アップアップガールズ(仮) 新井愛瞳 5人最後の単独ライブは“現体制アプガの晴れ舞台にしたい”

アップアップガールズ(仮)

アップアップガールズ(仮)が、10月25日(日)に東京・Zher the ZOO YOYOGIでライブイベント『アップアップガールズ(仮)meets DJ KURO-OBI 6thアルバム(仮)リリースライブ』を開催した。

先日、古川小夏、森咲樹、佐保明梨、新井愛瞳の卒業を発表したアプガ(仮)。本公演は、11月10日に発売される5人体制最後のアルバム『6thアルバム(仮)』のリリースを記念した公演となる。メンバーの佐保明梨がDJ KURO-OBIとなってDJプレイし、メンバー5人でのパフォーマンス中も佐保がDJブースからトラックを流すというスペシャルなライブが繰り広げられた。

本公演は新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮した形で行われ、会場のファンは拍手でメンバーを応援した。

ライブ前にはメンバーがステージに並び、4人のメンバーの卒業発表について改めてファンの前でコメントした。今後も新体制アプガを牽引していく関根は「先日、古川小夏、森咲樹、佐保明梨、新井愛瞳の卒業発表がありました。この決断は、新体制に向けてとても大きな決断です。私たちメンバーの歩む道が、未来のアップアップガールズ(仮)へ大きな架け橋になれるように、また今日ここから、ひとりひとりが前を向き、一歩一歩力強く前に進んでいけるようにがんばっていきます。これからもよろしくお願いします」としっかりとした口調で語り観客から拍手が湧き起こった。そして、古川が「やっぱりアプガとアプガファミリーの間には、ハッピーな思い出だけを残しましょう! 今日も1日楽しんでいきましょう!」と元気に声を上げ、ファンもその気持ちに呼応するように大きな拍手で応えた。

DJ KURO-OBIこと佐保明梨がブースに立つと、「アッパーカット!」「Going my ↑」などのアプガ楽曲をショートレンジでつないでいくDJタイムが始まった。「ファーストアルバム(仮)」からアルバムを順に追う形で、曲をかけながらホーンやメンバーのセリフをサンプラーで鳴らし、トラックにフィルターやディレイなどのエフェクトを細く施すDJプレイで観客を盛り上げていく。その流れのままステージにメンバー5人が揃うと、「I LIVE YOU」でアプガ(仮)のライブがスタート。彼女たちは、ライブへの熱い気持ちを歌に乗せて観客のテンションを一気にアップさせた。

自己紹介を挟んで、パーティチューン「HAPPY NAKED‼」、歌メロとラップが交差する「未来=ダイアモンド」、ハードかつダンサブルな「BIG BANG」を立て続けに披露。そして、佐保が「リスペクトーキョー」「最高シャイガール」などをDJプレイすると、メンバーはダンスパフォーマンスでステージを彩る。メンバー5人スタイルに戻ると、クールなダンスチューン「Crazy Sparky」を歌唱して観客をヒートアップさせた。

佐保は、終始DJブースとパフォーマンスのエリアを行き来し、他のメンバーとともに歌もダンスもしっかりと魅せていく。斬新なライブスタイルは、かなり目を引くものがあった。さらに佐保は、この日のためにマッシュアップトラックを制作。メンバー5人で「It's Up To You/キミロス」を歌唱した。

別れとこれからの気持ちを歌うミッドチューン「Light it up」で現在のアプガの思いを伝えると、ここからはソロコーナーに突入。佐保がDJブースで「Abyssal Drop」を歌唱し、関根がブースの横で「キミイロスカイ」を歌う。古川が「ダーリンはロストチャイルド」を披露すると、関根も一緒にダンス。新井が「ショートカットに片想い」を歌うと、メンバーもわちゃわちゃ絡み出す。そして森の「メガモリッ!ma vie!!」では、森がDJブースに来た隙に佐保がセンターポジションに立ちノリノリで森の曲を歌唱するという想定外の展開が発生。臨機応変、ノリ優先のアプガらしさが全開の楽しい場面だった。

