これがうちらの生き方!CANDY GO! GO!のメンバーが語る、10周年公演への想いと意気込み!!!!!!! なぎさりん編

CANDY GO! GO!

CANDY GO! GO!

4月8日(木)、東京・恵比寿LIQUIDROOMを舞台に「CANDY GO!GO!~10years anniversary Series "FINAL"「GIGS-XTRAILS」」を行なうCANDY GO! GO!。

本来は、昨年1月より始めた6本のシリーズGIG「GIGS-XTRAILS」」を通しCANDY GO! GO!の10年間の歩みを示しながら、8月の恵比寿LIQUIDROOM公演で10周年公演を華やかに祝うはずだった。だが、世の中に牙を向いた疫病により、2本のライブを終えた時点で同GIGは中止に。唯一ファイナル公演のみ延期という形を取って、開催の日を模索していた。そのうえで決まったのが、先に上げた公演になる。

この日は、本来のCANDY GO! GO!の姿となるバンドを従えての公演。CANDY GO! GO!の10年間の歩みを物語るように伝えていく。本公演は人数制限もあることから、CANDY GO! GO!としては初の試みとなる生ライブ配信も同時に実施(アーカイブ放送もあり)する。

少しでも全国のCANDYST(ファン)たちに、CANDY GO! GO!の歴史を。何より、「今が最高に輝いている」CANDY GO! GO!の姿を届けようと、今、CANDY GO! GO!は公式YouTubeチャンネルで、メンバー自身がCANDY GO! GO!の歩みを振り返る動画なども公開すれば、メンバーそれぞれが恵比寿LIQUIDROOM公演に向け、さまざまな形で「今の自分たちの想い」を伝えている。ここでも、今のメンバーたちが胸に抱いている想いを言葉にして届けたい。

最後は、グループのリーダーであるなぎさりんのコメントをお伝えしよう。

なぎさりん編

なぎさりん

なぎさりん

なぎさりん 正直、わたしの中には、「10周年だから頑張らなきゃ」という気持ちはないです。「今のCANDY GO! GO!の姿を、10周年のライブにもそのまま投影していくのみ」だと思っています。CANDY GO! GO!が大切にしているのは、「目標にした日へ向かって高めてゆく姿」ではなく、毎回のライブを本当に大切にしているからこそ、「毎回を最高のライブ」として届けること。だから、日々の当たり前を、恵比寿LIQUIDROOMのときにもしっかりと出していけば、それでいいんだと思います。

以前のCANDY GO! GO!は、動員した人数に対して実力が見合っていませんでした。その時期ごとの勢いなどもあって動員数はすごかったけど、中身がしっかり追いついていなかったせいで離れてしまう人たちも多くいました。正直、今は、以前よりも全体の動員自体は減りました。でも、今のCANDY GO! GO!を信じ、何があってもついてきてくださるファンの数は圧倒的に増えています。私たちは、今のCANDY GO! GO!をもっともっと自慢したい。私たちが自信を胸にしたライブを、1本1本すべてに出し続けていけば、CANDY GO! GO!を必要としてくれる仲間はこれからも増え続けていく。私たちは、そう信じて今もステージに立ち続けています。むしろ今は、恥ずかしいくらいに自信がありすぎてます(笑)。

わたしの中で、今のCANDY GO! GO!のライブを見て興味を示さない人たちは「今の私たちとはタイプが合わないんだな」くらいの意識です。それって当たり前のこと。でも、「この人たち、格好いいな」じゃなく「この人たち、熱い魂込めて歌ってんな」という気持ちがいつか伝わり、好きになってくれたら嬉しいです。CANDY GO! GO!は55周年まで続くので、何時か魂が共鳴しあうタイミングが訪れたらいいですね。

わたしたちは、今でも「このライブが最後になっても後悔を残さない」気持ちを持って1本1本のライブへ向かっています。活動を長く続けるほど、本当に1本1本のライブの大切さやファンという支えてくれる人たちの大切さを身に沁みて感じています。私たちは、しっかり魂を込めたライブをやれば、その魂が人に伝わっていくことを体感し続けてきました。それはメンバー自身にも言えること。誰かが少しでも気を抜いてると、それが表現している側にも伝われば、そこを通して見ている人たちにも伝わってゆく。今のメンバーは、キャリアの差に関係なく、誰かしらの意識が低くなると、それを注意したり補ってゆく関係性がしっかりと出来ています。

夏井さら 全力でやるのが当たり前というか、少しでも手を抜いたらそれがステージに現れるのはすごくわかります。

宇野みずき わたし、これまで省エネで生きてきたんですけど。CANDY GO! GO!では一度も手を抜いたことはないし、抜けないです(笑)。

なぎさりん わたしのターンで、若手二人がしゃしゃり出てきましたけど(笑)。でも、本当にその通り。以前までのCANDY GO! GO!は、メインヴォーカル以外は、他の人はちょっとは休めるという意識にもなっていましたけど。「STAY HOME GIG」を通して、その意識をすべての楽曲で変えました。今は、この曲のこのヴォーカリストのときには、こういう動きをしていないと一つのステージとして成立しないくらいにまで、一人一人の存在の大切さを活かした形を作りあげています。今のメンバーたちは、「この曲は誰々がセンターだから、じゃあ自分はこういう立ち位置で世界観を作り上げてゆくんだ」というのをしっかり理解してやっている。だから、メンバーそれぞれが自信を持って今のCANDY GO! GO!のライブに臨めば、今のCANDY GO! GO!のライブを輝かせているんだと思う。

「わたしが一番だ!」みたいな人がメンバーにいると、今のCANDY GO! GO!は成立しないんですよ。今のメンバーは、各自の良いところや持ち味をわかっているからこそ、「この曲は確かにこの子だよね。じゃあ、わたしはこの曲の中、この立ち位置で輝かせるし、歌い手を盛り上げてゆく」というのをわかってやっている。そういう理解度の高いメンバーばかりだからこそ、今のCANDY GO! GO!が本当に自信を持って輝けているんだと思う。まさに今のCANDY GO! GO!は、個人が優れているのではない、一丸となった全員チームですからね。タイトルにも記したように、CANDY GO! GO!のこれまでの歴史や足跡をたどるライブをバンド演奏を背景に届ける構成を考えています。今回のセットリストにはストーリー性を持たせたように、そこも感じ取っていただけたら嬉しく思います。

TEXT:長澤智典


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました