羽田美智子が日本全国のワクワクするものを五感で触れて、新たなモノを生み出す“羽田美智子が行く、日本全国羽田甚キャラバン”始動!! 第一弾の佐賀市でみつけたサステナブルなものづくり

羽田美智子

撮影:高村瑞穂

女優・羽田美智子が日本中旅する中で出会った「暮らしの中に小さな幸せを」添えてくれる商品を自ら店主となって目利きして取り扱う、オンラインショップ”羽田甚商店”が、この度新たなプロジェクトとして「羽田美智子が行く、日本全国羽田甚キャラバン」を発足した。

このプロジェクトでは、羽田美智子がお声をかけていただいた地域を実際に訪れ、さまざまな事業所を回る中で、「これは!」とビビッと来たものに、羽田甚印を付けさせてもらい、それらをオンラインショップ”羽田甚商店”で販売。さらに生産者との対談の中で、店主の発案により生まれる商品開発や、コラボ企画も行っていく…。ものづくりの真髄に触れ、羽田美智子のアイディアも加わり、その地域の魅力がつまった新たな商品を生み出すことにも挑戦していく。

コロナ禍においては、自由に旅することも憚られる現状ではありますが、羽田美智子の視点を通して選ばれた、そして作られた、その土地の本当にいいものを全国の皆さんにお届けしたい、そんな思いから発足した「羽田美智子が行く、日本全国羽田甚キャラバン」。今回第一弾として昨年11月に訪れたのは、豊かな農作物に恵まれ、人々がゆったり穏やかに暮らせる町、佐賀県佐賀市でした。

もともと”羽田甚商店”でも取り扱っていた”丸秀醤油”さんの「味噌づくりセット」。羽田店主は以前、こちらの社長・秀島健介さんの手作り味噌ワークショップにオンラインで参加し、実際に味噌づくりを体験して、”丸秀醤油”のお味噌の虜になりました。

今回は、その生産地である佐賀市高木瀬の工場を訪れ、丸秀醤油さんこだわりの麹作りについて詳しく取材。

「よく見る米麹のイメージは、ふわふわっとしているものが多いと思うんですけど、それはお米の表面だけに麹菌が繁殖しているものなんですね。うちのは、ふわふわっとしていなくて、米の中の方に麹菌の菌糸が伸びています。それがうちのこだわりなんです。」

秀島社長の説明を受けながら、実際に米麹を試食した羽田は「甘い!やわらかくて、あまい。何に例えていいんだろう。わかんない!!わかんないけど、おいしい!!」と、未体験のやさしい甘さに感動。丸秀醤油さんこだわりの麹作りの秘訣を知った羽田は、ワークショップでの味噌づくりを思いだし「そうか、あれは特別のお味噌なんですね。私やるじゃん!と思ってましたが、麹のおかげだったんですね(笑)」と改めてこの場所で大事に大事に育てられた麹のすごさを実感。そしてこの麹の美味しさをご家庭の料理で楽しんでほしいと思った羽田は、自宅でオリジナルの塩麹や醤油麹を自分で作れる、“お家で簡単 塩麹&醤油麹キット”の商品開発を秀島社長に提案し、この度、めでたく商品化できることになった。

昨今の発酵ブームで注目が集まる“麹”だが、本当においしくて身体によいものは目利きしないとわからない。丸秀醤油こだわりの手作り“塩麹&醤油麹キット”は”羽田甚商店”店主・羽田美智子のお墨付き、簡単便利で今日からご家庭の食卓のおかずを美味しくしてくれます。

▲ 羽田甚商店/味噌づくりセット(3,780円)税込価格


▲ 羽田甚商店/お家で簡単 塩麹&醤油麹キット 瓶あり(4,320円)瓶なし(3,564円)税込価格

他にも今回訪れた佐賀市では、卵にこだわるあまり養鶏場づくりから手掛けて始まったというこだわりのバウムクーヘンを作る「ムーラン・ルージュ」さんや、350年ほぼ変わらない製法で作り続けられる佐賀の銘菓・丸房露の「鶴屋」さん、オーガニックグラノーラにこだわった「GRAN」さん、それからハンバーグやスープなど、佐賀のおいしいを集めた「SAGA STORY」さんなど、素材やものづくりへのこだわり、そして佐賀への熱い思いがこもった生産者の方々を訪ねて、商品選定、商品開発を行った。

