乃木坂46出演 献血つながりプロジェクト「みんなの献血」の新TVCM「応援メッセージ」篇が3月19日よりオンエア開始!

乃木坂46

乃木坂46

日本赤十字社の献血つながりプロジェクト「みんなの献血」の新TVCM「応援メッセージ」篇が3月19日(金)からオンエアを開始される。

「みんなの献血」は、少子高齢化に伴い若年層献血者が年々減少を続けている現状に対して、献血を通じて体験できる、いくつもの出会いや感動を届け、あなたと、あなたの大切な人をつなげるプロジェクトです。継続的に献血のご協力をいただき、血液製剤を医療機関へ安定的に供給すること、献血という文化を当たり前に感じてもらうことを目的としている。

今回の新TVCMも、イメージキャラクターである乃木坂46の梅澤美波さん、遠藤さくらさん、賀喜遥香さん、 久保史緒里さん、齋藤飛鳥さんが出演!

また撮影後には、出演者5名へのインタビューを実施。

本篇のセリフにもあった「新しい生活」「チャレンジ」にちなみ最近プライベートで始めたことや、このコロナ禍でも前を向いて新社会人になる同世代の方々へのエールをもらいました。また齋藤さんは、コロナ禍の影響で若年層の献血者が減少しているなか、つい最近ご自身が体験した嬉しいエピソードを教えてくれました。

撮影レポート


撮影の合間、セリフ部分を何度も練習していた梅澤さん。インタビューでは最近ハマっていることを教えてくれました。


最初は緊張気味だった遠藤さんも、時間が経つにつれ、柔らかい表情で撮影に取り組んでいました。


「今のが一番良かった!」と監督から度々称賛されていた賀喜さん。伸び伸びと演技していました。


シンプルなTVCM内容であるなかで、監督がこだわっていたのは声のトーン。抑揚やテンポ、音量などを細かいリクエストを、柔軟に対応した久保さん。


2年連続で「みんなの献血」のイメージキャラクターを務めている齋藤さん。リラックスした様子でカメラの前に立ち、監督からのリクエストも難なく対応していました。


5人揃うと笑顔が絶えなかった撮影でしたが、担当者からコロナ禍における若年層の献血協力者の減少に関する報告を聞く際は、神妙な面持ちで話に聞き入っていました。

★次のページに続きます:

タイトルとURLをコピーしました