EXILE AKIRA 日本初上陸ラグジュアリー・ライフスタイルホテル「W」のブランドアンバサダーに就任!! オープニングセレモニーにサプライズ登壇!「大阪から日本を元気にという想いに共感」

EXILE AKIRA

16日、積水ハウス株式会社とマリオット・インターナショナルは、日本初上陸となるホテルブランド「W(ダブリュー)」の新規ホテル「W Osaka」の開業を記念し、記者説明会・内覧会・オープン二ングセレモニーを実施。ブランドアンバサダーに就任したEXILE AKIRAがサプライズ登場、セレモニー会場を盛り上げた。

日本国内またアジア各地からの商人や旅行者を迎える玄関口として長く発展し続けてきた大阪。そのメインストリートである御堂筋に面する「W Osaka」は、黒を基調とし華美な装飾を極力おさえたシンプルでスタイリッシュな外観が特徴となっている。独自のエンターテインメントを生み出した文化と、鮮やかなネオンがきらめくエネルギッシュな街にインスパイアされたホテルの内部には、目を見張る色遣いや仕掛けを施した、独自性あふれる空間が広がっている。泊まるだけのホテルでない、“旅の目的地”になるホテルを目指すという。

記者説明会には、当ホテル総支配人の近藤豪、Wホテルズ & コレクション・ブランド ブランドマネージメントディレクターのジェイコブ・デ・ボーア・ドレーゴ、「W London」など、世界各国の「Wホテル」を手掛けたオランダのコンクリート社の創設者のロブ・ワーヘマンス、共同経営者のバート・デ・ビアーが登壇し、「Wホテル」のブランドおよび「W Osaka」のインテリアデザインについて、海外からオンライン中継で説明を行なった。

オープニングセレモニーにはEXILE AKIRAの他、積水ハウス株式会社の仲井嘉浩、マリオット・インターナショナルのカール・ハドソンをはじめ、総支配人の近藤豪、同ホテルのデザインを監修した安藤忠雄氏が登壇し、開業の経緯や今後の展望などについて語った。自治体代表として、田中清剛副知事、高橋徹副市長も出席した。

ブランドアンバサダーに就任したEXILE AKIRAは「W Osaka」の『大阪から日本を元気に』という想いに共感し、就任が決定しました。「日本初上陸であるW Osakaから様々なカルチャーが発信されることに、とても楽しみにしています。」と期待を膨らませた。ホテルの好きな場所に関する質問には、「館内どこも魅力的ですが、特にリビングルームですね。日本文化テイストのアートに囲まれた、ユニークでエレガント、かつエキサイティングな空間で、メンバーと一緒にドリンクや音楽を楽しみたい。」とコメント。

また、「新たな発見ができるW Osakaから日本を元気に。そして、世界中を元気にできるようなパワースポットとして、様々な場所で魅力を発信していきたい。」と、今後のブランドアンバサダーとしての活動に意欲をみせた。

オープニングセレモニー 各登壇者ご挨拶

◆積水ハウス株式会社 代表取締役社長 仲井 嘉浩(なかい よしひろ)

開業を迎えられたこと、大変喜ばしく思います。本プロジェクトに携わっていただきましたすべての皆様にこの場を借りまして感謝申し上げます。
「W Osaka」は、当社が開発してきたラグジュアリーホテルとは全く違った個性を持つ、上質で遊び心溢れるユニークなホテルです。私が共感したのは、W ホテルが目指す、「思い切り楽しみ、日常の繰り返しに反発したいという強い願望に火をつけ、お客様の人生への『渇望』を解き放つ」という点です。眠らない街ニューヨーク、そしてそれに匹敵するエネルギッシュな街大阪。とても親和性のあるコンセプトだと感じました。私自身も、W Osakaから新たな刺激を受け、クリエイティブな発想を広げていきたいと思います。

創業以来60年、大阪に本社を構える当社として、大阪の魅力をもっと世界に伝えたいという強い思いで、開発事業に取り組んでまいりました。これからもより一層、あらゆる形で地域の活性化に貢献してゆきたいと決意を新たにしております。

この日本初進出の「W Osaka」は、パワフルな大阪にぴったりの個性的なホテルです。控えめで物静かな装いの外観と対照的に、ホテルの内側は大阪商人の粋な遊び心を華やかに表現したデザインとなっています。

この「W Osaka」が新たなランドマークとして、大阪の魅力をより高める一助となれば光栄です。マリオット様とともに、積水ハウスグループ全社を挙げてホテル運営に取り組んでまいりますので、御期待ください。

◆マリオット・インターナショナル 日本・グアム担当 エリアヴァイスプレジデント カール・ハドソン

日本初上陸となるWブランドは、今後日本国内において、ゲストのみなさまに型破りで大胆なアプローチと境界線を超えたプログラムを体験いただくことで新たなホスピタリティの道を切り開いてまいります。

ニューヨークに誕生したWホテルは、20年以上にわたりホスピタリティ業界に衝撃を与え、その在り方を再定義してまいりました。世界各地でホスピタリティの先駆けとなっているWは、建設中も含め25を超える国と地域に60軒以上のホテルを展開し、常に人々の想像を超え、従来のラグジュアリーのあり方を覆しています。

独特なクリエイティビティと無限のエネルギーに満ち溢れた「大阪」という素晴らしい都市において、Wが非常に新鮮味のあるホテルになっていくと信じております。Wの持つエネルギーは、賑やかな大阪の街の雰囲気と見事に同調しており、Wブランドをこの都市にもたらすことができ大変嬉しい限りです。「W Osaka」は国内において、67軒目のホテルかつ19番目のブランド進出となります。

今年もアジア太平洋地域全体で弊社ブランドポートフォリオを拡大し、本地域では約100軒のホテルが新たにポートフォリオに加わる予定です。

尚、現在のこうした状況において、お客様に安全かつ清潔なホテル環境に滞在していると感じていただけるよう、引き続き徹底した取り組みを行ってまいります。

来賓者ご祝辞

W Osakaデザイン監修 安藤 忠雄(あんどう ただお)

世界的にも大変魅力のある「Wホテル」が、ここ大阪・御堂筋に誕生したことに大変喜ばしく、開業できることができ、ほっとしております。たくさん体験いただくことで、魅力が伝わると思います。

外観は黒を基調にしたシンプルな造りですが、内観は全く違った世界が広がっています。新しい好奇心を持って、世界観を味わっていただき、生きていることが素晴らしいことだと実感できる空間となっています。

コロナ禍において、ここに集う洗練されたエネルギッシュな人々の力によって、暗い雰囲気も吹き飛ばしてほしいと願っています。ぜひ「W Osaka」の世界観を体験していただきたいと思っております。

W Osaka 概要

◆事業主:積水ハウス株式会社
◆ホテル運営:マリオット・インターナショナル
◆デザイン監修:安藤 忠雄
◆建築設計・監理:株式会社日建設計
◆建築施工:株式会社竹中工務店
◆インテリアデザイン:Concrete Architectural Associates BV(オランダ)
◆所在地:大阪府大阪市中央区南船場4丁目1番3号
◆敷地面積:2,544.46㎡
◆延床面積:35,815.81㎡
◆階数:地上27階
◆客室:337室
◆付帯施設:レストラン、ボールルーム、スパ、プール、ジム他
◆開業日:2021年3月16日

◆公式サイト:marriott.co.jp/hotels/travel/osaow-w-osaka
◆Instagram:instagram.com/wosakahotel/
◆Facebook:facebook.com/WOsakaJPN

タイトルとURLをコピーしました