櫻坂46が本格RPGゲーム『サマナーズウォー: Sky Arena』の公式アンバサダーに就任! 菅井友香は“ゲームの魅力をたくさんの方々にお伝えしたい”と宣言!

櫻坂46

2月25日、スマートフォン向け本格RPGゲーム『サマナーズウォー: Sky Arena』の7周年を記念して「サマナーズウォー×櫻坂46」7周年記念 公式アンバサダー任命式が開催された。

『サマナーズウォー: Sky Arena』は召喚士となり1000種類以上のモンスターの中から召喚したモンスターを育成するスマホゲーム。

この程、サマナーズウォーが7周年を記念し、アイドルグループ 櫻坂46を公式アンバサダーに任命。

任命式には櫻坂46を代表して小池美波さん、菅井友香さん、田村保乃さん、藤吉夏鈴さん、山﨑天さんの5人が登壇した。

公式アンバサダーの任命状が渡されたキャプテンの菅井友香さんは「私自身もサマナーズウォーのゲームが大好きなので、ゲームの魅力をたくさんの方々にお伝えできるようにメンバーみんなで頑張って行きたいと思います。」とコメント。

公式アンバサダーの任命を記念し、ウェブムービーも制作されており、この日は「サマナーズウォー Special Web Movie~山﨑天 篇~」が初公開された。

山﨑天さんは「イチから自分の努力次第でどこまででもレベルが上がったりとか、成長できたりするって言うのが自分たちとも重なるところが多いなと思いました。イチから育て上げることってすごく良いなと思いましたし、誰でも強くなれるところにすごく惹かれました。」とコメント。

他のメンバーも順次ウェブムービーが制作&公開される予定となっており、小池美波さんは「ドキュメンタリー風になっているんですけど、自分の過去のことだったりだとか、今の自分の思いを話していて、その中で自分はまだまだだなと感じることが多かったりしたので、もっともっと努力して頑張りたいなと感じました。」と話しました。

サマナーズウォーのゲームを実際にプレイした感想も聞かれ、小池美波さんは「自分の味方のモンスター4人と一緒に戦っているんですけど、敵のモンスターと相性があって、緑は相性が良くて、黄色が同じくらいで、赤は相性が良くなくて、赤色の矢印が出て来る時は自分の味方のモンスターの中でも、誰か1人が集中狙いされてしまうので、それをされない為に、自分の味方のモンスターで守ろうと、緑は相性が良いのでやりやすいんですけど、あえて黄色とか赤で戦うようにして味方を守ってます。」、菅井友香さんは「私もハマっちゃって夜更かししてやっちゃうんですけど、私は今推しキャラクターがいて、ハロウィンイベントの時にゲットしたジャック・オ・ランタンというカボチャのモンスターがいるんですけど、その子がすごく強くて敵を倒すときにスキルが有って、一気に全部の敵を攻撃できるスキルがすごく強くて頼りにしてます。モンスターを集めるのもすごく楽しくて、ユニコーンのモンスターがいるみたいなので頑張って召喚して自分の所に来てくれるのを待ってます。」、田村保乃さんは「初心者の方でもすごく分かりやすく、ここを押したら“こういう攻撃が有るよ”というのが細かく書いてくれてたので、それを見て楽しんでやりながらモンスターたちが小さくチョコチョコ動く動きが可愛くて癒されます。」、藤吉夏鈴さんは「キャラクターがとにかく可愛くて、小っちゃくてチョコチョコしててすごく可愛いなと思ったんですけど、敵キャラも結構可愛い子たちがたくさんいて、倒すのにも躊躇してしまうというか、そのくらい可愛いキャラクターたちにも注目して欲しいなと思います。」、山﨑天さんは「自分で育てたモンスターたちにどうしても愛着が沸いてしまって中々手放せないというか、本当に可愛いなと唯々思ってしまっている。母性が沸いてしまってるじゃないですけど、それぐらい自分で育てたモンスターたちなので、本当に愛があってすごくいいです。」とそれぞれゲームの魅力を熱弁していた。

タイトルとURLをコピーしました