「MajiでKoiする5秒前/とまどい」での瑞々しいデビューから23年。竹内まりや×広末涼子の奇跡のコラボレーションに反響続々! 「キミの笑顔」心温まるアニメーションMV 2月5日(ニコニコ)=笑顔の日に公開!

竹内まりやが書き下ろし、広末涼子が歌う楽曲「キミの笑顔」が、NHK「みんなのうた」1にて12月?1月に放送され、23年ぶりのコラボレーションと、その楽曲のよさに反響が集まり、有線リクエストランキングでも2位にランクイン(1月20日付)するなど話題になっている。

そんな中、コロナ禍で不安な日々を過ごす人びとに贈る、心温まるアニメーションMusic Videoが完成。

ニコニコ=笑顔の日でもある本日2月5日に公開された。

TwitterなどのSNSで注目される若手イラストレーター、中村一般(@nakamuraippan)の描き下ろしイラストで構成される本作は、心細い思いを抱える長期入院中の少女とその家族を描いた感動のストーリー。

マスクで人の表情がわかりづらくなってしまい、世界から少しずつ笑顔が失われている不安なこの1年。
お互いの笑顔をリアルに見ることができる喜びと、笑顔の持つチカラに改めて気付かせてくれる作品に仕上がっている。

昨年5月の一度目の緊急事態宣言の時期に書き下ろされた、竹内まりやによる歌詞 “Laughter is the best medicine”というメッセージがしっかりと、温かく伝わるMusic Videoとなった。

またこのMusic Videoは、様々な事件や災害によって、日付を見ただけで悲しい記憶が思い起こされてしまう日が増えてきた中で、
日付を見ただけで幸せな気持ちになれる日がもっと増えていくことを願って、笑顔の日=2/5に公開となった。

広末涼子は
「ドラマ仕立てのアニメーションに感情移入し涙してしまいました。大変な今だからこそ、笑顔を忘れず日々を過ごしてもらいたい、こんな時だけれど、笑顔がお薬になってくれることを願って、みなさんにこの歌をお届けしたいです。」
とコメントしている。

広末涼子「キミの笑顔」Music Video

■STAFF
イラスト:中村一般
ストーリー:土居ナンシー美由希
ディレクター:山口直哉(HAT)
プロデューサー:渡邉雄介(HAT)

「キミの笑顔」は、広末涼子が過去にインタビューで話していた内容に竹内まりやがインスピレーションを受け、コロナ下でNHK「みんなのうた」のために書き下ろされた楽曲。

※広末涼子2019年10月 Yahooインタビューより
・『たくさん笑っている人ほど人の苦しみや悲しみを知っている』っていう説を信じています
・私は人が笑っている場所が好きで、みんなを笑わせたくて生きているようなものなので。

誰かの笑顔で救われ、その笑顔がまた誰かを癒し、そうしてみんなが笑顔になっていくというあたたかな希望に溢れた歌詞。竹内まりやと広末涼子が並んで歌ったコーラスも楽曲にやさしい広がりを与えている。

歌の最後のフレーズ“Laughter is the best medicine”はまさにいま全世界の人に伝えるべきシンプルで大切なメッセージとなっている。

広末涼子は、今回のコラボレーションや新曲「キミの笑顔」について、

「まりやさんと、久しぶりにご一緒させていただくことが嬉しいです。私がいまこのタイミングでうたを歌うなら、昔、私のうたを聞いてくれていた世代と、それを知らない子ども達の世代、両方にアプローチできたらいいなと思っていました。今回、みんなのうたと、まりやさんと、私という、とても幅や広がりのあるコラボレーションのチャンスをいただけたことがすごく嬉しいです。

新曲「キミの笑顔」は、最初のワンフレーズから心を掴まれて涙が出そうで。まりやさんは、難しい言葉や言い回しを使わないのに、私たちが言葉では表現できない想いを歌で届けてくださいます。

最後の“Laughter is the best medicine”というフレーズにもあるように、人をあたたかい気持ちにさせてくれたり、救ってくれたり、みんなのお薬になるようなうたになっていると思います。たくさんの方に聴いていただいて、元気になってもらえたら嬉しいです。」
とコメント。

竹内まりやと広末涼子のコラボレーションは、1997年に、広末涼子のデビューシングル「MajiでKoiする5秒前/とまどい」はじめ4曲を竹内まりやが書き下ろし。
1999年に公開された映画『秘密』の主演を広末涼子、主題歌を竹内まりやが担当。
2019年には竹内まりやのアルバム『Turntable』時に制作された同名のショートムービーに広末涼子が主演して以来、23年の月日の中で今回が4回目となる。

◆「キミの笑顔」に寄せて 竹内まりやコメント

「みんなのうた」で広末涼子さんが歌う楽曲を私が書くことに決まった時、イメージの中に真っ先に出てきたのは、「たくさん笑っている人ほど痛みや苦しみを知っていると思うんです」という彼女自身の話した言葉でした。

こんな不安な時代だからこそ、世代を超えて誰もが励まされるような温かい楽曲にしたいと願って作りましたが、3児の母親となり40代を迎えた広末さんの優しく包み込むような歌声によって、それがみごとに実現できました。デビュー曲以来、23年ぶりに彼女と音楽でご一緒できたことを本当に嬉しく思っています。歌に込めた私達の想いがきっと皆さんの心に届きますように。

竹内まりや

商品情報を見る
タイトルとURLをコピーしました