倖田來未 Mini AL 2タイトルのリリースを記念して、「Guess Who Is Back(Lyric Video)」と倖田來未の20年間を作った名曲たちが集められたプレイリスト『made KK's 20years』を公開!

倖田來未

12月2日(水)に倖田來未 Mini AL『angeL [MY NAME IS...]』『monsteR [MY NAME IS...]』がリリースされたことを記念し、「Guess Who Is Back(Lyric Video)」と倖田來未の20年間を作った名曲たちが集められたプレイリスト『made KK's 20years』が公開。

「Guess Who Is Back」は、人気アニメ「ブラッククローバー」のオープニングテーマにも起用されおり、海外リスナーからも人気の楽曲となっている。今作は映像作品の制作されていなかったが、倖田ファンや海外リスナーからも制作を希望する声が多数あり、ライブパフォーマンス(KODA KUMI LIVE TOUR 2018 -DNA-)の映像と合わさった「Guess Who Is Back(Lyric Video)」として、今回配信される。

■Guess Who Is Back(Lyric Video)

今作は、12月2日(水)にリリースされたファンクラブ限定盤『angeL ×monsteR[MY NAME IS...]』にも収録されており、さらにボリューム満点の収録内容になっているので、まだチェック出来ていない方は、この機会にぜひご覧頂きたい。

■購入サイト一覧:https://avex.lnk.to/kkangelmonster

また、倖田來未が20年間のアーティスト活動を続ける中で、インスパイヤーされた名曲たちが集められたプレイリスト『made KK's 20years』も公開される。倖田來未がアーティストとして20年間を進んでいく中で、本人も聴いていた楽曲に触れ、プレイリストを楽しんでもらいたい。

また、今後も倖田來未のさまざまなプレイリストが配信される予定なので、ぜひ楽しみにして頂きたい。

■『made KK's 20years』プレイリスト

ストリーミングサイト一覧:Apple Music、Spotify、LINE MUSIC、AWA

配信リンク:https://KODAKUMI.lnk.to/20thPL-madeKK

そして、いよいよ12月5日(土)と12月6日(日)に倖田來未ライブツアーファイナルが代々木第一体育館にて開催される。コロナ禍以降では日本人初となるアリーナツアーを9月より開催しており、「少しでもエンタメの火を絶やさないよう」という気持ちを込めてスタートさせ、新型コロナウィルスの感染を拡大させないよう予防対策も徹底し、全ての会場で感染ゼロという結果となっているとのこと。まだまだ不安な日常を抱える2020年だが、倖田來未の楽曲や映像やライブ作品に触れ、前を向く希望を感じてみてはいかがだろうか。

商品情報を見る
タイトルとURLをコピーしました