Loading...

SIRUP、圧巻の無観客有料生配信ライブ「channel 02」終了!

SIRUP

Photographer:Leo Youlagi

3月5日、SIRUPが無観客有料生配信ライブ「channel 02」をZepp Hanedaより開催し、PIA LIVE STREAM、LINE LIVE VIEWING、WOWOWオンデマンドにて配信した(アーカイブ放送は3月13日23:59まで)。

SIRUPが主催する企画ライブ「channel」は、「チャンネルが合う人たち(=仲間やリスナー)が集まる場」をテーマに、2019年12月に第一回目を開催。2020年は新型コロナウイルスの影響でツアーも中止となったため、この日の「channel 02」がSIRUPにとってはライブハウスにてフルバンド編成でのライブが約1年ぶりとなった。

そんな待望のステージにてSIRUPは、3月17日にリリースするニューアルバム『cure』に収録される新曲含む全20曲を披露。SIRUPのミュージックビデオやジャケットなどアートワーク全般を手掛けるmaxillaが本公演の演出も担当し、無観客生配信ライブならではの映像演出で魅せた。

starRo(POPS研究会)がライブを行い、フロア(視聴者)を温めたあと、リアルタイムで次々と書き込まれていくコメント欄の期待感が最高潮に達する中、いざSIRUPが登場したのは、ステージ上ではなくフロアに置かれたテーブルに腰掛けて「Why Can’t」を歌うシーン。通常お客さんが入るフロアがこの日は空っぽであったため、フロア全体をステージにして、ソファや映像を投影できる白い壁、様々な種類の照明などいくつもの装置やセットをあちこちに仕掛け、ワンカットの中で「Need You Bad」、「Light」、「Ready For You」、ダンスエンターテイメントグループ・GANMIとコラボレーションした「MAIGO feat.Joe Heartz」など計6曲を続けて披露した。SIRUPの歌唱力、カメラ目線の表情、映像美、次はどんな演出が行われるのかわからないサプライズ感などが相まって、視聴者の高揚感は上がり続ける一方。無観客ライブであることを逆手に取って、アーティスティックな映像表現を作り上げることに成功していた。さらに言えば、社会問題や自分と他者との向き合い方について学び続けて、その学びをファンへシェアすることを大切しているSIRUPがカメラ目線で歌を歌うことには、ただ「1対1で歌を届けている感覚を演出する」といったこと以上の大きな意義や説得力が帯びていた。

「Your Love」を歌いながら6人編成のバンドメンバーがいるステージに上がってからは、「Synapse」「LOOP」、Funkyなアレンジに仕上げた「Do Well」など、SIRUPの人気定番曲を惜しみなく届けていく。そして後半は、「ここからは、2020年のコロナ禍で作った曲」と言葉を添えた上で、starRo(POPS研究会)とShin Sakiura(Gt)とともに作った「HOPELESS ROMANTIC」、UK在住のプロデューサーで元々SIRUPの大ファンだったというROMderfulとオンラインでの作業だけで作り上げた「Online」、この日RUN HYANGも登場して演奏したコラボ曲「Low Key」で視聴者の心を揺さぶる。さらには、PEARL CENTERとSoulflexのZIN、Ma-Nuを招いて、昨年6月にリリースしたPEARL CENTER×Soulflex「Mixed Emotions」をライブ初披露。総勢13人が向き合って音楽を鳴らしつつ<now we can make it better>と歌い上げる場面は、コロナ禍の1年で忘れてしまいそうになった、人と人がコミュニケーションすることの幸福感と、人と人が想いを重ねれば物事はよくしていけるという希望を放っていた。

終盤はまず、アルバム『cure』に収録される、韓国在住のプロデューサー・Slomと作り上げた「Trigger」を初公開。そして、2020年の複雑な時代を生きて「違いを認め合ってこそひとつになれる」ということを改めて認識したSIRUPがYaffleとともに生み出した究極の人間愛ソング「Thinkin about us」を歌い上げて、画面の向こうにいる人たちへ「cure」=癒しを与えた。

SIRUPというプロジェクトが始まって約3年。SIRUPは今、ヤバイ領域に到達しつつある。音楽を作って表現する者にとっての理想郷に足を踏み入れつつあるように見えるのだ。音楽とは本来、「言葉」を届けるための装置などではなく、「音」をどう構築して人の感情や欲求を動かしたり叶えたりするかという文化であり人間の行為であるが、SIRUPは今、「言葉」の音感を楽器の音やビートに馴染ませて音楽を作り上げることを高次元で実践している。しかもその中に、社会やメンタルヘルスに対する自身の思想を偽ることも隠すこともなく滲ませていて、自身と周囲の感情や欲求を作用することにも成功しているのだ。そんなSIRUPの状態を確認できるのが、3月17日にいよいよ発売される約2年ぶりのアルバム『cure』である。

TEXT:矢島由佳子

SIRUP

Photographer:Leo Youlagi

SIRUP

Photographer:Leo Youlagi

SIRUP

Photographer:Leo Youlagi

SIRUP

Photographer:Leo Youlagi

▽セットリスト

SIRUP channel 02 2021/03/05 @Zepp Haneda Tokyo

intro

1.Why Can't

2.Need You Bad

3.Light

4.MAIGO feat.Joe Heartz with GANMI

5.Ready For You

6.Your Love

7.PRAYER

8.Pool

9.Synapse

10.バンドエイド

11.No Stress

12.LOOP

13.SWIM

14.Do Well

15.HOPELESS ROMANTIC

16.Online feat. ROMderful

17.Low Key with RUNG HYANG

18.Mixed Emotions with Soulflex / PEARL CENTER

19.Trigger

20.Thinkin about us

◆無観客配信ライブ「channel 02」

〜アーカイブ視聴情報〜

2021年3月5日(金) に開催された

SIRUP 「channel 02」が、

3月13日(土)までアーカイブ視聴可能!

●視聴チケット:¥2,300 (税抜) *各プレイガイドのシステム使用料等の費用が別途かかる場合がございます。

詳細情報:

ページが見つかりませんでした – SIRUP

リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました