瑛人、本日映画『トムとジェリー』日本語吹替版主題歌の新曲「ピース オブ ケーク」配信開始。リリース記念、生配信Youtube Liveを開催!

瑛人

瑛人

シンガーソングライター瑛人が、本日より全国公開の映画『トムとジェリー』日本語吹替版主題歌として書き下ろした新曲「ピース オブ ケーク」を配信リリースした。

「ピース オブ ケーク」は、ケンカばかりだけど実はお互い大切に想っているトムとジェリーのような友人がいるという瑛人によって紡がれた楽曲。タイトルの「ピース オブ ケーク」は、“楽勝!”という意味の英語の慣用句から着想を得て、”仲間さえいればどんな困難だって乗り越えられるさ”という想いが込められているほか、自分が今いるのがたとえ小さな世界でも、自分たちのペースで楽しくいこうという、トムとジェリーの関係でもある「大嫌いだけど、好き」を象徴するハッピーでピースフルな楽曲が完成した。

本リリースを記念し、今夜20:30から瑛人公式YouTubeチャンネルで、「映画『トムとジェリー』日本語吹替版主題歌 『ピース オブ ケーク』リリース記念!生配信」と題したYouTube Liveの開催が決定!「トムとジェリー」カフェから生配信されるので、併せてチェックしよう!

【瑛人公式YouTubeチャンネル】【映画「トムとジェリー」日本語吹替版主題歌 「ピース オブ ケーク」リリース記念!生配信】

更に、映画『トムとジェリー』の映像や写真がふんだんに使用された「ピース オブ ケーク」のフルムービーも公開された。『トムとジェリー』の世界観が存分に楽しめる映像となっているので是非チェックして欲しい。

【「瑛人 / 映画「トムとジェリー」日本語吹替版主題歌 「ピース オブ ケーク」】

今週末3月21日(日)には大阪・大槻能楽堂で『大阪文化芸術創出事業』の一環として行われるスペシャルイベント『大阪府文化芸術創出事業 春の謡会』への出演、更に4月29日(木・祝)には、大阪城音楽堂で開催される、1stアルバム「すっからかん」収録曲「HIPHOPは歌えない」でコラボした韻シスト主催のイベント『韻シストpresents OSAKA GOOD VIBES 2021』への出演が決まっている。今後の瑛人の動きから目が離せない。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました