NMB48 新プロジェクト「NAMBATTLE~戦わなNMBちゃうやろっ!~」が本格的にスタート!

NMB48

©NMB48

2021年、NMB48がさらなる活性化のために始動した新プロジェクト「NAMBATTLE〜戦わなNMBちゃうやろっ!〜」が本格的にスタートした。

1月29日に「NAMBATTLE公演~舞~」がスタート。先陣を切ったのは、リーダー・中野未来、鵜野みずき、上西怜、中川美音、安部若菜、中野未来、浅尾桃香、瓶野神音の7人による「FRONTIER」。

「overture」の後、Wセンターに7期生の浅尾と瓶野を抜擢した「だってだってだって」で始まり、フレッシュなパフォーマンスを展開。「冬将軍のリグレット」では鵜野がセンターを務め、長い手足を生かしてダイナミックに見せた。3曲目は最新シングル曲「恋なんかNo thank you!」。このグループのエース・上西がセンターに立ち、安定感のあるダンスでグループを牽引。

3曲を歌い終えたところで自己紹介をして、グループ名の名付け親の浅尾が「“FRONTIER”は未開拓地という意味で、この7人で未開拓地をひらいていって、これからのNMB48を引っ張っていく、そんな存在になりたいと思って名付けました」と説明。続けて、「FRONTIER」に対する思いを漢字1文字で発表。「勉」と表した中川は「中野未来さんに向けて。リーダーをやってくれてるんですけど、まぁ、話が通じないんです。まず漢字が読めないのをなんとかしてもらいたい。“匿名”を“ちょめい”ってずっと言ってるから『何を言ってるんかな?』って。みんな、お勉強会を開きたいぐらいです」とリーダーの中野にクレームを入れた。逆に、「謝」の文字を発表した浅尾は「未来さんに神音と個別レッスンをしてもらいました。出来なさすぎて、レッスン後とかお休みの時間にも教えてくれました」と感謝の気持ちを伝え、中野は嬉しそうな顔を見せた。

安部が「助け合いながらも、7人の中で競い合って成長していこうとしていますが、競い合うだけじゃなくて、その過程を大切にしていきたいと思います」と思いを語り、中川がセンターの「365日の紙飛行機」へ。難波鉄砲隊其之八のユニット曲「全力グローイングアップ」ではオリメンの安部がセンターを務め、生き生きとしたパフォーマンスを披露。続けて「まさかシンガポール」「床の間正座娘」を聴かせて残り1曲となったところで、上西が「こんなに0番(センターポジション)に立たせていただいたのは初めてです。自分はセンターに向いてないのかなって思ったこともあったんですけど、センターを目指しちゃいけない人なんていないし、センターっぽくない人なんていない。それを決めるのは自分自身なんだって思ったので、NAMBATTLEを通して、それを見せていきたいです」と決意を表明。上西がセンターで「難波愛」を歌い、本編を締めくくった。

アンコールはグループのメンバーが選んだ自由枠。1曲目に「虹の作り方」を爽やかに歌唱。続いて、アイドル力高めの「なめくじハート」を安部センターで聴かせ、「グループ名のFRONTIERは未開拓地。新たなNMB48を作っていくぞ!という気持ちで付けました。そんな気持ちを胸に最後の曲、聴いてください」と中野が曲紹介をし、全員が真剣な表情で「Pioneer」を熱唱した。

「劇場公演」もバトル種目ということで、第1クールの審査員を務めるMAYU氏(コレオグラファー)、AKIRA氏(NMB48チーフダンスインストラクター)、舞台監督スタッフがそれぞれ100点満点で採点する。金子劇場支配人が3人の採点と評価コメントを持ってステージに登場。MAYU氏は「始まった時は緊張で声とダンスが小さく感じましたが、1回目のMC後から緊張がほぐれて元気にパワフルになっていった」と77点を付けた。舞台監督スタッフは「昨日のリハは30点でしたが本番に向けて上げていきましたね」と63点。AKIRA氏は「一番練習期間が短い中、よくやったと思います。曲の変わり目のメリハリをつけることができればもっと良くなる」と58点。合計198点。トップバッターということで1クール目の基準となるわけだが、メンバーを近くで見ている審査員だけに、愛情を込めながらも平均66点というガチな採点となった。

1月31日(日)「NAMBATTLE公演~舞~ みっくすじゅーす」

1月31日は2組目「みっくすじゅーす」の劇場公演が行われた。メンバーはリーダー・白間美瑠(牛乳担当)、梅山恋和(いちご担当)、南羽諒(バナナ担当)、山崎亜美瑠(ぶどう担当)、小川結夏(青リンゴ担当)、新澤菜央(さくらんぼ担当)、折坂心春(もも担当)、黒田楓和(なし担当)の8人。1曲目の「だってだってだって」は梅山が研究生公演「Will be idol」のセンター・黒田とWセンターを組み、新鮮かつ安定感のあるスタートを切った。「冬将軍のリグレット」は小川と折坂のWセンターで優しい雰囲気を作り出し、「恋なんてNo thank you!」ではセンターの白間が、NMB48のエースとして格の違いを見せつけた。

自己紹介の後、「365日の紙飛行機」を「AKB48グループ歌唱力No. 1選手権」ファイナリスト常連の山崎がセンターを務め、高い歌唱力と豊かな表現力で聴かせ、難波鉄砲隊其之八の「全力グローイングアップ」はオリメンの新澤がセンターに立ち、「まさかシンガポール」「床の間正座娘」でさらに劇場内を熱くさせた。

最後の曲を前に、小川が「このNAMBATTLEは一人一人が注目されて、一人一人が成長できる場だと思うので、レベルアップしたいです。そして優勝してMV撮影がしたいです」と決意表明。梅山も「この中では美瑠さんの次に先輩ということで、もっともっと自分自身も成長していきたいですし、後輩に頼られる存在になればいいなと思います。美瑠さんのケツを叩くぐらいの勢いで頑張りたいなって(笑)」と、エースを自覚する頼もしい発言に、白間は「嬉しいです。成長してるね」と感慨深げ。そんなみんなの強い思いを集結し、「難波愛」で本編を締めくくった。

アンコールの楽曲はメンバー自身が選べる自由枠。1曲目は8人がネコ耳を付けて、梅山の「ニャー」という鳴き声でスタートする「妄想ガールフレンド」。2曲目も「彼女になれますか」を選び、“かわいい”路線の楽曲を並べた。ラストは、白間が「この公演を通して、みんなが自分の魅力だったり自分らしさを一つ、二つ、三つ、たくさん見つけられる機会になったらいいなと思います」と曲紹介をして、AKB48のアルバム『神曲』収録曲の「自分らしさ」を気持ちを込めて歌い上げた。

審査員が採点している間、山崎が「キャッチフレーズが“かわいいの食べ放題”なので、かわいさをファンの皆さんにお届けしたかったんです」と、アンコールの曲を選んだ理由を伝えた。黒田が「ネコ耳をつけた瞬間、自分がネコかと思って」と話し出すと、「こういう子何ですね」と意外な一面に梅山もビックリ。Twitterに「#毎日彼女」とハッシュタグをつけて動画をアップしている新澤は「彼女になれますか」について、「これは本業やと思って、気合い入れて頑張らなって。美瑠さんのお尻を蹴るぐらいの勢いで(笑)」と本編での梅山のMCに被せて語った。

金子劇場支配人が採点と評価コメントを持ってステージに登場。MAYU氏は「笑顔やパワーはとても良かったです。MCも安定して面白く、プロ意識の高さを感じました。ダンス、フォーメーションの完成度にもったいない部分がありました。次に向けてチームワークを高めて頑張ってください」と72点。舞台監督スタッフも「頭のブロックの勢い、笑顔が良かったです」と同じく72点を付けた。AKIRA氏は「ベテラン白間の意気込みが表に出せているが、他のメンバーももっと出していいと思う。個人個人のアピールはあるが、チームワークとしての表情、テンション感をもっと揃えて、もっとしっかり混ざり合うと良いと思います」と57点。合計201点で暫定1位に。

「劇場公演」第1クールは、2月2日にきゅんmart、2月3日にLeopAje、2月4日にW1N-C、2月5日にちょうぜつかわEと続く。

1月31日(日)「NAMBATTLE配信イベント#1 ~体~」

1月31日、バトル種目のひとつ「配信イベント」がスタートした。各グループの代表2名が5つのテーマ「運」「体」「知」「伝」「笑」に沿ったバトルで激突し、順位に応じて“ナンバッジ”が獲得できるという内容で、毎週日曜日、5週に渡ってNMB48の公式YouTubeチャンネルで生配信される。初回のテーマは「体」で、卒業が決まっている5期生の山本彩加とドラフト3期生の坂本夏海がMCを務めた。

