NMB48 吉田朱里の発案で実現した歌番組『MY PLAYLIST 7』が配信開始!

©NMB48

©NMB48

11月23日(月・祝)、吉田朱里のYouTubeチャンネルにて、NMB48の推し曲であるマイプレイリスト7曲を発表する歌番組『MY PLAYLIST 7』が特別配信されました。この番組は「もっともっと歌番組に出たい!」というNMB48の強い思いを吉田朱里の発案で形にしたもので、司会を吉本新喜劇・川畑泰史が、アシスタントを安田桃寧が務めました。なお、安田は「アナウンサー」という設定、メンバーとのフレッシュなやり取りでも魅せました。

出演は24thシングル『恋なんかNo thank you!』の選抜メンバーと、だんさぶる!、LAPIS ARCH、難波鉄砲隊其之九というNMB48の全ユニット。順にステージに招いて楽曲にまつわるエピソードを披露してもらい、それぞれオリジナル楽曲のパフォーマンスもありました。

「毎週オンエア」し、「高視聴率で10年目」という設定の『MY PLAYLIST 7』。「前週には海外から大物ゲストが来てくれた」と興奮気味に話す川畑ですが、渋谷凪咲の冷ややかなツッコミがすかさず入るなど、オープニングから笑いが続出。川畑は早速、その大物ゲストからのリクエストというだんさぶる!をステージに呼び込みました。

だんさぶる!を代表してマイプレイリスト7曲を発表したのはNMB48キャプテンの小嶋花梨。『僕らのユリイカ』は、MVの白間美瑠の表情が印象的だったと紹介。「すごく眩しそうな顔をされていて…」と話す小嶋に、白間がその時の心理状態を明かす場面もありました。また、「『僕らのユリイカ』を出す前までは、変わったタイトルの楽曲が多くて、初めてこの曲を聴いた時は‟NMB48にこの曲来るの!?“と驚きました。すごくさわやかだったので…」と吉田がリリース当時の心境も披露。『HA!』は「NMB48が持っている大阪の強い女のイメージが出ていて、一番イキって踊れる」と小嶋。そんなエピソードを頷きながら聞いている川畑ですが、小嶋が「……って私は埼玉出身ですけど」と話すと、「大阪ちゃうんかい!」と鋭くツッコむ一幕もあり、早々からメンバーとの息もピッタリでした。

NMB48・10周年企画のファン投票で選ばれた難波鉄砲隊其之九が登場。メンバーを代表してマイプレイリスト7曲を選んだのは山本望叶です。7曲それぞれ選んだ理由を問われると、望叶は一言コメントばかりで実にシンプル。やがて、後ろで聞いていた塩月希依音が「私は理由をたくさん書いたのに選ばれなかった…」と口を開いたことで、ステージ上は望叶の7曲が選ばれたことに納得いかないと紛糾!? 難波鉄砲隊其之九のメンバーたちの間で鳴り響く‟不協和音”を何とかまとめようとする川畑とのやり取りも必見です。

吉田朱里、渋谷、村瀬紗英のQueentetも登場。マイプレイリスト7曲を発表したのは、村瀬でした。初めてのソロ曲『イミフ』は「耳に残るメロディが印象的でした。無表情で強く歌ってほしいとリクエストがあった」とレコーディングエピソードも披露しました。そして「『儚い物語』はオリジナルメンバーじゃないけど、熱唱したくなります」と続けると、吉田も「あ~、わかる!」と共感。吉田にとって『儚い物語』は「一生やりたくないけど、好きな曲」に位置しており、「一生やりたくない」理由も明かしました。また、『太宰治を読んだか?』は、村瀬の個人的なプレイリストにも入っているという特別な1曲。「この曲を聴くと心が晴れやかな気持ちになる、一番好きな曲です」と話しました。

LAPIS ARCHは梅山恋和のマイプレイリスト7曲。『ワロタピーポー』から始まり7曲は「休日の1日というテーマで選びました」と梅山。「朝起きたら『ワロタピーポー』を流して…」と流れを説明するのですが、徐々に設定にほころびが生じて…。7曲目の『だってだってだって』で山本彩加とWセンターを務めた梅山。「同期のあーやんとWセンターになって、大切な曲になりました」と心境を語ります。彩加も「センターはアイドルとしての目標に掲げてきていたので、素直にうれしかった」と話すと、「後輩メンバーが育ってくれて嬉しいです」と吉田、次世代への期待感を示しました。『おNEWの上履き』は一番の推し曲だと梅山が説明すると、「曲中、恋和のジャンプがどんどん高くなって、最初は大の字だったのに、土になった」と小嶋がその跳躍を絶賛。川畑とLAPIS ARCHの4人で実際にジャンプに挑戦もしました。

最後は『恋なんかNo thank you!』の選抜メンバー。プレイリストを紹介したのは吉田です。『待ってました!新学期』は「私と美瑠は中学生で参加して、この時にしか出せないフレッシュさがありました」と吉田。『ジッパー』も大事にしたい1曲と紹介。『夢に色がない理由』は「この曲を聴いて号泣しました」と歌詞について詳細に語り、11月21日(土)より始まる吉田朱里プロデュースの7期研究生公演「Will be idol」の最後の曲にも選んだことを明かしました。『絶滅黒髪少女』はエピソードが満載。数々の伝説も飛び出し、メンバーたちも驚嘆の声を上げる一幕もありました。また、吉田の卒業についても触れ、「朱里さんが卒業することで危機感もあるけど、メンバーそれぞれ頑張るしかないので、不安はありません」と小嶋。白間も「あかりんが作ってくれた道は大きいです。私も最後の1期生として頑張りたい」と心境を語りました。最後に24thシングル『恋なんかNo thank you!』をパフォーマンスし、新曲をPRをしました。

また、『MY PLAYLIST 7』には、海外からの‟大物ミュージシャン“がリモートで出演。アメリカ・ロサンジェルスからのリモート中継で登場した女性二人組のユニットとは…!? 絶妙な間で繰り広げられる会場とのやり取りもぜひお楽しみください!

©NMB48

©NMB48

©NMB48
この記事の画像をもっと見る
タイトルとURLをコピーしました