アプガは、メンバー5人の自己紹介ソング「5 to the 5th Power」、情熱のラテンチューン「ヒートビートアイランド」で会場の熱量をアップさせる。ライブ後半戦に入ると、キャッチーなダンスチューン「Da Dan Dance!!!!!」「晴レ☆HALation」「阿破乱舞」を続々と披露。「愛愛ファイヤー!!」「ソラハレルヤッ!!」「アッパーレー」でライブのテンションはますます上昇し、「アゲノミクス!!」では佐保がトラックのBPMをグングン上げるという暴挙に出た。曲が終わってのMCタイムで、4人のメンバーが佐保に「そりゃないよ〜」「BPM上げないで〜」「スパルタだ〜」と汗だくで訴えるほどのハードな試練。だが結果的に、どんなに曲が高速になろうと必死でパフォーマンスを貫徹するアプガの凄味が感じられるシーンが見られたわけだ。

ここで、新井から今後のアプガの予定が告げられた。11月10日に『6thアルバム(仮)』が発売され、12月17日にはZepp Tokyoでの5人最後の単独ライブが開催されるという。新井は「Zepp Tokyoの5人最後の単独ライブ、間違いなく現体制アプガの晴れ舞台にしたいと思っております。最後の最後にお祭り騒ぎをして、この5人での単独ライブを締めくくりたいと思います。ぜひみなさん遊びに来てください!」と、Zepp Tokyoでのライブの意気込みを語った。

そして、ライブの最後に歌われたのは「私達(with friend)」。何度でも立ち上がって戦い続ける思いを力いっぱい歌唱し、観客と心をひとつにしてこの日のライブを明るく締めくくった。

ニューアルバム『6thアルバム(仮)』に収録された全曲を披露し、なおかつDJ KURO-OBIのDJプレイが火を吹くという、まさにスペシャルなワンナイト。アプガの底知れぬ実力と魅力がたっぷり伝わるライブとなった。残りわずかとなった現体制アプガはもちろん、このクレイジーで最高なアプガ魂を継承する新体制アプガの展開にもぜひとも注目してほしい。

アップアップガールズ(仮)リリース情報

2020 年 11 月 10 日(火)発売
「6th アルバム(仮)」

TPRC-0267 ¥3,000+税

収録曲

1.I LIVE YOU(新曲)
作詞・作曲・編曲:PandaBoY

2.HAPPY NAKED!!
作詞:NOBE 作曲:michitomo(GOLDTAIL)
編曲:ENIXES/michitomo (GOLDTAIL)

3.晴レ☆HALation
作詞・作曲・編曲:HAL 東京 ミュージック学科

4.5 to the 5th Power
作詞・作曲:michitomo(GOLDTAIL) ラップ詞:マチーデフ
編曲:ENIXES(GOLDTAIL)

5.It’s Up To You
作詞:おぐらあすか 作・編曲:古峰拓真

6.キミロス
作詞:児玉雨子 Rap 詞:児玉雨子/Tomgirl
作曲:michitomo(GOLDTAIL)
編曲:michitomo(GOLDTAIL)/松井ジャーマン Jr.

7.未来=ダイヤモンド(新曲)
作詞:TSUGUMI 作曲:michitomo(GOLDTAIL)
編曲:ENIXES(GOLDTAIL)/KOJI oba

8.Crazy Sparky(新曲)
作詞:ヒワタリスツカ 作曲:Ryuichi Kawasaki

9.Da Dan Dance!
作詞・作曲・編曲:fu_mou

10.阿破乱舞
作詞・作曲・編曲:PandaBoY

11.ヒート ビート アイランド
作詞:児玉雨子 作曲:michitomo(GOLDTAIL) 編曲:金井奏馬

12.愛愛ファイヤー
作詞:NOBE 作曲:michitomo(GOLDTAIL) 編曲:KOJI oba

13.BIG BANG
作詞:ヒワタリスツカ 作・編曲:COMRIZED

14.Light it up(新曲)
作詞・作曲・編曲:fu_mou

15.アゲノミクス!!
作詞:NOBE 作曲:michitomo(GOLDTAIL)
編曲:KOJI oba/松井ジャーマン Jr.

16.ソラハレルヤッ!!(新曲)
作詞:NOBE 作曲:michitomo(GOLDTAIL)
編曲:佐々木侑太(GOLDTAIL)

17.私達(with friend)
作詞:上中丈弥 作曲:久保裕行 編曲:michitomo(GOLDTAIL)

メンバーコメント

◎5人体制最後のアルバムに向けて

☆古川小夏
アルバムをリリース出来ることを嬉しく思います。それと同時にアルバムに出来るほどまた沢山の曲が出来たんだなぁと振り返りながらも嬉しく思いました!5 人で走ってきた証を残せるような気がしてとても誇らしいです!とっても大切なアルバムになるので沢山の方に聴いていただけるよう頑張ります!

☆森咲樹
収録されている 1 曲 1 曲に、5 人で駆け抜けてきた思い出が沢山詰まっています。5 人の軌跡を、アルバムというカタチにして頂けることに、感謝の気持ちでいっぱいです。又、今年いっぱいで、アプガ(仮)と芸能界を卒業し、新たな夢へ向かって走り出す私にとって、17 年間のアイドル人生の集大成になる CD なので、とても大切な 1 枚です。感謝の気持ちを込めて、このアルバムを沢山の方に広めていきたいですし、愛して頂けるように、精一杯リリース活動していきます。

☆佐保明梨
6th アルバム(仮)リリースできること、本当に嬉しいです!ありがとうございます!ダンスを揃える為にたくさん練習した曲、初めて振り付けに挑戦した曲、家で一人で歌った曲など、一曲ごとに色々なことを思い出しとても濃い時間を過ごしてきたんだなと思っています!5 人で最後のアルバムです!たくさんの方に届いてほしいです!ぜひ聴いてください!

☆関根梓
皆さん!お待たせしました!!!お久しぶりのアルバムリリースー!!!!!!!!!!そして!5 人体制ラストのアルバムでございます!本当にお待たせしました!そして、今日ここまでアップアップガールズ(仮)を応援していただき本当にありがとうございます!皆さんの愛が途切れなかったからこそのアルバムリリース決定だと、関根は思っております!ありがとうございます!私にとって凄く大切な一枚なので、皆さんに愛されて愛されて大切にしてもらえることを願っております!そして、まだまだ続くアップアップガールズ(仮)の歴史を楽しみにしてて下さい!

☆新井愛瞳
5 人のアップアップガールズ(仮)の今の決意やそれぞれの思いが詰まってるアルバムになりました。これまでの私達の挑戦とこれからの私達の挑戦への意気込みが込められている一枚です。沢山の方に聴いてもらえたらなと思います。

◎収録楽曲について

☆古川小夏

〇ヒートビートアイランド
今までのアプガには無いまた違った魅力のある曲で歌うのがすごく楽しみだったのを覚えています。とっても雰囲気が好きで、振り付けもすんなり出てきて楽しかったし今でも気に入っています!

〇I LIVE YOU
自分の言葉のように、すんなりと歌えます。とっても真っ直ぐで素敵な歌詞でお気に入りです!聴いてくださる人の心にもスッと届いたら嬉しいです!背中を押せたり、気持ちが軽く出来たり、それぞれの応援歌になると思います!

☆森咲樹

〇愛愛ファイヤー!
曲や歌詞の世界観などをメンバーが沢山提案して、アプガのサウンド父 michitomo さんに作曲して頂いた曲なので、とても思い入れがあります。時が経って大人になった私たちを表現しつつ、時が経っても、ふざけることが大好きで元気いっぱいのアプガ(仮)には、ライブで外せない曲になりました。

〇Light It Up
現体制を終了し、新体制として歩み出すアプガ(仮)、そして 5 人それぞれにぴったりの 1 曲です。「変わっても 消えはしない また会える日まで」と歌詞にもあるように、今までの日々は消えないですし、アプガ(仮)としての経験を糧に、それぞれの人生のフィールドで精一杯生きていこうと、とても前向きになれる曲です。

☆佐保明梨

〇It's up to you
今までのアプガにはなかったような曲で、レコーディングはなかなか思うように歌えず何回も歌い直したぶん、思い入れが強いです!この曲で振り付けにも初挑戦しました!新しいアプガを見せたいと思い、考えました!こちらも苦戦しました!ライヴでこの曲を歌うと、いつもとは違う一体感を感じられているような気がしています。

〇Light it up
曲を聴いた時はライヴもなかなかできず、メンバーにもなかなか会えずという時期だったので、とても心にささり、すぐに好きな曲になりました!これから変化していく私たちの背中押してくれる、私たちを繋げてくれる曲だなと思います!先日の野音でこの曲が歌えてとても嬉しかったです!

☆関根梓

〇キミロス
今回のアルバムの中で特に関根自身を成長させてくれた曲が、"キミロス"です。サビで佐保と 2 人で歌い上げるのがこの曲の特徴なのですが、難しかったのが同じ歌詞で同じ音でサビを 1 番と 2 番で展開を広げていかなきゃいけない事でした。いつも以上に抑揚だったり、音の強さだったり、凄く色んな方面から変化を求められる曲でそれを研究するのに物凄い時間がかかりました。と、同時に自分の歌を試す楽しさも教えてくれた曲なので凄く関根の中では大切なかけがえのない一曲です!

〇Crazy Sparky
そしてもう一曲自分の中で大切な曲が、"Crazy Sparky"です!佐保とハモる事は段々と増えてきてこの曲では今までで一番長く佐保とハモっている気がします。そして、誤魔化しの効かないバックサウンドも静かな中お互いのカウントお互いの呼吸を感じながらお互いに歩み寄りながら音を繋げていく。その状況が物凄く緊張したし、今でも緊張します!そして、正直私はハモリは得意な方では無くて、自分の中では一つの挑戦でした。何度も音と向き合い、何度も往復練習して今では苦手だったハモリの壁もこの曲のおかげで突破出来たと思います!

☆新井愛瞳

〇晴レ☆HALation
HAL の生徒さんに作っていただいた楽曲です!沢山の候補曲の中からこの曲を選ばせていただきました!毎年、アプガの夏と謳っているほど夏フェス大好きな私たちが歌う、暑い夏にぴったりな一曲です。振り付けは小夏ちゃんが担当してくれて、サビでは皆さんで一緒にできる振り付けになってます。

〇Da Dan Dance
今のアップアップガールズ(仮)が歌う等身大の歌です。自分の中にあるポリシーだったり、何かを行うにあたっての目標だったり、自分の想像する明るいキラキラした未来へ生きていこうという曲になっています。今から何かを始めようとする人の背中を押せたら嬉しいです。

アップアップガールズ(仮)リリースイベント情報

○2020年11月7日(土)@都内某所
○2020年11月9日(月)@都内某所
○2020年11月10日(火)@都内某所
○2020年11月12日(木)@都内某所
○2020年11月13日(金)@都内某所

アップアップガールズ(仮)profile

◆アップアップガールズ(仮)とは?
メンバー全員ハロプロエッグ出身。2011 年 4 月から活動をスタートし、翌年 4 月に CD デビュー。2014 年中野サンプラザでの念願の単独ライブのチケットは即日完売となり、超満員のファンを大熱狂させる圧倒的なライブで大成功に終えた。鍛えられた体で、富士山の山頂や陸の孤島、自衛隊教練体験など、アイドルでは前人未到のライブを行い、いつ何時、どんな場所でも、熱いライブを繰り広げる LIVE アスリート集団。2016 年 4 月 発売のシングル「パーリーピーポーエイリアン / セブン☆ピース」がオリコン週間ランキング初登場 5位を獲得。同年 11 月 8 日にインデーズアイドル初の日本武道館公演を開催。2017 年 9 月 16 日に、グループ初のメンバーの卒業を経て5人体制へ。2018 年 2 月 3 日からど根性ガエルとのコラボツアー『アップアップガールズ(仮)原点回帰ツアー ド根性~原点にカエル~』を開催。12 月 27 日に 81 曲のオリジナル曲を全てフルコーラスで披露する全曲ライブの開催を見事完走。2019 年 5 月 1 日にはギネス記録へ挑戦!日々上へ上へと目指している。

・アップアップガールズ(仮)公式 HP http://www.upupgirlskakkokari.com/
・アップアップガールズ(仮)公式ブログ http://ameblo.jp/upfront-girls/
・アップアップガールズ(仮)ニュースブログ http://ameblo.jp/upfront-girls-news/

タイトルとURLをコピーしました