「LeopAje(レオパージュ)」からはリーダーの貞野遥香と石田優美。「みっくすじゅーす」からはリーダーの白間美瑠と折坂心春。「W1N-C(ウインク)」からはリーダーの出口結菜と河野奈々帆。「きゅんmart」からはリーダーの塩月希依音と隅野和奏。「ちょうぜつかわE」からは清水里香と眞鍋杏樹。「FRONTIER」からは浅尾桃香と中川美音が出場。どのグループのメンバーも開始前から“気合い十分”といった感じが伝わってくる。

最初の競技は「二重跳びバトル」。なわとびの“二重跳び”の回数で順位が決定。「LeopAje」の石田は「苦手やねん」と不安そうにしていた通り、結果は1回。先輩の分も挽回しようと貞野は真剣な表情で挑み47回を記録し、合計回数48回となった。「みっくすじゅーす」は、折坂がダイナミックな跳び方で11回と奮闘するが、白間がまさかの0回。思わず白間自身も「えぇ?」と驚きが隠せない様子。これが一発勝負の怖いところ。続く「W1N-C」は、出口が58回、河野が51回と、二人とも50回超えで合計109回。「きゅんmart」は、隅野が力強い跳躍で25回。塩月は軽やかに跳んでいたが結果は10回。合計は35回。「ちょうぜつかわE」は、清水が「二重跳び出来ないんです」とあきらめムード。結果は予想通り0回だったが、眞鍋が112回の大記録を達成して一気に1位に踊り出た。「FRONTIER」は、中川が「もっちゃん(浅尾)の特技が二重跳びなので」と浅尾に期待を託し、11回跳んでバトンタッチ。浅尾は58回と健闘するが、合計69回にとどまった。1位は「ちょうぜつかわE」、以下「W1N-C」「FRONTIER」「LeopAje」「きゅんmart」「みっくすじゅーす」という結果となった。

2つ目は「卓球ペアラリーバトル」。卓球のラリー数をカウントする競技で、3回挑戦して一番多い数が採用される。卓球経験がないメンバーも多く、珍プレー続出。12回の「W1N-C」のほかは、「LeopAje」が3回で、残りの「みっくすじゅーす」「きゅんmart」「FRONTIER」は2回の“ドングリの背比べ”状態。

続いては「片足立ちバトル」。目隠しをした状態で片足立ちの時間を競う。「LeopAje」は貞野、「みっくすじゅーす」は折坂、「W1N-C」は出口、「きゅんmart」は塩月、「ちょうぜつかわE」は清水、「FRONTIER」は浅尾がグループを代表して挑戦し、清水、折坂、浅尾、貞野という順番で脱落し、最後は塩月が出口との一騎打ちを制した。

ラストは「ぶら下がり耐久バトル」。この競技も代表者1名ということで、「LeopAje」は石田、「みっくすじゅーす」は白間、「W1N-C」は河野、「きゅんmart」は隅野、「ちょうぜつかわE」は眞鍋、「FRONTIER」は中川が挑戦。中川が早めに手を離し、石田、眞鍋、河野が脱落。最後は隅野が僅差で白間に勝利。

4つの競技の結果、16ポイントの「W1N-C」が1位、14ポイントの「きゅんmart」が2位確定。10ポイントの「LeopAje」と「ちょうぜつかわE」が同率3位、8ポイントの「みっくすじゅーす」と「FRONTIER」が同率5位ということで、並んだグループは「ぶら下がり耐久バトル」で最終順位を決めることとなり、3位「LeopAje」、4位「ちょうぜつかわE」、5位「FRONTIER」、6位「みっくすじゅーす」が確定。「W1N-C」が幸先のいいスタートを切った。

次回、2月7日(日)のテーマは「笑」。どんなバトルが繰り広げられるのか、お楽しみに。

NAMBATTLE特設サイト⇒http://nmb48.com/nambattle/

©NMB48

タイトルとURLをコピーしました