ケツメイシ、16年の時を経て名曲「さくら」の令和版ミュージックビデオが公開!

ケツメイシ

今年メジャーデビュー20周年を迎えるRYO(MC)、RYOJI(Vo&MC)、大蔵(MC)、DJ KOHNO(DJ)からなるラップグループケツメイシが、2005年に発表した「さくら」の新ミュージックビデオ「さくら」 (2021年 ver.)を本日公開した。

オリジナル「さくら」のリリースが2005年2月16日ということで、16年の時を経て、新たな作品として生まれ変わったと言える。

「さくら (2021年 ver.)」ミュージックビデオ

本ミュージックビデオは3月31日(水)発売のベストアルバム『ケツノパラダイス』のために制作され、今回主演にはドラマやバラエティでも人気の久間田琳加と伊藤あさひが出演。さらに「おっさんずラブ」(テレビ朝日)などでも演出を担当したYuki Saitoが監督を務めた。

久間田琳加&伊藤あさひ

本作は、高校卒業後それぞれが夢に向かってひたむきに努力する姿を演じたストーリー仕立ての作品。ミク(久間田琳加)が地元の高校の同級生という親近感ある女子高生から、韓国に渡り、K-POPスターに成長する一方、リツ(伊藤あさひ)は 、怪我で挫折し夢を諦め、やがてパイロットを目指すことになる。そんな二人がそれぞれに抱く葛藤を描いた内容となっている。

<伊藤あさひ コメント>
僕自身、ケツメイシさんの「ケツノポリス4」のCDを父親が運転する車の中でずっと聴いていて、今でもこの曲が大好きです。そんな楽曲の世界の中でリツを演じられたこと、とても光栄でした。

<久間田琳加 コメント>
私が演じたミクは、韓国アイドルを目指す女の子です。私自身はダンス経験が0だったので不安でしたが、練習はとても楽しく、そしてハードで難しくて、実際にミクの気持ちに寄り添えた気がします。

<Yuki Saito監督 コメント>
大好きなアーティストの大好きな曲を新たな物語として紡ぐことができて、幸せです。
桜が舞い散るのを見ると、この曲と共に淡い思い出がフラッシュバックしてきます。あの時に抱いた無垢な気持ちを大切に、夢、青春、恋愛、故郷、家族、ライバル、空、桜と自分の好きなものをストレートに込めました。
伝説的なオリジナルMVをリスペクトしながら、新たな令和版「さくら」をどうぞお楽しみ下さい。みなさまの大切な思い出がヒュルリーラと心に咲くことを願っています。

さらに、今作ミュージックビデオと合わせて、「さくら (2021年 ver.)」のショートムービーも制作され近日公開予定とのこと。監督Yuki Saitoが楽曲「さくら」の世界観を広げ、ミュージックビデオをより深く楽しめる内容にもなっているので、こちらも合わせてチェックしてみよう。

商品情報を見る
タイトルとURLをコピーしました