坂本龍一の陶器を割る音を使用した新曲「fragments, time」の世界最速楽曲レビューが到着

坂本龍一

Photo by zakkubalan ©2020 Kab Inc.

坂本龍一の2020年に発表した楽曲をアナログレコードにまとめたコンプリートアートボックス『2020S』の制作過程を追う連載、BEHIND THE SCENEが更新された。

BEHIND THE SCENE VOL.6 陶片が紡ぐ 時間と記憶

Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020
Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020

今回更新されたのはBEHIND THE SCENE VOL.6で、坂本龍一の陶器を割る音を使用した新曲「fragments, time」の世界最速楽曲レビューが掲載されている。

“陶器を割る音を使って音楽を作りたい”

『async』のリリース以降、坂本の中で強く思い描いていたアイデアが『2020S』でついに実現される。楽曲で使用するのは、坂本自身が絵付けを行い、唐津の陶芸家・岡晋吾が焼き上げた陶器の皿だ。坂本はNYの自宅にて陶器を割る音を採取し、制作した楽曲を「fragments, time」という曲名にした。

楽曲から聴こえるのは陶器とピアノの音のみ。静寂の中で陶器は不規則に鳴り響き、その隙間を埋めるようにピアノが丁寧に紡がれてゆく。

“陶器が割れる音”と聞くと耳当たりの強い衝撃音を想像するが、実際に楽曲から聞こえてくるのは耳をつんざくものではなく、どこか透明感のある柔らかな響きである。陶器の断片は転がるたびに一つずつ異なる余韻を残し、坂本がこの楽曲に使用するために作ったという「簡易な楽器」は、複数枚の陶器がランダムに触れ合い自由な音色を奏で合う。

『2020S』には、蔡明亮監督作品『あなたの顔(英題:Your Face)』、コゴナダ監督作品『After Yang』のオフィシャルサウンドトラックにはじまり、イタリア発の高級ラグジュアリーブランド、ボッテガ・ヴェネタのショートフィルム用に書き下ろされた「BV」や米シアトルのNPO法人MOR(Music of Remembrance)のために制作された「Passage」、さらにはテレビ東京のミニドラマ『きょうの猫村さん』の主題歌となった「猫村さんのうた」など、ジャンルレスなコラボレーション作品がアナログレコードで収録される。

これら楽曲の一部は音楽配信サービスで視聴もできるが、「fragments, time」は『2020S』にのみ収録するとのこと。

特設サイトでは、限定300点の『2020S』の予約を受付中。

Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020 『2020S』

発売日:2021年3月30日(火)

特設サイト:https://shop.mu-mo.net/st/special/rsartboxproject2020/

■オフィシャル情報:commmons -New Music Community for Real Artists and Music Lovers-

「commmons(コモンズ)」とは、坂本龍一をはじめとするアーティストたちが音楽の新たな可能性を模索すべく、エイベックスグループとともに設立した新プロジェクトです。

「think global, act local」を合い言葉に、エコロジカルな視点を持ち、社会・文化貢献を目指す新しい音楽コミュニティーとして、アーティスト/クリエイター、音楽産業、ユーザー/リスナーのよりよい関係を作るための「共有地(commons)」となることを目的としています。

共有地(commons)の中心に音楽(music)が存在し続けることを願って、3つの「m」の「commmons」と名付けました。

commmons HP:https://commmons.com/index.html

commmons Twitter:https://twitter.com/commmons

commmons Instagram:https://www.instagram.com/commmons_official/

commmons Facebook:https://www.facebook.com/commmons.official/

commmons Pinterest:https://www.pinterest.jp/commmons/

タイトルとURLをコピーしました