実力派俳優 古川雄大がバレエダンサー役に挑戦中! 約5ヶ月の練習を積み重ねた模様を一部公開! さまざまな困難を乗り越えて新解釈「白鳥の湖」がいよいよ本番を迎える!

現在放送中のNHKプレミアムドラマ「カンパニー〜逆転のスワン〜」(BSプレミアム・BS4K/毎週日曜 午後10時)。

これまでにバレエ団存続の危機やプリンシパル負傷など、さまざまな困難を青柳(井ノ原快彦)と由衣(倉科カナ)の献身的な尽力で乗り越え、奇跡のチケット完売で公演初日を迎えた新解釈「白鳥の湖」。今日の最終回では公演は順調に進み満員の観衆を魅了していくが、中盤にさしかかると舞台上では予期せぬ危機が続発するという展開。

そんな中、朝ドラ「エール」でミュージックティーチャーとして強烈キャラで注目された古川雄大が、今作ではバレエダンサーを演じ、その演技の幅と、しなやかな舞いへの役作りがまたしても注目されている。最終回を迎えるにあたり、ドラマ視聴者からは「バレエが思っていたより上手くてびっくり!これからの展開に目が離せません」、「バレエに向かう姿勢、セリフもジーンときました」という反響がネットに寄せられている。

古川雄大

古川演じる水上那由多は、人気アイドルで本格的にバレエを習ってはいないが、人気や知名度が高いことを理由に新解釈「白鳥の湖」の王子役に抜擢されるという役どころ。

定期的に更新されているドラマスタッフブログでは、古川が5ヶ月以上も自主練習を積み重ねた努力の姿や、このドラマに並々ならぬ想いをかけて挑んでいることなどが明かされている。

実際に古川は、学生時代に3年間バレエを習っていたものの、当時通っていたダンススクールのプロクラスに入るために仕方なく習っていたが、本格的にバレエを習っていない点など、役と通じる部分がある。今回、ドラマ最終回に新解釈「白鳥の湖」の”王子役”を務めることになっていたため、一からレッスンを受け直したという。

古川雄大

バレエ本番シーンの撮影は昨年末に行われたが、古川はドラマの撮影が始まる5ヶ月以上前、夏から自主的に練習を開始。知り合いに依頼して個人レッスンを受けたり、ドラマのバレエ監修であるKバレエカンパニーの実際の稽古場に通ったりして、撮影の5ヶ月以上前から準備をしてきた。

そんな中、古川のインスタグラムでは自主練習の映像を公開。水上那由多を演じるため、ストイックに役に向き合っている古川の姿がわかる映像となっている。

今夜放送の「カンパニー〜逆転のスワン〜」最終回では、いよいよ新解釈「白鳥の湖」が公演を迎える。バレエ監修であるKバレエカンパニーの演出・再振付の「白鳥の湖」にドラマオリジナルの演出と振付を加えたもので、実際の公演で使われている衣裳に身を包み、豪華な舞台装置も同様のものを使用し、ドラマ演出に合わせてアレンジしているという、今までに見たことのないドラマを作り上げている。

真摯に役に向き合ってきた古川のバレエの練習成果にも注目だ。

古川雄大インスタグラムにアップされたコメントより

いよいよ「カンパニー〜逆転のスワン〜」最終話放送です!

今回、役で久々にバレエを踊りましたがかなり苦戦しました…

作品に入る前からバレエの感覚を取り戻そうと練習したのですが、そう簡単にはいかず、みなさんにご迷惑をかけたと思います。

台本の中に描かれているバレエのパフォーマンスを忠実に再現しようと努めていく姿が作品の中の那由多と重なって、この役がより深まればいいなと思い、バレエのレッスンに励みました。

Kバレエカンパニーのみなさま、スタッフの方々、そして宮尾さん、たくさん支えていただいたおかげでなんとか撮影を無事に終えることができました!

この作品に出会い、改めてバレエの魅力を感じました。

みなさまには、是非ご覧いただきたいです。

ドラマ「カンパニー」宮武プロデューサーからのコメント

水上那由多役の古川雄大さんは、那由多同様、かつてバレエ経験が少しあり、この役はまさに古川さんのためにあったような役です。

本格的に、Kバレエカンパニーさんのスタジオでバレエのリハーサルを始めたのは昨年の8月ごろからなのですが、古川さんはその前から個人練習を始めてくださり、このドラマに並並ならぬ想いをかけて挑んで下さいました。

そして最終回公演撮影に向けて、約5ヶ月間にわたり練習に練習を重ねてきました。

Kバレエカンパニーさんの世界基準クオリティの目のなかでは、最初は、王子の歩きすらも形になっていないという厳しいご指摘があり、さらに『白鳥の湖』で重要なオデットやオディールとのパ・ド・ドゥは本当に第5話の那由多と同じぐらい、女性を支えることがままならない状態でした。そんな様子をずっと見守りながら、ドキュメンタリーさながら、台本上で那由多が上達していく姿に落とし込んでいきましたので、那由多のバレエシーンは古川さんの挑戦とリアルにリンクし、真に迫るものになっていきました。

いつも寡黙に練習に臨んできた古川さんですが、練習のたびに、少しずつ上達していくのが見てとれ、12月の公演シーン撮影直前には、スタッフも驚きの声をあげるほど見違えるように上達していました。王子のソロの一部など、形にするのは難しいと言われてきたいくつかの踊りを撮影本番で見事に踊ってみせてくれたのです。これは、Kバレエさんでのリハーサルだけでなく、ご自身でも自主練を重ねて、陰で物凄い努力を重ねられた賜物だと思います。

プロフィール

古川雄大

1987年生まれ、33歳。長野県出身。身長182cm。
2007年に俳優としてデビューし、翌年には音楽活動もスタート。
ミュージカル『エリザベート』に出演以降、『ロミオ&ジュリエット』『マリー・アントワネット』、舞台『INSPIRE陰陽師』等数多くの舞台で主要な役を演じる。
近年は映像作品にも活躍の幅を広げ、NHK連続テレビ小説『エール』ではミュージックティーチャー・御手洗として大きな話題に。他にもドラマ『下町ロケット』『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』『極主夫道』映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』など、数々の話題作に出演。
4月からは帝国劇場にて主演ミュージカル『モーツァルト!』の再演が控えている。

公式SNS
古川雄大インスタグラム:https://www.instagram.com/yuta_furukawa_official/
古川雄大スタッフツイッター:https://twitter.com/furukawa_staff

タイトルとURLをコピーしました