フィロソフィーのダンス1年以上ぶりの生バンドライブ実施!奥津マリリのソロ曲「ネイビーブルー」配信開始&アナログ・レコードリリースも決定!

フィロソフィーのダンス

Photography:西槇太一

FUNK・SOUL・DISCOのグルーヴに、哲学のエッセンスを加えた歌詞、そしてコミカルで個性的なダンスを武器に数々の音楽ファンをうならせてきた四人組アイドル、フィロソフィーのダンスが、2月2日に配信ライブ「Dive/Connect」を行い、奥津マリリのソロ曲「ネイビーブルー」を2月3日より配信、さらにアナログ・レコードのリリースが決定したことを発表した。

本ライブは、SonyMusicが立ち上げた「Zeppでの密着撮り下ろしライブ」と「ファンコミュニケーション」の新しい有料配信コンテンツ。フィロソフィーのダンスとしては1年以上ぶりのバンドセットでのライブとなった今回の公演では、まさに水を得た魚のようなメンバーたちの活き活きとしたパフォーマンスが披露された。生配信で実施されたトークパートでは、以前から彼女たちのファンを公言している徳井健太(平成ノブシコブシ)がゲストとして登場。フィロソフィーのダンスのメンバーとともに彼女たちのライブを見るというシチュエーションに、熱い愛を語った。

今回リリースが発表された奥津マリリのソロ楽曲「ネイビー・ブルー」はコロナ禍の影響でリリースが延期になっていた一曲。作詞は森晶美と共作で本人も参加しており、楽曲とアレンジメントは野戸久嗣が手がけている。ファンから「脳トロ・ボイス」と称される彼女の声が堪能出来るメローでスイートな楽曲に仕上がった。さらに2月26日にはカップリングに昨年7月にリリースされたソロ曲「こころ盗んで」を収録したヴァイナル・レコードもリリースされることが決定している。

2月11日(木・祝)には昨年より延期になっていたBRADIOとの2マンライブが豊洲PITにて待望の開催となる。こちらも生バンドを背負ったライブになるということで、進化し続ける彼女たちを生で見る貴重なチャンスになりそうだ。また、配信ライブ「Dive/Connect」の見逃し配信も2021年2月9日12時まで配信中とのことなのでこちらも是非チェックしたい。

フィロソフィーのダンス

Photography:西槇太一

▼奥津マリリ コメント

奥津マリリ

奥津マリリ

実は制作をしていたのは7月の生誕祭のシーズンだったのでやっと聞いてもらえる!!!という嬉しい気持ちでいっぱいです!

久しぶりの作詞作業でしたが、バンド時代の仲間である森晶美と共にときめく歌詞が出来上がりました。

最強脳トロソングに仕上がっていると思うので、夜な夜なトロけてください!

■「Dive/Connect」セットリスト
2021年2月2日
SE. FUNKY BUT CHIC
M1. ダンス・ファウンダー
M2.イッツ・マイ・ターン
M3. ライブ・ライフ
M4.シスター
M5. なんで?
M6. バイタル・テンプテーション
M7. ニュー・アタラクシア
M8. スーパーヴィーニエンス
M9. ドント・ストップ・ザ・ダンス
M10. ベスト・フォー
M11. オプティミスティック・ラブ

▼バンドメンバー
・Key / Band Master : 松本ジュン
・Gt : 田口慎二
・Ba : 林あぐり
・Dr : 田中航

▼見逃し配信(~2021年2月9日12時まで)
・チケット料金:2,500円(税込)
オフィシャルHP(チケット販売)はこちら!
http://www.diveconnect.net/

商品情報を見る
タイトルとURLをコピーしました