アニメ「やくならマグカップも」メインビジュアル&OPテーマが聴ける本PV公開!MUG-MO「扉を開けたら」4月21日に発売決定

© プラネット・日本アニメーション/やくならマグカップも製作委員会

© プラネット・日本アニメーション/やくならマグカップも製作委員会

2021年4月より放送開始する『やくならマグカップも』アニメパートのメインビジュアルと本PVが公開された。

『やくならマグカップも』は、岐阜県南部に位置する多治見市を舞台に伝統工芸品「美濃焼」をテーマに4人の女子高校生が陶芸の魅力にのめりこんでいく青春ストーリー。2010年に多治見市の有志や企業が集まり“街を元気にしよう”というプロジェクトの一環から始まり、その中で地元IT企業の株式会社プラネットが2012年より発行するフリーコミック「やくならマグカップも」が原作となる。現在33巻まで刊行され、番外編である4コマ漫画「直子の小鉢」とともに地元の方々に支えられながら連載を継続している。

本作『やくならマグカップも』は、30分番組のうち前半15分は通常アニメパート、後半15分が実写パートの2部構成となる、今までにない番組構成。メインキャラクター4人の声を担当する、田中美海、芹澤優、若井友希、本泉莉奈がアニメから飛び出して、本作の舞台となる岐阜県多治見市をおしゃれに紹介・体験する実写パートは『やくならマグカップも-やくもの放課後-』になる。

メインビジュアルは、主人公の豊川姫乃が陶芸に挑戦し失敗しているところに、振り返って驚いている久々梨三華、姫乃の同級生でスマートフォンのカメラを向けている成瀬直子、困ったような表情を浮かべる青木十子が描かれ、4人のいつもの日常を切り取ったようなイラストに仕上がっている。

姫乃の「部活やってもいいかな?陶芸部」の一言から始まる本PVでは、姫乃、三華、直子、十子の4人からなる本作のオリジナルユニットMUG-MOが歌うオープニングテーマ「扉を開けたら」が初音源解禁。作品にピッタリなカントリーな曲調で、陶芸に対する想いと姫乃たちの成長がリンクしたような歌詞にも注目だ。また、同曲を収録したシングルが4月21日に発売されることも決定し、ジャケット写真と収録内容も公開されている。

TVアニメ&実写「やくならマグカップも」アニメ本PV

さらに、追加キャラクターとキャストが発表。姫乃の父・豊川刻四郎役を務める石川界人が今作で自身初のお父さん役を務めるほか、姫乃のおばあちゃん土岐川幸恵役を高校3年間多治見市に通ったというゆかりのある真山亜子が、姫乃の担任で陶芸部の顧問の先生・小泉真美役を小川真奈が演じる。3人からのコメントも到着しているので、あわせてチェックしてほしい。

【豊川刻四郎役/石川界人コメント】

地域密着で陶芸ものということで、どういったアニメになっていくのか楽しみです。

作品作りは映像になるとよりわかりやすく、見てくださった皆さんもきっとやりたくなると思いますのでぜひご覧ください!

【土岐川幸恵役/真山亜子コメント】

時、来たり!!やっと「やくも」お目見えです。私は主人公姫乃のおばあちゃん、土岐川幸恵役の真山亜子です。孫の姫ちゃんを見守ってます。私は高校3年間多治見に通ってました。思い出深い多治見!実写もあるので、「やくも」でたっぷりと多治見の魅力を堪能してください。方言も好きになってもらえたら嬉しいです。

【小泉真美役/小川真奈コメント】

このたび「小泉真美」役を演じさせていただくことになりました、小川真奈です。

姫乃たちの担任であり、陶芸部の顧問の先生です!

私自身、小泉先生と年齢が近かったり、名前もちょっと似ていたり、最初にお話を頂いたときにとても親近感を持ちました。

フレンドリーなキャラなので、先生らしさと、友達のように話しやすい雰囲気を上手く表現していけたらと思います。

たくさんの方にご覧いただけると嬉しいです!


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました