佐藤可士和×EXILE HIRO 新プロジェクト「STOP FOR NOTHING」始動! アンバサダーにFANTASTICS from EXILE TRIBE起用! テーマ曲「STOP FOR NOTHING」のリリックビデオを佐藤可士和が監修

STOP FOR NOTHING

2月3日より、国立新美術館で開催されます「佐藤可士和展」にて、クリエイティブ・ディレクターの佐藤可士和氏とEXILE HIROによる新プロジェクト「STOP FOR NOTHING」が始動します。

「STOP FOR NOTHING」とは、未来の世代の無限の可能性を応援するプロジェクトで、 ダンス、音楽、アート、スポーツ、そして文化・学問領域など、ジャンルに関係なく、 世界にひとつの突き抜けた輝きを放つKIDSたちにエールを送り、夢を持つすべての子どもたちの「自分を信じつづける勇気」や「挑戦する想い」を応援していきます。

また、FANTASTICS from EXILE TRIBEをアンバサダーに起用、プロジェクトに参加します。会場ではFANTASTICSが歌うプロジェクトテーマ曲「STOP FOR NOTHING」を、佐藤可士和氏が監修し制作したリリックビデオが上映されます。過去には、「SMAP」や「Mr.Children」などのアルバムジャケットのグラフィックを手掛けていますが、映像作品のクリエイティブディレクションを行うのは今回が初となります。また、現在の株式会社LDH JAPANのロゴも佐藤可士和氏が手掛けたものとなっています。

さらに佐藤可士和監修で、LDH apparelによる「STOP FOR NOTHING」のアパレルやグッズも会場で販売されます。

佐藤可士和/EXILE HIRO共同オフィシャルコメント

佐藤可士和

佐藤可士和

EXILE HIRO

EXILE HIRO

『新しいセンス、爆発的で、誰とも違う個性。失敗するかもしれないけど、世界の常識をガラッと変えていまうかもしれない。そんな“突き抜けた才能”が、育ちにくい時代に感じます。未完成であるということは最大の武器、いくらでもチャレンジできる。未来は、「未完成」なものの中にしかありません。STOP FOR NOTHING ― 夢を持つすべての子供たちに、自分を信じつづける勇気を!』

FANTASTICS from EXILE TRIBE コメント

この度"STOP FOR NOTHING"プロジェクトアンバサダーとしてテーマ曲を歌わせていただく事になりました!

今回のテーマ曲「STOP FOR NOTHING」は、クリエイティブにおける衝撃や葛藤を表現した、歌詞を聴くと自然と心が弾む、エレクトロサウンドベースのエネルギッシュなサウンドにのせて表現した渾身の一曲です!

僕らの音楽、パフォーマンスを通してダンス、音楽、アート、スポーツなど、この先の未来を担う才能溢れた子供達に精一杯エールを送りたいと思います!そしてこのプロジェクトを通して子供達と共に沢山の夢を叶えていきたいと思います!!

「STOP FOR NOTHING」について

STOP FOR NOTHINGは、クリエイティブディレクター佐藤可士和とEXILE HIROが共感・共鳴したことで スタートした、未来の世代の無限の可能性を応援するプロジェクトです。 ダンス、音楽、アート、スポーツ、そして文化・学問領域など、 ジャンルに関係なく、世界にひとつの突き抜けた輝きを放つKIDSたちにエールを送ります。FANTASTICS from EXILE TRIBEもアンバサダーとして参加し、今までにない才能が自由に羽ばたいていく、その挑戦の背中を押すメッセージです。

プロジェクトテーマ曲 「STOP FOR NOTHING」

FANTASTICS from EXILE TRIBE (rhythm zone)

クリエイティブにおける衝動や葛藤を表現した歌詞を、力強いエレクトロサウンドをベースに、軽やかで遊び心溢れるファンクのテイストを兼ね備えたハイブリッドなトラックに載せたエネルギッシュな楽曲となっております。
※発売日未定
※新型コロナウイルス感染症拡大を受け、ミュージックビデオの制作を延期しておりますため、「佐藤可士和展」では当面、 リリックビデオのみ上映いたします。状況が改善されましたら、ミュージックビデオの制作を再開し、上映する予定です。

「佐藤可士和展」開催概要

会期:2021年2月3日(水)~5月10日(月)
休館日:毎週火曜日
※ただし、2月23日(火・祝)、5月4日(火・祝)は開館、2月24日(水)は休館
開館時間:10:00~18:00
※入場は閉館の30分前まで
※開館時間は変更になる場合がございます
会場:国立新美術館 企画展示室1E 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
展覧会サイト:https://kashiwasato2020.com/

佐藤可士和プロフィール

クリエイティブディレクター/アートディレクター
1965年東京生。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。株式会社博報堂を経て2000年独立。同年クリエイティブスタジオ「SAMURAI」設立。
ブランド戦略のトータルプロデューサーとして、コンセプトの構築からコミュニケーション計画の設計、ビジュアル開発、空間設計、デザインコンサルティングまで、強力なクリエイティビティによる一気通貫した仕事は、多方面より高い評価を得ている。グローバル社会に新しい視点を提示する、日本を代表するクリエーター。
主な仕事は、ユニクロや楽天グループのグローバルブランド戦略、セブン-イレブンジャパン、ヤンマー、三井物産、本田技研工業の軽自動車「N」シリーズのブランディングプロジェクト、国立新美術館のシンボルマークデザインとサイン計画、東京都交響楽団のシンボルマークデザイン、「カップヌードルミュージアム」(横浜・みなとみらい)、「FLUX CONDITIONINGS」(東京・代官山)のトータルプロデュース、「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」のVIと空間ディレクション、100万台を突破したNTT docomo「FOMA N702iD」のプロダクトデザイン、明治学院大学やふじようちえん(OECD(経済協力開発機構)<世界の学校施設最優秀賞>受賞)のリニューアルプロジェクトなど。
近年のUR都市機構との「団地の未来プロジェクト」では、プロジェクトディレクターとして、集住の新しいあり方の提示に精力的に取組んでいる。また、今治タオルのブランディング、JAPAN国際コンテンツフェスティバルのシンボルマークデザインとクリエイティブディレクション、有田焼創業400年事業『ARITA 400project』における作品「DISSIMILAR」シリーズの発表、八代目中村芝翫襲名披露公演のクリエイティブワークなど、日本の優れたコンテンツを海外に広く発信することにも力を注いでいる。
著書にベストセラーの『佐藤可士和の超整理術』(日本経済新聞社)はじめ、『佐藤可士和のクリエイティブシンキング』(日本経済新聞社)、『一冊まるごと佐藤可士和』(阪急コミュニケーションズ)、『佐藤可士和の打ち合わせ』(ダイヤモンド社)、『聞き上手話し上手』(集英社)、「今治タオル 奇跡の復活 -起死回生のブランド戦略-」 (朝日新聞出版)、『えじえじえじじえ』(谷川俊太郎氏と共著/クレヨンハウス)、ほか著書多数。
毎日デザイン賞、東京ADCグランプリ、亀倉雄策賞、朝日広告賞、日経広告賞、日本パッケージ大賞金賞ほか多数受賞。
多摩美術大学客員教授、 東京アートディレクターズクラブ理事、 2017年度文化庁・文化交流使。

FANTASTICS from EXILE TRIBE プロフィール

EXILE の世界・佐藤大樹がリーダーを務め、ダンスのみでオーディエンスを圧倒し、魅了することを目指した新たな
パフォーマー集団を結成することを決意。優秀なパフォーマーの原石が、数多く集まることでも知られるEXPG
STUDIO by LDHの中でも飛び抜けた精鋭が集結。
さらに、2017年5月から12月にかけて開催された「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 5 ~夢を持った若者達へ~」で約3万名の応募者の中から勝ち上がった『八木勇征』『中島颯太』という圧倒的な個性と歌声を持った2名のボーカリストが加入。ダンス&ボーカルグループとして2018年12月シングル「OVER DRIBE」でメジャーデビュー

タイトルとURLをコピーしました