元宝塚歌劇団、男役トップスターが、「母親役」へ初挑戦。大空祐飛、大野いとが二人芝居を熱演!

宝塚歌劇団で男役トップスターを務め、絶大な人気を博し、2012年7月に惜しまれつつも退団した大空祐飛。

男役トップスターだった彼女が、初めて母親役を演じる舞台に注目が集まっている。

6月8日(水)から、赤坂・草月ホールで上演されている舞台『冷蔵庫のうえの人生』だ。

原作は英国発の小説で、シングルマザーで産婦人科医でもある母と、15歳の娘との二人芝居。

娘役は、人気急上昇中の大野いとが務める。

多忙な母と思春期の娘。

いつも会話は“冷蔵庫の上のメモ”だった。

机と椅子、冷蔵庫、のメモ、そして赤のグランドピアノ。

簡素なセットとは対照的に、母娘の人生と豊かな感情が、目に見えるかのように交錯してゆく一作品に仕上がっている。

移りゆく季節の中、母娘の何気ない日々の会話が一言一句、丁寧に読み上げられる。

そして、ある日、母の発病をきっかけに、2人の生活に徐々に変化が現れてゆく。

“音楽朗読劇”と謳われている、この舞台。

実際はその域を超えているといっても過言ではない。

朗読に込められた感情はもちろん、細やかな芝居、生演奏のピアノの旋律、そして歌唱。緩急がついた展開であっという間に90分が過ぎてゆく。

特に、ホールに響き渡る大空祐飛の伸びやかな歌声は、宝塚時代の男らしく響く歌声とはまた違い、優しく甘美で心にしっとりと染み入るようだ。

言葉と音楽が交わり、織りなす世界観が、普段忘れかけているピュアな感情を心の底から呼び起こすような、そんな舞台に感じられることだろう。

更に、ピアノの生演奏はWキャストとなっている。

レ・フレール、林正樹が生演奏で、情緒あふれる舞台に音の華を添える。

舞台『冷蔵庫のうえの人生』より 舞台『冷蔵庫のうえの人生』より 舞台『冷蔵庫のうえの人生』より 舞台『冷蔵庫のうえの人生』より 舞台『冷蔵庫のうえの人生』より 舞台『冷蔵庫のうえの人生』より 舞台『冷蔵庫のうえの人生』より

■「冷蔵庫のうえの人生」オフィシャルHP
http://www.life-on-refrigerator.com/

情報提供:avex

タイトルとURLをコピーしました