ももいろマー君6イニング!みんなに届け応援歌!でっかいももクロとマー君が渋谷に登場!

ももいろクローバーZ

2月24日(水)に発売となる、ももいろクローバーZがメジャーリーグ・ニューヨーク・ヤンキース時代も含め計9年にわたり、東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手へ贈った歴代応援歌を収録したアルバム『田中将大』の発売を記念した巨大屋外看板が渋谷駅前に出現した。

本日より2月28日(日)までの2週間にわたり、アルバム『田中将大』の発売を記念して、渋谷駅前屋外看板の渋谷Jボード(JR渋谷駅ハチ公改札上部屋外看板)」にももクロと田中投手のビジュアルを使用した巨大看板が掲出される。
今回使用されたビジュアルは、田中将大投手が再び日本でプレーするプロ野球チーム・東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である楽天生命パーク宮城にて撮影されたジャケット写真を使用。
壮大なスケールのスタジアムマウンドに、田中将大投手とももいろクローバーZの4人が並んだシンプルかつインパクトのあるビジュアルとなっている。
イニング続報も随時更新される予定となっているのでぜひチェックして欲しい。

田中投手は2012年、2013年と東北楽天ゴールデンイーグルスに在籍していた時代から、ももいろクローバーZの楽曲を登場曲として起用しており、2014年のメジャーリーグ移籍以降は、田中投手の応援歌としてオリジナルに制作された新曲が起用されてきた。現在ではオリジナル曲が7曲、ももいろクローバーZ既存曲から起用されていたのが3曲となり、田中投手の登場曲として起用されたのは全10曲となる。2014年以降のオリジナル曲は、挑戦者を後押しするような、ストレートでメッセージ性の強い楽曲が多く、ももクロのファンのみならず、根強い人気を獲得している。楽曲制作には大物ミュージシャンたちも参加しており、2019年には4人組ボーカルグループ・GReeeeN、2018年、2020年はファンキー加藤が担当している。
さらに、今作の1曲目には、ももクロのライブでは毎度欠かせない出囃子「overture 〜ももいろクローバーZ参上!!〜」も収録される。昔から、ももクロファンにとっては根強い人気を誇るライブの代名詞的な楽曲で、こちらの楽曲も初収録となる。
世界で闘う田中投手にエールを送り、ライブで闘うももクロを支えてきた数々の楽曲を集めた今作は、2月24日(水)リリースとなる。

また先日、劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」の主題歌『月色Chainon』が発売された。さらに11月29日に開催された配信ライブ『PLAY!』のテーマソングでもある、ももいろクローバーZの最新曲「PLAY!」も配信されているので合わせてチェックをしよう。
今後のももいろクローバーZのリリース追加情報は、オフィシャルHPやオフィシャルTwitterで随時更新されていくので見逃さないようにしよう。

▼広告掲出場所
渋谷Jボード(JR渋谷駅ハチ公改札上部屋外看板)
期間:2/15(月)〜2/28(日)
※駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください。

商品情報を見る
タイトルとURLをコピーしました