『waterweed』が、放送再開間近のアニメ「キングダム」のエンディングテーマ「Deep inside」に、珠玉の14曲を加えたシングル+ベスト盤のリリースを発表!

waterweed

日本におけるラウドの黎明期からパイオニアとしてシーンを牽引してきた「waterweed」。

昨年4月から始まった人気TVアニメ「キングダム」では、最新曲の「Deep inside」がエンディング・テーマに決定し、バンド名がトレンド入りするなど、大きな話題を呼んでいた矢先にコロナ禍を迎えた。

その歌詞には、制作当時、まだ、起こってもいなかった現在=未来の逆境に対して

「向かい風でも前向いたら 大概の痛みも忘れてるよ」
「散々、失ったけど 今度こそ笑えるように」

など、強い気持ちで立ち向かうためのメッセージが奇しくも込められている。

Twitterのみで公開中の新曲「Deep inside」のティザー映像:

彼ら自身、予定していたリリースや公演などは全て中止。バンドとしては辛い想いで過ごした1年だったが、決してネガティヴになることなく、SNSを通じて、これまでは見せるつもりすらなかったであろう弾き語りというスタイルでファンとの交流をより深めるなど前向きな姿勢を決して失わなかった。

さらに、生粋のライヴバンドでもあることから、この暗雲が立ち去った後に必ず行う『いつかのツアー』を見据え、全国22箇所のライヴハウスに対して、総額約250万円にも及ぶ「PAY FOR THE FUTURE NOW(先払い)」も敢行した。

そんな「waterweed」が満を辞してリリースする最新作は、上記の「Deep inside」シングルに、14曲に及ぶ珠玉のベストを加えたスペシャルなアルバム。音楽に全てを懸け、立ち向かい続けて来たからこそ、こんな時代に強く強く心を打ち響かせる最深のメロディック・ハードコアの歴史をコンパイルしたヒストリカルな作品に仕上がっている。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました