本田望結 初主演映画「ポプラの秋」のDVDがリリース! 中村玉緒との再共演を夢みる

スポンサーリンク

6月5日、女優でフィギュアスケーターでもある本田望結さんの初主演映画「ポプラの秋」のDVDリリースイベントがHMV&BOOKS TOKYOで行われた。

本作は大好きな父を突然亡くした千秋(本田望結)とその母(大塚寧々)が引っ越してきたポプラ荘で、亡くなった人に手紙を届ける事が出来るという不思議な能力を持つ大家のおばあさん(中村玉緒)と出会った事から始まる心の触れ合いを描いた感動作。

主演映画がDVD化された事について「撮影が本当に楽しくて、キャストの皆さんともすごく仲良くさせて頂いて、こうやって初主演ということで大切な気持ちがたくさんあったので、その気持ちがみなさんに
届いたらいいなと思っていて、今回DVDを発売するという事ですごく嬉しいです。」とニッコリ。

撮影時に印象に残ったエピソードとして「たくさんあるんですけど、大切なお友達に会えなくなるシーンがあるんですけど、その時に泣きながらお団子を食べるシーンがあるんですけど、お団子がすごく美味しくて、バクバク食べてました。」と撮影時の思い出を語っていた。

また、中村玉緒さんと共演した時の事について「中村玉緒さんには沢山教えてもらった事があったんですが、その中で一番心に残ったのが“女優さんというのは本田望結ちゃんじゃ無くなる時だよ”、今回は千秋ちゃんになる事だよ、それに女優さんというのは嫌いな人をイジメるような役をやったら本当にこの人怖いなと思われたり、面白い役をやったらこの人本当に面白いなと思われるのが女優さんだから、好かれようとかそういうのは考えなくていいよという事をたくさんお話しを頂きました。」と、中村玉緒さんに様々な事を教えてもらったとの事。

中村玉緒さんの演技を見て「中村玉緒さんは心から演技をされる方。心からこのおばあちゃんを演じられる中村玉緒さんを見て、心から演技する事が本当に大切なんだなという風に感じました。このポプラの秋で中村玉緒さんと共演出来なかったら今の私ではないというぐらい、中村玉緒さんにお会い出来て本当に良かったです。」とコメント。

本田望結さんは「(女優の仕事が)この作品で大好きになったし、中村玉緒さんのような女優さんになれるように、これからも頑張りたいと思います。」と語っていた。

ちなみに成長して、何年か経過して、再び中村玉緒さんと共演出来る機会があるとしたらどんな役で共演してみたいか質問すると本田望結さんは「また何年か後に、この“ポプラの秋”を沢山のキャストの方と出来たらいいなと思います。」とコメント。

本田望結さんにとって思い出のある「ポプラの秋」。将来、続編やスピンオフ、舞台での共演といったパターンでの再共演を夢みてるようだ。

本田望結さんの初主演映画「ポプラの秋」(発売元: 『ポプラの秋』製作委員会 販売元:ハピネット)は好評発売中!

©2015『ポプラの秋』製作委員会

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
日刊エンタメクリップの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク