サッポロビールイメージガール 蜂谷晏海、次世代美脚クイーン 早川みゆき、むっちりすと 霜月めあ、イラストレーター 竹内星菜、300万人の妹・Popteenモデル ゆな “インフルエンサー女子”たちが配信ドラマで夢の競演!「劇メシ」が初のドラマ化! 『誰がピザを食べたのか?』 12月28日(月) 20:00~配信スタート!

レストランを舞台に、食事を楽しみながら観劇する体験型エンターテインメント「劇メシ」が初めてドラマ化されることが決定した。昨年10月に福岡で「劇メシ」シリーズのひとつとして上演され好評を博した作品『誰がピザを食べたのか?』が今年12月28日(月)から有料配信される。

劇メシ

「劇メシ」配信ドラマ化は、「コロナ禍の中にあっても、より多くの方に作品を観てもらいたい」というプロデューサーである佐川秀人(エンテージ)の意向によりプロジェクトが始動。脚本もドラマ版に書き換え、キャストも新たに撮影が行われた。脚本は『捨ててよ、安達さん』(2020年テレビ東京で放送)や、『シックスティーン症候群』(2020年FODで配信)など、数々の話題作を手掛ける下田悠子。監督は、オーストリアの芸術祭「アルス・エレクトロニカ2020」コンピューターアニメーション部門で栄誉賞を受賞(※)した清水憲一郎(Pele)。清水は、MVやCMなど幅広い映像作品を制作してきたが、ドラマの監督を務めるのは今回が初となる。(※Rhizomatiksの真鍋大度氏とともに手掛けたスクエプッシャーのMV『Terminal Slam』で受賞)

ドラマ『誰がピザを食べたのか?』では、高校時代の同級生4人が再会し、それぞれの近況報告をしていると、頼んだピザが残り1枚になっていることに気づく。「ねぇ、誰がピザを2枚食べたの?」その一言をきっかけに始まる口げんか。グループ内でのマウンティングやお互いの不平不満から、高校の屋上から転落死したもう一人の同級生の話に波及していく。彼女の死は、本当に事故死だったのか…。会話の中から真相が明らかになっていくミステリーサスペンスとなっている。

仲良し4人組の中心的存在である前田あかりを演じるのは、サッポロビールイメージガールとして注目を集め、モデル・女優として活躍する蜂谷妟海(はちや・あみ)。蜂谷は「今年は新型コロナウィルスの影響でお芝居に触れる機会が少なかったので、今回のドラマに出演が決まってとても嬉しかったです」と喜ぶ。「稽古期間も短かったため、“失敗は許されない”と心に言い聞かせながら、感情や伝えたいことをしっかり自分に落とし込むことを意識しました」と集中して撮影に挑んだという。

冷静で賢い久遠真央を演じるのは、“次世代美脚クイーン”と言われる早川みゆき(はやかわ・みゆき)。「脚本を読んで、キャラクターから想像していた人物像の裏側が垣間見えたり、人間のリアルな部分がとても面白いと思いました。4人の女の子、それぞれが実際にいそうなキャラクターで、皆さんもその葛藤や心情にも、共感できる部分があるのではないでしょうか。話が進んでいくにつれ、どんどん闇が深まっていくストーリーを、それぞれのキャラクターに注目しながらご覧いただきたいです」と、脚本の魅力を語った。

楽観的なお嬢様タイプの丸山小春を演じるのは、“むっちりすと”の愛称で親しまれる霜月めあ(しもつき・めあ)。撮影について「高校時代からの仲良し4人組ということで、撮影以外にもコミュニケーションをたくさん取りました。意識せずとも一緒にごはんを食べたり、台本を読み合わせながらすぐに仲良くなったので、和気あいあいと撮影に挑むことができました」と振り返る。「女の子のけんかから、ミステリーな展開に引き込まれていく面白い脚本で、レストランで残ったピザをきっかけに繰り広げられる、めまぐるしい展開をお楽しみいただきたいです」と「劇メシ」ならではの魅力も語る。

派手な生活を送る読者モデルの滝沢エリカを演じるのは、イラストレーターの活動もしつつモデルとしても活躍する竹内星菜(たけうち・せいな)。竹内は、演技に挑戦するのは初という。「初めてオーディションを受け、緊張してうまく話せなくて、ダメだったかな…と思っていたところに出演が決まったと聞いて、すごくうれしかったです!」と喜びをあらわにし、「足を引っ張らないようにしなきゃ…と不安でもいっぱいでしたが、私なりにエリカの“憎めないおバカキャラ”を意識しながら演じました。4人の会話の掛け合いや、過去の話など、ドキドキするシーンもたくさんあってすごくおもしろいストーリーです!」とコメントした。

そして、物語のカギを握る高校で転落死した同級生、早川ナミを現役高校生のPopteen専属モデルで、動画クリエイターのゆなが演じる。ゆなは「ナミは、親思いでいい子だけれど、一人で抱え込みすぎてしまうなど“普通ではない”部分もある子。そんなところを魅力的に演じたいと思い、表情や動き、声のトーンなど気を付けながら演じました。隠し持っている秘密をどう上手に話すか、みんながみんな自分をよく見せようとする掛け合いを含めて、『誰がピザを食べたのか?』をぜひご覧になって確かめてください!」とアピールした。

同級生たちが、それぞれ心のうちに秘めた友人の死にまつわる真実を語り始めるミステリーサスペンスドラマ『誰がピザを食べたのか?』 は、12月28日(月)20:00から配信がスタートする!

あらすじ

久しぶりに集まった高校時代の同級生4人。

店自慢のおいしいピザを食べながら近況を報告していると、
ピザが残り1枚になっていることに気づく。

「ねぇ、誰がピザを2枚食べたの?」

その一言を皮切りに始まる口論。
お互いのマウンティング、不平不満、ののしり合いの末、高校時代に亡くなった5人目の同級生の話に。

学校の屋上から転落死した彼女は「事故」だと思われていたが…
自殺?他殺?その犯人は?

女子同士の人間模様が交差する、味わい深いミステリーサスペンスが幕を開ける!

作品概要

配信ドラマ 『誰がピザを食べたのか?』
配信開始日時  2020年12月28日 20:00からオンデマンド配信開始
視聴料金     1100円<Vimeoにてオンデマンド配信(3日間視聴可能)>
配信URL     https://vimeo.com/ondemand/whoespizza
出演        蜂谷妟海 早川みゆき 霜月めあ 竹内星菜 ゆな
井阪郁巳 中島亜梨沙 神谷由香 大西けんけん
脚本        下田悠子
監督        清水憲一郎(Pele)
プロデュース 佐川秀人(エンテージ)
公式Twitter
https://twitter.com/gekimeshi
■「演劇」×「レストラン」 新感覚エンターテインメント『劇メシ』とは?
劇場ではなく、「レストラン」で演劇を楽しむ体験型エンターテイメント。レストラン空間をそのままに、360度で展開される演劇を、食事をしながら観劇することができ、観客もその物語の世界に入り込んだような新感覚の観劇体験を届けている。
新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、今年6月の公演からリモートエンターテインメント「劇メシデリバリー」として配信をスタート。これまではレストランでの「演劇」を配信してきたが、今回の『誰がピザを食べたのか』は「ドラマ」として撮影・編集し、配信。「劇メシ」シリーズ初のドラマ化となる。

タイトルとURLをコピーしました