブの開催されることも併せて発表となった。

「新しいことを進めて行くのが難しいこんな時期ですが、そんな中でも、私達の音楽を愛してくれている皆さんが、背中を押してくれるというのは本当に嬉しいことです。

10年頑張ってきてよかったな、と。今まで歩んできた道に何一つ間違いがなく、それが新しい道を切り開いて、次の一歩を踏み出せます!」とMARiAは力強くファンに向けて感謝を語った。

今までのGARNiDELiAの集大成を見せつける形となった本ライブだが、MARiAのソロアルバムに続きtokuのソロアルバムリリース予定も発表になるなど盛り沢山な内容。さらには秋にGARNiDELiAとして再始動のアルバムのリリース、そして恒例となったハロウィーンライブの開催も発表となり、ソロワークスを経て一回りも二回りも進化するであろうGARNiDELiAの2021年に期待が高まる。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました