上白石萌音、初のライヴ映像作品リリース決定!

上白石萌音

昨年9月に実施された上白石萌音の初のオンラインライヴ「i note」が、『MONE KAMISHIRAISHI ONLINE LIVE 2020 「i note」』として3月31日にリリースされることが発表された。上白石にとって初のライヴ映像作品となる。このライヴ映像リリースは、昨年末にライヴ音源が収録された「note book」がリリースされると、「映像版も欲しい!」とリリースを求める声が各方面に一斉に届いたことが後押しになり、決定した。

このライヴ映像作品には、アルバム「note」に収録される曲を中心に、今年リリースすると宣言しているカバーアルバムへの期待が高まるカバー曲2曲を含むライヴ全編と、リハーサル風景を含むメイキング映像、また本人による副音声解説も収録される充実した内容となっている。

歌手・上白石萌音の持つ魅力は、素朴で温かみのある歌声が個性豊かな楽曲たちに寄り添って変化し、時にノスタルジックに、時にパワフルに彼女の声を通して自然とひとつに纏めていけるところにある。女優業での活躍が目覚ましいだけに、歌手としての活動に関しては知ってはいても触れてはいない人が多いかもしれない。このライヴは音楽が好きで好きで堪らない上白石が、楽曲の魅力を最大限に表現する才能を存分に発揮したものとなっているので、是非歌手・上白石萌音の魅力にこの映像を通して触れて欲しい!

上白石萌音 上白石萌音

<リリース情報>


MONE KAMISHIRAISHI ONLINE LIVE 2020 「i note」
2021年3月31日発売
Blu-ray ¥4,950(税込)UPXH-1073
DVD ¥3,850(税込)UPBH-1496

<収録内容>
●ライヴ映像
・白い泥
・土砂降り
・あくび
・スターチス
・Little Birds
・From The Seeds
・永遠はきらい
・ルージュの伝言
・異邦人
・ハッピーエンド
・ストーリーボード
・夜明けをくちずさめたら
・HAPPY
・一縷
●メイキング映像
●上白石萌音本人による副音声解説

<上白石萌音 プロフィール>

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。
11年に第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞を受賞し、デビュー。
14年、『舞妓はレディ』にて映画初主演を飾り、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞など数々受賞。
その他の主な出演作品として、映画『君の名は。』『溺れるナイフ』『ちはやふる』シリーズ『羊と鋼の森』『L♡DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』や、ドラマ『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』、舞台『ナイツ・テイル–騎士物語–』『組曲虐殺』などがある。
2020年は、TBS1月期火曜22時ドラマ『恋はつづくよどこまでも』で主演を務め、NHKみんなのうた4~5月放送「夜明けをくちずさめたら」の歌唱を担当。8月に初のオリジナルフルアルバム「note」をリリースし、12月にはそのデラックス盤「note book」も発売。
2021年にはTBS火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』ならびに、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』への主演出演も決定している。

【上白石萌音 OFFICIAL】
≪上白石萌音オフィシャルサイト≫ https://kamishiraishimone.com/
≪ユニバーサルミュージック 上白石萌音サイト≫https://www.universal-music.co.jp/kamishiraishi-mone/
≪上白石萌音Instagram 公式アカウント≫https://www.instagram.com/mone_kamishiraishi/?hl=ja
≪上白石萌音オフィシャルブログ≫ https://ameblo.jp/mone-kamishiraishi/
≪上白石萌音マネージャーTwitter≫ https://twitter.com/mone_tohoent
≪東宝芸能オフィシャルサイト≫ https://www.toho-ent.co.jp/actor/1055

タイトルとURLをコピーしました