「やくならマグカップも」アニメパートOPテーマをMUG-MO、実写パート主題歌をまねきケチャが担当!

© プラネット・日本アニメーション/やくならマグカップも製作委員会

© プラネット・日本アニメーション/やくならマグカップも製作委員会

2021年4月より、CBCテレビ、BS11、TOKYO MX、MBS にてTV放送開始する『やくならマグカップも』のアニメパートOPテーマ及び実写パート主題歌情報が発表された。

『やくならマグカップも』は、岐阜県南部に位置する多治見市を舞台に伝統工芸品「美濃焼」をテーマに4人の女子高校生が陶芸の魅力にのめりこんでいく青春ストーリー。2010年に多治見市の有志や企業が集まり“街を元気にしよう”というプロジェクトの一環から始まり、その中で地元IT企業の株式会社プラネットが2012年より発行するフリーコミック「やくならマグカップも」が原作となる。現在33巻まで刊行され、番外編である4コマ漫画「直子の小鉢」とともに地元の方々に支えられながら連載を継続している。

本作『やくならマグカップも』は、30分番組のうち前半15分は通常アニメパート、後半15分が実写パートの2部構成となる、今までにない番組構成。メインキャラクター4人の声を担当する、田中美海、芹澤優、若井友希、本泉莉奈がアニメから飛び出して、本作の舞台となる岐阜県多治見市をおしゃれに紹介・体験する実写パートは『やくならマグカップも-やくもの放課後-』になる。2021年4月に、CBCテレビ、BS11、TOKYO MX、MBS にてTV放送を開始する。

© プラネット・日本アニメーション/やくならマグカップも製作委員会

アニメパートのオープニングテーマは、本作のメインキャラクター豊川姫乃(CV:田中美海)、久々梨三華(CV:芹澤優)、成瀬直子(CV: 若井友希)、青木十子(CV:本泉莉奈)の4人がMUG-MOとしてオリジナルユニットを結成し「扉を開けたら」に決定。ユニット結成を記念して、描きおろしジャケットイラストが公開されている。また、実写パート『やくならマグカップも-やくもの放課後-』の主題歌は、2015年にデビューした5人組アイドルグループ、まねきケチャが4月21日にリリースする新曲『まわる世界に』。

まねきケチャ

MUG-MOを代表して豊川姫乃役・田中美海、まねきケチャのセンターを務める松下玲緒菜から、主題歌を担当することになった喜びと楽曲への想いのつまったコメントが到着している。

【豊川姫乃(CV:田中美海)コメント】

①曲への想い

姫乃として歌うのは初めてだったのですが、カントリーな曲調に多治見らしさを感じてナチュラルに歌えたかなと思います!焼き物に対する思いや、仲間たちに支えられながら成長する姫乃が曲に表れています!それぞれのキャラクターの個性もバッチリです!

②ファンに向けて一言

豊川姫乃役の田中美海です!この度MUG-MOとして、姫乃としてたくさんの気持ちをこめながら歌いました。開けてみなくてはわからない、ドキドキ感ワクワク感。不安な気持ちも楽しみに変えて進んでいく姫乃たちにぴったりな楽曲です!是非たくさん聴いてくださいね!

MUG-MO

田中美海(豊川姫乃役)

【まねきケチャ(松下玲緒菜)コメント】

この曲は陶芸を通して、母のたどった道や景色を知り、同時に部活の仲間や家族、地域とのつながりの中で、何かを作り上げることは簡単じゃない、でもそれだから楽しいのかも…と正解がひとつではないことへの気づきを歌っている曲になります。

高音パートが多くてレッスンでも苦労しました。

私の歌パートの「思うように行かなくてそれだから楽しいだなんて私にも思える時がくると信じてもいいよね」という歌詞がすごくグッときます。

生きている中で思うようにいかないことは沢山あるけど思うようにいかないからこその苦労や頑張りも楽しいと思える時が私たちにも来る。だから頑張れるんだと私自身もこの曲にすごく励まされました。

皆さんも歌詞に着目してこの曲を是非聴いてほしいです。

まねきケチャ

松下玲緒菜


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました