次世代のグラビアクイーンは20歳の女性社長!?令和の新しいグラビアアイドル発掘オーディション「グラビアネクスト2020」最終審査でグランプリ決定!

令和時代の新しいグラビアアイドルの才能を発掘しようと、エイベックス・マネジメント、フィット、プラチナムプロダクションの芸能プロダクション3社共同による日本最大級のグラビアアイドルオーディション「グラビアネクスト2020」の最終審査が開催され、グランプリには、20歳で保育関係の会社を経営する冨樫真凜さんが輝いた。

今回のオーディションは、1000名を超えるエントリーから3か月以上にわたり開催。書類や面接審査に加え、ライブ配信&動画アプリ・ミクチャでの配信審査等をくぐり抜け、10名が最終審査にたどり着いた。

グランプリに輝いた冨樫真凜は、育児関連の会社を経営する女社長。富樫はグランプリに加えミクチャ賞もダブル受賞し、賞金100万円を獲得。
「グラビア✕育児で頑張りたい。今回の優勝賞金で応援してくれたファンとオフ会したいですね」と受賞を喜んだ。

準グランプリには、ボリビアと日本のハーフのモラレスしれな、審査員特別賞には、新海まき、新田空、橋本杏奈の3名がそれぞれ輝き、芸能事務所への所属契約権を獲得。グラビアアイドルとしてのデビューを目指す。

表彰式には、各賞受賞者となった5名のほか、ゲストプレゼンターとして出口亜梨沙、藤木由貴、豊田ルナが出席した。

グラドルネクスト公式HP
https://gravure-next.com/

 
グラビア ニュース
おススメ記事をピックアップ
 
 
おススメ記事をピックアップ
 
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました