SKE48 大場美奈が闇酒場の女マスターを熱演! “からあげ好き!”と語りかけ・・・

大場美奈

12月29日、日本唐揚協会YouTube チャンネルにてSKE48 大場美奈さんがヒロインとして出演しているショートムービー『KARAAGE WARS』がアゲられた。

このショートムービー『KARAAGE WARS』は、からあげが禁止された世界で、からあげを取り戻す人類の戦いをテーマにした日本唐揚協会初の作品。

からあげという日常にありふれた食べ物が世の中から消えることにより、人々の間に起こる動揺や葛藤を描き、最後には感動のフィナーレが巻き起こるドラマチックな展開にシアゲられている。

大場美奈さんは闇酒場の女マスター美衣(みい)を演じ、からあげが禁止された世界でからあげを愛する人々のために、闇からあげ酒場を運営する、芯の強い女マスターを熱演している。

今回の撮影では、キャスト・スタッフ全員に美味しいからあげを食べて、その魅力を味わいながら撮影に臨んでほしいという協会の想いから、「からあげの鳥しん」の店主など職人の皆さんに撮影現場での調理を依頼、総重量 80kg、末端価格(市場価格)30 万円以上の鶏肉を用意し、モモ、ムネ、手羽と 2,500個以上のからあげを揚げ続け、熱々のからあげを使って撮影。

動画の中で登場するからあげタワーは、直径 60cm、高さ 1m とインパクト抜群、なんと約 1,000 個のからあげで作られている。

大場美奈さんは「斬新かつ面白い企画で、現場にたくさんの唐揚があって、唐揚大好きな私にとっては、ずっといい匂いに囲まれて幸せでした(笑)ヒロイン役だったので“私は素敵な女性なんだ”と暗示をかけて挑みました。そのおかげでいつもより背筋がスッと伸びました。きっと作品を見たあとに唐揚が食べたくなると思うので、自分の好きな唐揚を思いっきり堪能して幸せな気持ちになってほしいです。」とコメント。

大場美奈

また、テーマソングは眉村ちあきさんのオリジナル楽曲となっており、元気にするようなハッピーな楽曲「KARAAGE WARS」を書きアゲている。

眉村ちあきさんは「からあげが大好きな私にとって、とても嬉しいお話でした。今回は差し入れていただいたからあげを食べながら作曲しました。そして食べ物の偉大さを感じながら作りました。命の重み。平和になったぜー!みたいな雰囲気の曲を目指して作りました。これ唐揚げパーティーするときに流したり、パーっとしたいときに気分を揚げるのにおすすめの曲です!私がずっと大切にしてきた、「アゲ超えて囲碁」という言葉を温めてきたのですが、ついに使いました。この言葉を唐揚げの曲に差し揚げます。」とコメントしている。

動画ストーリー

2020 年、人類は当たり前にあった幸せを失った。

私たちのからあげを取り戻すアツアツの戦いが、今はじまった。

2020 年、からあげ禁止法が施行された日本。

からあげは中毒性が高く、薬物と同類とされ、安全な日常と健やかな社会を目指すという名目のもと、1)からあげを油で揚げることも、2)誰かにあげることも、3)話題に挙げることも禁止された、「“3 あげ”禁止」のお触れが出された。

それでもからあげを愛する人々は、からあげ禁止法違反で挙げられていった。

日常の幸せを奪われ、暗雲たちこめる日本。

実家がからあげ屋を営んでいた主人公アゲヒコは、謎の男に導かれ、厳重な入口の店に潜入します。

そこはからあげ好きが集う、闇からあげ酒場。

店内にはからあげとハイボールを楽しむ人々、中央には巨大からあげタワー。

女店主である美衣と対面するアゲヒコ、彼女から「からあげ、好き?」と言われて差し出された、熱々のからあげを食べ、からあげについて熱く語りあう。

しかし、突然ドアが開かれ、からあげ取締部の部長、油無涼子と取り巻きの部下たちが大挙して押し寄せる。

油無の「動くな!からあげ禁止法違反で全員あげるぞ」という怒声の元、店内の人々に手錠をかけて、挙げていく取締官たち、絶対絶命のピンチの中、アゲヒコがとった行動は・・・ 続きは動画をお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました