瑛人、大阪・登録有形文化財「大槻能楽堂能舞台」でJ-POPアーティスト初となるライブ出演。堂々のパフォーマンスを披露!

瑛人

シンガーソングライター瑛人が、本日大阪の登録有形文化財「大槻能楽堂」で開催された『大阪府文化芸術創出事業 春の謡会』に出演した。

『大阪府文化芸術創出事業 春の謡会』は、「大阪文化芸術創出事業」の一環として開催された一夜限りのスペシャルイベントで、終戦当時大阪市内唯一の能楽堂として、大阪の能楽界と上方文化の向上に寄与し、その伝統的な舞台が登録有形文化財登録されている「大槻能楽堂舞台」で開催。「大槻能楽堂舞台」でJ-POPアーティストがライブ出演を行うのは歴史上初の試みとなっており、大阪にゆかりのあるアーティストを代表して、大阪出身のロックバンド・flumpoolのメンバー山村隆太&阪井一生と、昨年大阪で開催された大型ライブイベント等への出演を重ねてきた瑛人が選ばれた。

イベントは能のパフォーマンスから始まり、それぞれのアーティストが舞台と一体化したアコースティックライブを披露。ライブ終盤には音楽デュオ・コブクロの名曲「桜」のセッションを披露し、一夜限りの貴重なライブイベントは大成功を収めた。

このイベントの模様は、後日YouTubeで一部公演の配信が予定されているので是非チェックしよう!

来月4月29日(木・祝)には、1stアルバム「すっからかん」収録曲「HIPHOPは歌えない」でコラボした韻シスト主催のイベント『韻シストpresents OSAKA GOOD VIBES 2021』に登場。再び大阪でのライブイベント出演が決まっている。

■LIVE Info.

「韻シストpresents OSAKA GOOD VIBES 2021」

日程:4月29日(木・祝)

場所:大阪城音楽堂

LIVE:Chara/SANABAGUN./瑛人/韻シスト

OPEN14:00 / START15:00

指定席¥6,000(WITHOUT DRINK)

※3歳未満入場無料(お席が必要な場合はチケット必要)

INFO:www.yumebanchi.jp www.in-sist.com/


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました