注目のアーティスト“安斉かれん”。1月27日にリリースされる、自身初のバラード曲「キミとボクの歌(ピアノShort Ver.)」を使ったオリジナルショートムービーが自身SNSにて公開!

安斉かれん

先日、2月10日に自身初のバラード曲「キミとボクの歌」をリリースすることを発表した“安斉かれん”。リリースに先駆けて、1月27日には本人自身がピアノを演奏したショート・バージョンの先行配信も決まっている。

そんな中、先行配信される「キミとボクの歌 (ピアノShort Ver.)」の楽曲を使用したオリジナルショートムービーが、自身のSNSで本日公開された。

https://vt.tiktok.com/ZSweeLXX/

今作「キミとボクの歌 (ピアノShort Ver.)」は、希望を抱くからこそ不安が募り、夢を持つことで挫折を知る、

『 光 = 希望 』と『 闇 = 不安 』の両方を抱えながらも、目の前の日常から逃げず、明日へと向かうしかない、誰しもが心当たる普通の『ボク』と『キミ(家族・友達・恋人)』という、たった二人を登場人物にして描いたドキュメント。

本日公開された映像は、窓越しで歌う安斉の横顔をワンカットで撮影したもの。

俯きがちに見つめる窓越しの何気ない街並みや人々の日常。そこに見えるのものは、

自分が願う「希望」なのかそれとも「不安」なのか、はたまた「理想」なのか「現実」なのか。そんな目の前にある“ごく普通の日常”を見つめることで、あらためて『大切なものや、家族や友人といったかけがえのない存在(キミという存在)』を強く意識することができるのかもしれない。「ピアノ」と「声」というたった2つの音色のみで表現されたこの楽曲を、極シンプルに描写することで、この楽曲の世界へとすっと入り込むことできる、そんな映像になっている。

あなたはこの曲を聴いて誰を思い浮かべるだろうか。

そんな大切な人を思い浮かべながら、この作品を視聴して欲しい。

タイトルとURLをコピーしました