ものづくりの現場で羽田美智子が感じたことや、生産者の方々の思いについては、“羽田甚商店”の公式サイトにて、それぞれ対談記事が掲載されている。

撮影:高村瑞穂

今回の佐賀で出会った人たちや、その土地と人が作り出したものたちを振り返り、羽田は下記のようにコメントしています。


豊かな農作物に恵まれ、海や山もあり、人々がゆったり穏やかに暮らせる町、佐賀。

私の故郷茨城と重なるイメージがあり、信頼するスタッフの故郷でもあることから以前から親しみを感じていました。

しかし今回訪れた佐賀市は想像以上の魅力的な町で、心踊る出会いが待っていました。

代々続く家業の伝統はそのままに、革新的な物作りに励む方々。

オーガニックに目を向け、健康志向の強い人達に安心を提供するお店。

職人技を大切にし、人の手が生み出す温もりある物作り。

一念発起して佐賀ならではの魅力を発信しようとする方達。

素材にこだわり、過程にこだわり、価格にこだわり、常に消費者の目線にたって作られる、安心安全な物作りの現場に立ち会わせていただき感銘を受けました。

皆さん、佐賀愛が熱い!!そして佐賀市の未来は明るい!!

そこには今でこそ叫ばれている『サステナブル』な、つまり持続可能な物作りの世界が広がっていました。羽田甚商店を続けてきて数々のモノに出会わせていただきましたが、『体に良いモノは地球にも良い』というまったく矛盾のない物作りのことを『サステナブル』と呼ぶのだと思います。

地球環境のことも考えられ、私達の健康のことや暮らしも考えられた佐賀市の逸品を今回皆様にお届けできることを嬉しく思っています。

店主 羽田美智子


これからも”羽田甚商店”は、「暮らしの中に小さな幸せを」添えてくれるものを見つけに、日本全国の生産者の皆さまのもとを訪れたいと思っています。家で過ごす時間が増える中で、ますます需要が高まるお取り寄せグルメやその地域の特産物をもっといろんな方に楽しんでいただきたい、皆さまの健やかな毎日を応援したい、少々おせっかいな店主・羽田美智子が次に訪れる場所はどこなのか・・・?「羽田美智子が行く!日本全国羽田甚キャラバン」の今後にもぜひご注目ください。

<羽田甚商店>
“羽田甚”とは、羽田美智子が生まれ育った実家の屋号であり、宮大工をしていた高祖父羽田甚蔵の一文字をとり慶応元年に掲げられたものです。
家業を宮大工から商売へと変え、代々受け継がれてきたこの屋号を、オンラインショップとして新装開店したのが“羽田甚商店”であり、六代目“羽田甚”店主となった羽田美智子が、「美」と「健康」をテーマに、「暮らしの中に小さな幸せを」添えてくれる商品を自ら目利きして取り扱っています。
生産者と皆さまの架け橋になることを願ってスタートしたこのオンラインショップで、新たに地方自治体とコラボしたプロジェクト「羽田美智子が行く!日本全国羽田甚キャラバン」がはじまりました。第一弾となります、佐賀県佐賀市の商品を、この機会にぜひお試しください。

■羽田甚商店公式サイト
https://hadajinshop.co.jp/
■羽田甚商店公式instagram
https://www.instagram.com/hadajinshoten/
■羽田甚商店公式Twitter
https://www.instagram.com/hadajinshoten/
■羽田甚商店公式Facebook
https://www.facebook.com/hadajinshoten/
■羽田甚商店公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCgb0OBVgZLg27VE6TQ_9nIw

タイトルとURLをコピーしました